menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  4. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  5. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
閉じる

乳児期の子育て

発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?

赤ちゃん 発達障害

医療や教育の現場を中心に発達障害が注目されるようになり、最近ではニュースなどでも取り上げられるようになってきました。

その結果、発達障害を抱える人の多くは、赤ちゃんの頃から発達障害の兆候が見られていたことや、発達障害は早期発見と早期療育が大切であることが知られるようになってきました。

しかし、発達障害の具体的な兆候や特徴はあまり知られておらず、「赤ちゃんは発達障害かもしれない。」と漠然とした不安を募らせるお父さんお母さんは少なくありません。

そこで、このページでは、発達障害とはどんな障害か、乳児期の赤ちゃんに見られる発達障害の兆候と特徴、発達障害と知的障害の違い、発達障害かもしれないと思ったときの対応について紹介します。

発達障害とは

赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候は

発達障害とは、行動やコミュニケーション、社会適応の問題を主とする障害のことです。

発達障害は、いくつかのタイプに分けられています。

主なものは、自閉症、広汎性発達障害(自閉性スペクトラム障害)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などです。

どの発達障害も、生まれつきの障害であること、脳の一部の機能に障害があることは一致しています。

しかし、発達障害は個人差が大きく、また、同時にいくつもの発達障害がある人も少なくないため、同じ診断がついていても、特徴や課題は一人ひとり違います。

関連ページ

発達障害は気づかれにくい

発達障害は、見た目や言動から障害があるかどうか判断するのが難しいものです。

例えば、落ち着きがない子供がいたとして、落ち着きのなさが発達障害によるものか、しつけ不足によるものかは、医師でもなかなか区別できません。

そのため、たとえ障害の特性による行動であったとしても、「性格が悪い」、「落ち着きがない」、「親の育て方が悪い。」というように、子供の性格や個性、親の育て方の問題だと見られがちです。

また、子供自身や保護者も、同年代の子との違いを感じながら、見過ごしてしまうことが多いものです。

そのため、 病院を受診することなく、特性に応じた適切な指導や教育も十分に受けられないまま大きくなる人が少なくありません。

大人になってから発達障害と診断される人も、増加傾向にあります。

加えて、病院を受診させるかどうかは保護者の判断になりますが、発達障害に対する周囲の偏見を恐れて、発達障害が疑われる症状に気づいても放っておく保護者もいます。

関連ページ

乳児期の赤ちゃんに見られる発達障害の兆候と特徴

乳児期の赤ちゃんに見られる発達障害の兆候と特徴

乳児期の赤ちゃんに見られる発達障害の兆候と特徴は次のとおりです。

ただし、次のような兆候と特徴があれば、必ず発達障害と決まったわけではありません。

育て方や環境、遺伝が原因である可能性も否定できませんし、発達がゆっくりなだけかもしれませんから、過度に心配しないようにしてください。

人見知りしない

赤ちゃんの人見知りとは、見慣れない人や知らない人に会ったときに、好奇心と不安や怖さを同時に抱いて葛藤し、泣き出したり、お父さんお母さんを探し求めたりする行動のことです。

人見知りは、赤ちゃんが身近な人とそうでない人を区別できるようになった証拠で、生後6ヵ月から生後7ヶ月ころに始まるのが一般的ですが、発達障害のある赤ちゃんは人見知りしないことがあります。

関連ページ

一人を嫌がらない、後追いをしない

通常、赤ちゃんは一人を怖がり、お父さんお母さんの姿が見えなくなると不安で泣き出します。

しかし、発達障害がある赤ちゃんの場合は、一人になっても表情一つ変えずにじっとしており、ズリバイやハイハイができるようになっても、お父さんお母さんの後追いをしないことがあります。

抱っこされると嫌がる

赤ちゃんは、身近な人との身体接触を求めるものです。

眠たくなった、暗闇が怖い、なんだか気分が悪いなど、とにかく抱っこを要求します。

しかし、発達障害がある赤ちゃんは、感覚が過敏な傾向があり、抱っこを嫌がることがあります。

関連ページ

名前を呼んでも振り向かない、あやしても反応しない、視線が合わない

赤ちゃんは、生後6ヵ月~生後7か月ころから、お父さんお母さんなど身近な人の声を聞き分けられるようになり、身近な人から呼びかけられると声がした方を振り向きます。

また、身近な人が抱っこしてあやしたり、ほほえんだりすると、嬉しそうに手足をバタバタさせたり、笑顔を返したりします。

こうした行動は、相手からの関わりに反応するというコミュニケーションの基礎が芽生えている証拠です。

赤ちゃんが、生後6ヵ月~生後7ヵ月を過ぎても、名前を呼んでも振り向かない、あやしても反応がない、視線を合わせようともしない場合は、発達障害の可能性があります。

関連ページ

まねをしない

赤ちゃんは、生後9か月頃から、お父さんお母さんのまねをするようになります。

まねは、言葉、日常的な生活習慣、礼儀作法など、生活に必要なスキルを身につけるのに不可欠な能力で、まねをするということは、赤ちゃんが周囲の人に興味を持ち、自分もやってみたいと思っている証拠です。

生後1歳前後になってもまねをしない場合は、発達障害の可能性があります。

関連ページ

指さししない

赤ちゃんは、生後10か月~1歳くらいから、自分のほしいものや興味のあるものを指さすようになります。

指さしは、言葉を十分に使うことができない乳児期の赤ちゃんにとって、自分の要求や興味のあるものを周囲の人に教えるための重要なコミュニケーション方法です。

指さしをするということは、赤ちゃんが、自分の気持ちや興味を周囲の人に気づいてほしいと思っていることの証拠です。

母子手帳には、1歳の欄に「興味のあるものを指さししますか?」という質問があるように、指差しは、赤ちゃんの発達を見る上で大切な指標になります。

1歳前後になっても指差しが一切見られない場合は、発達障害の可能性があります。

関連ページ

スポンサーリンク

発達障害と知的障害の違い

赤ちゃん 発達障害 知的障害

発達障害と混同、誤解されやすいものに知的障害があります。

知的障害とは、「知的能力全般が年齢相応の発達より遅れている」状態のことで、発達障害とは別のものです。

しかし、どちらも「障害」がつく名前であること、知的制約が原因で行動、コミュニケーション、社会適応などに問題が見られる場合があること、発達障害と知的障害の両方を抱える人がいることなどから、混同や誤解をしている人が多いものです。

関連ページ

診断は3歳から!赤ちゃん・子供に発達障害の兆候や特徴が見られたら

乳児期の赤ちゃんに発達障害の兆候や特徴が見られたら

医師から発達障害と診断されるのは、3歳を過ぎてからが一般的です。

それまでは、発達障害の兆候や特徴が見られても、発達障害によるものなのか、遺伝や環境、発達の速度によるものなのかが判断しにくいため、医師に相談しても、発達障害の診断が出されることはほぼありません。

ただし、発達障害の可能性がある場合は、早いうちから赤ちゃんの特性に応じた療育を受け始めることで、その後の社会適応が良くなります。

そのため、赤ちゃんが発達障害かもしれないと感じたら、早めに相談することが大切です。

発達障害を相談できる主な機関は、次のとおりです。

  • かかりつけの小児科
  • 保健センター
  • 子育て支援センター
  • 児童相談所
  • 発達障害者支援センター

かかりつけの小児科の医師が発達障害に詳しいとは限りません。

しかし、赤ちゃんのことはこまめに小児科に伝えておくのが基本ですし、専門機関などを紹介してもらえることもあるので、まずは小児科に相談しましょう。

児童相談所や発達障害者支援センターでは、電話相談も受け付けてくれるので、いきなり窓口へ行くのをためらう場合は電話しても良いでしょう。

なお、民間企業でも発達障害に関する相談を受け付けているところがあります。

しかし、民間企業の対応はピンキリですし、誤ったアドバイスをされるケースもあるため、まずは公的機関に相談することをおすすめします。

関連ページ

スポンサーリンク

うちの場合

発達障害は、診断基準や概念が流動的でややこしく、それゆえに誤解を受けやすいものです。

発達障害のある赤ちゃんや子供はもちろん、彼らを育てているお父さんお母さんも、周囲の好奇や偏見の目にさらされることが少なくありません。

発達障害者支援法は施行されましたが、発達障害の認知度に比べると、法律による支援や配慮が社会に浸透したとはとても言えない状態です。

個人にできることは少ないかもしれませんが、発達障害のある赤ちゃん、子供、大人や、彼らに関わる全ての人が、今以上に少しでも生きやすい社会になることを願ってやみません。

関連ページ

ページ上部へ戻る