menu
閉じる
  1. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  2. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  3. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  4. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  5. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  6. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  10. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃん(乳児)の脂漏性湿疹とは?原因、症状とケア方法は?

脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)とは

頭部や顔にかさぶた状やふけ状の湿疹ができるものを、脂漏性湿疹といいます。

脂漏性皮膚炎ともいいます。

乳児期にできるものを乳児脂漏性湿疹ということがあり、また、頭皮にできるものを乳児脂肪冠といいます。

新生児期から生後4ヶ月頃までの間にできやすく、乳児湿疹の中では、最も多く見られる湿疹です。

関連ページ

乳児脂漏性湿疹の症状

肌色かクリーム色のかさぶたのようなものや、ふけのような湿疹が出ます。

かゆみや痛みはありませんが、炎症を起こすと赤く晴れ上がったり、化膿したりすることもあります。

頭皮、髪の生え際、眉毛など皮脂腺が多いところによくできます。

スポンサーリンク

乳児脂漏性湿疹の原因

新生児期から生後2~3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、お母さんから受け継いだ女性ホルモンの影響で、皮脂が過剰に分泌される傾向にあります。

過剰に分泌された皮脂が、肌の表面や毛穴に溜まってしまうことで、脂漏性湿疹になると考えられています。

スポンサーリンク

乳児脂漏性湿疹のケア

脂漏性湿疹の原因である、皮脂の分泌量を抑えることはできません。

そのため、分泌された余分な皮脂を溜めないように落とすこと、つまり、肌を清潔に保つことが大切になります。

石けんやシャンプーで洗う

脂漏性湿疹ができたときは、石けんやシャンプーをよく泡立てて、泡でなでるように洗います。

刺激すると湿疹がよりひどくなると思い、水洗いするお父さんお母さんも少なくありません。

しかし、脂漏性湿疹ができると、水洗いだけでは十分皮脂を洗い流すことはできないので、石けんやシャンプーを使うようにしてください。

頭皮はくしにガーゼを通してとかす

頭皮にできた脂漏性湿疹はかさぶた状かふけ状をしているので、手のひらでこすれば取れると思うかもしれません。

しかし、湿疹は表皮とつながっているため、爪を立てると肌を傷つけてしまいます。

くしにガーゼを通して、かさぶたをはがすように優しく髪をとかすときれいに取ることができます。

眉毛は石けんやシャンプーをつけたガーゼでふく

ガーゼに石けんやシャンプーをつけて、眉毛を優しくこすります。

かさぶたやふけ状の湿疹が取れた後は、水でぬらしたガーゼで石けんをふきとります。

取れないときはベビーオイル

ごしごし強くこすったり、湿疹をはがしたりすると、肌を痛めてしまうので注意してください。

石けんやシャンプーを使って洗っても取れない場合は、湿疹が出ている部分にオリーブオイルを塗ってふやかしてから洗うと、きれいに取ることができます。

ベビーオイルがないときは、オリーブオイルやワセリンで代用することも可能です。

保湿

赤ちゃんの肌は、石けんで洗って乾かすとかさかさになってしまうので、入浴後は、赤ちゃん用のローションやクリームで肌を保湿してあげましょう。

市販の商品に不安がある場合は、小児科を受診して乳児湿疹について相談すれば、赤ちゃんの肌に合ったクリームを処方してくれます。

爪は短く丸く切っておく

赤ちゃんの爪が伸びていると、かきむしって肌を傷つけてしまい、そこから雑菌が入り込んで化膿する可能性もあります。

そのため、爪は短めに切り、丸く整えておくことが大切です。

ページ上部へ戻る