menu
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  3. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  4. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  5. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  6. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  7. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  10. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
閉じる

乳児期の子育て

注意欠陥多動性障害(ADHD)とは?乳児期の赤ちゃんに特徴的な兆候は?

赤ちゃん 注意欠陥多動性障害 ADHD 兆候 特徴

注意欠陥多動性障害(ADHD) とは

注意欠陥多動性障害(ADHD)とは、①年齢や発達段階に見合わない不注意、②多動性、③衝動性の3つの症状のうち1つ以上を特徴とする発達障害です。

名称の中に「衝動性」は含まれていませんが、注意欠陥多動性障害と診断される人の中には、衝動性の症状に悩んでいる人が少なくありません。

特に、乳幼児期から学童期にかけては、衝動性が強い傾向があります。

関連ページ

注意欠陥多動性障害(ADHD)の発症率

注意欠陥多動性障害(ADHD)は、100人に3人から7人くらいの確率で発症します。

つまり、1クラス35人の学校では、クラスに一人は注意欠陥多動性障害の子供がいるという計算になります。

注意欠陥多動性障害(ADHD)の原因

遺伝的要因や、前頭葉や線条体のドーパミンの機能障害が原因だと考えられていますが、他の発達障害と同じで、原因が特定されているわけではありません。

ただし、子供の性格や、親のしつけと障害が無関係だということは分かっています。

スポンサーリンク

注意欠陥多動性障害(ADHD)の特徴的な症状

注意欠陥多動性障害の症状にはかなりの個人差がありますが、大きく次の3つに分類できます。

  • 不注意優勢型:不注意が目立つ類型だが、衝動性や多動性がないわけでなない
  • 多動性-衝動性優勢型:衝動性と多動性が目立つ累計だが、不注意がないわけではない
  • 混合型:不注意、多動性、衝動性の3つの症状が同程度に目立つ類型

不注意、多動性、衝動性の具体的な症状は、次のとおりです。

不注意

  • 物事に集中できない
  • 注意が持続しない
  • 指示に従えずに目的を達成できない(反抗的もしくは指示が理解できないわけではない)
  • 努力を要する課題を避けたり嫌ったりする
  • 物をよくなくす
  • 順序立てて行動できない

多動性

  • 手足をそわそわと動かし続ける
  • 待つことができない
  • じっとしていられずに動き回る
  • 静かに話したり動いたりすることができない

衝動性

  • 順番を待たずに行動してしまう
  • 会話などで割り込んでしまう
  • 刺激にすぐ反応してしまう(欲しいと思ったら万引きしてしまう、けんかを売られたと思ったらすぐ叩いてしまうなど)

注意欠陥多動性障害(ADHD)の診断基準

注意欠陥多動性障害(ADHD)の診断については、アメリカ精神医学会(APA)の診断基準DSM-Ⅳ-TRに記載されています。

DSM-Ⅳ-TRの基準では、次の5つを満たしている場合に、注意欠陥多動性障害(ADHD)が疑われることになります。

  1. 年齢や発達段階に見合わない不注意、多動性、衝動性の3つの症状のうちの1つ以上が、6か月以上持続している
  2. 1の症状の1つ以上が、7歳以前から認められる
  3. 1の症状の1つ以上が、家庭や学校、職場などの2か所以上で認められる
  4. 発達に応じた社会的(対人関係)、学業的、職業的な機能が障害されている
  5. 他の発達障害や精神障害を原因とする不注意、多動性、衝動性ではないこと

注意欠陥多動性障害の診断は、医師の診察で観察された行動上の特徴、本人や保護者から得た生活史に関する情報、各種発達検査などの結果などを総合して行われます。

乳児期の赤ちゃんに見られる注意欠陥多動性障害(ADHD)の兆候

発達障害は、認知、言語、学習といった発達領域の問題として現れてくることが多く、こうした領域の発達が未熟な乳児期には目立った症状が見られないもので、注意欠陥多動性障害(ADHD)も同じです。

ただし、注意欠陥多動性障害と診断された人の多くが乳児期にとっていた特徴的な行動には、次のようなものがあります。

  • 視線が合わない
  • 抱っこを嫌がって泣いたり反り返ったりする
  • 指差しをしない
  • クレーン現象が見られる

ただし、こうした行動は、健全な発達の過程でも見られることがあります。

心配しすぎず、まずは小児科の医師に相談してみましょう。

スポンサーリンク

注意欠陥多動性障害(ADHD)への対応

現在のところ、注意欠陥多動性障害(ADHD)を根本的に治療する方法は見つかっていません。

ただし、①薬物療法、②環境への介入、③行動への介入の3つを、本人や周囲のニーズに応じて組み合わせることで、高い治療効果を挙げるようになってきました。

薬物療法

メチルフェニデートやアトモキセチンという薬が不注意、多動性、衝動性を軽減する効果があることが分かっています。

こうした薬は、医師の診断を受け、その指示の下で適切に使用する必要があります。

環境への介入

環境への介入とは、家庭や学校など子供が生活する環境において、障害の特性に応じた対応を行うということです。

家族と学校が子供への支援で協力する、子供が問題を起こしたときの相談先を決めておく、室内に注意を引くような物を置かないといった対応が考えられます。

スポンサーリンク

行動への介入

社会生活を送る上で問題となる行動を減らし、適切な行動を増やしていくための介入です。

適切な行動には報酬(ほめる、拍手するなど)を与え、不適切な行動には報酬を与えないという方法で、適切な行動の増加を目指します。

不適切な行動をとった場合でも過剰な叱責をせず、不適切な行動をとらなかったり、その頻度が下がったりした場合にほめることが大切です。

ページ上部へ戻る