menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  2. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  3. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  4. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  5. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  6. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  9. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  10. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
閉じる

乳児期の子育て

太田母斑とは?原因と赤ちゃんの治療方法は?

太田母斑 赤ちゃん 乳児期

太田母斑とは

太田母斑とは、ほっぺたや目の周囲にかけてできる青色や赤褐色のあざのことです。

思春期の女性、特に東洋人の女性によく見られるものですが、新生児期や乳児期の赤ちゃんの頃からあざができることもあります。

なお、肩から上腕部にかけての青色のあざは、伊東母斑と呼ばれています。

関連ページ

太田母斑の症状

ほっぺたや目の周囲にかけて青色や赤褐色のあざができます。

顔の片側だけにあざができやすいことと、境界線が曖昧なことが特徴です。

かゆみや痛みはないので、赤ちゃん本人が気にすることはありません。

また、新生児期から乳児期にできた太田母斑の色は、ごくごく薄くて目立たないため、お父さんお母さんも気づかないことがありますが、年齢を重ねるにつれて濃くなっていきます。

あざの大きさや形は個人差が大きく、ほっぺたの一部だけにできることもあれば、顔全体に広がることもあります。

ぶつけてできたあざに見えることもありますし、サーモンパッチやウンナ母斑などと間違えることもあります。

なお、眼球に青色の色素沈着が見られることもあります。

関連ページ

スポンサーリンク

太田母斑の原因

遺伝の可能性は否定されていますが、はっきりした原因は見つかっていません。

顔にあざができるのは、皮下組織でメラニン色素が増えるためです。

太田母斑はいつから、いつまで

いつから

思春期からできることが多いのですが、生まれたときから見られることもあります。

いつまで

自然と消えてなくなることはほとんどなく、治療しない限りあざは残ります。

スポンサーリンク

太田母斑の治療

放っておいても身体に悪影響はありませんが、目の周りやほっぺたなど目立つところにできやすいため、小さいうちに治療しておいてあげたいと思うお父さんお母さんは少なくありません。

太田母斑には、肌のあざができている部分にレーザーを照射し、色素細胞を壊す治療が行われます。

適切な波長のレーザーを照射することにより、特徴的な青色や赤褐色が薄くなります。

赤ちゃんの肌は薄いので、完全に色を消してしまえることも少なくありません。

ただし、治療にはレーザー照射の痛みが伴いますし、一度では済まないため、赤ちゃんの健康状態や様子を見ながら治療を受けさせることが大切です。

太田母斑のレーザー治療には健康保険が適用されます。

関連ページ

ページ上部へ戻る