menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  2. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  3. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  4. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる

乳児期の子育て

乳児湿疹はいつからいつまで?ガサガサ肌のケアはどうする?

乳児湿疹

乳児湿疹(しっしん)とは

乳児期の赤ちゃんにできる湿疹をまとめて、乳児湿疹といいます。

乳児湿疹には、新生児にきび(脂漏性湿疹)、アトピー性皮膚炎、あせもなどさまざまなものがあり、原因も症状も様々なので、医師でも診断が難しいことが少なくありません。

特に、生後2~3ヶ月頃までの乳児湿疹がアトピー性皮膚炎かどうかは、一定期間様子を見ないと判断できないことがほとんどです。

乳児湿疹はいつからいつまで

いつから

乳児湿疹は、早いと生後2週間前後から赤ちゃんの肌に現れます。

生後2~3ヶ月頃になると乾燥による湿疹も出てきますし、ガーゼやタオルでふきすぎることが原因で湿疹が現れることもあります。

いつまで

通常は、1~2歳頃までに自然に治癒します。

スポンサーリンク

主な乳児湿疹

新生児にきび

新生児期(生後2週間前後)から、生後3ヶ月ころでにできるにきびを、新生児にきびといいます。

医学的には脂漏性皮膚炎と呼ばれます。

新生児にきびは、見た目は思春期のにきびと同じで、赤いぶつぶつが赤ちゃんの顔にできます。

頬やおでこ周辺にできやすいのですが、ひどい場合には頭皮にも症状が出ることがあります。

通常は、白色か肌色の小さい湿疹ですが、炎症を起こすと、赤く腫れあがってぶつぶつした状態になったり、化膿したりします。

かゆみや痛みはないので、赤ちゃんが気にすることはほとんどなく、肌を清潔に保ち、触らないようにしていれば自然に治っていきます。

関連ページ

脂漏性湿疹/脂漏性皮膚炎

頭部や顔にかさぶた状やふけ状の湿疹ができるものを、脂漏性湿疹といいます。

脂漏性皮膚炎ともいい、また、乳児期にできるものを乳児脂漏性湿疹ということもあります。

新生児期から生後4ヶ月頃までの間にできやすく、乳児湿疹の中では最も多く見られるものです。

肌色かクリーム色のかさぶた状の湿疹か、ふけ状の湿疹が出ます。

かゆみや痛みはありませんが、炎症を起こすと赤く晴れ上がったり、化膿したりすることもあります。

頭皮、髪の生え際、眉毛など皮脂腺が多いところによくできます。

関連ページ

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因(アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、結膜炎、気管支ぜんそくなどを発症しやすい体質)を持つ人に生じやすい慢性の湿疹です。

顔や頭、耳、手足などに、強いかゆみをともなう赤い湿疹ができて、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すのが特徴です。

乳児のアトピー性皮膚炎の特徴としては、次のとおりです。

  • 家族にアトピー素因がある確率が高い
  • 生後1~2ヶ月ころから顔や頭に湿疹が見られ、時間の経過とともに、顔だけではなく体や手足にも広がることが多い
  • 湿疹は良くなったり悪くなったりを繰り返して、1~2歳前後にはなくなることが多い
  • 肌がじゅくじゅくするだけではなく、肌が乾燥したりがさがさしたりする

関連ページ

あせも

あせもとは、たくさん汗をかいたあとに現れる赤い湿疹のことで、軽いかゆみやチクチクする痛みをともないます。
新生児期には、かゆみのない透明や白色の湿疹が現れることもあり、これを「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」といいます。
赤ちゃんは、汗っかきですし、ポッチャリしていて肌が重なり合う部分が多いので、大人に比べてあせもができやすいものです。

あせもを放置すると、細菌感染を起こして膿疱性汗疹(のうほうせいかんしん)になり、さらにとびひ(伝染性膿痂疹)になります。

とびひになると、かさぶたや水ぶくれができて、あせもより強いかゆみと痛みをともないますし、水膨れが破れると菌が飛び散り、広範囲に症状が出てしまいます。

関連ページ

おむつかぶれ

おしり、腰、足の付け根など、おむつが触れる部分に起きる炎症をおむつかぶれといいます。

医学上は、おむつ皮膚炎と呼ばれます。

おむつかぶれと他の乳児湿疹との違い違い

アトピー性皮膚炎、あせも、脂漏性湿疹など他の乳児湿疹との違いは、おむつが触れる部分にだけ症状が出ることです。

しかし、夏場にはおむつが触れる部分にあせもができることもあり、おむつかぶれとあせもの区別がつけにくいことがあります。

おむつかぶれのサイン

  • おしりをふくと、赤ちゃんが痛がって泣き出す
  • 湯船につけた瞬間、赤ちゃんが泣き出す
  • 赤ちゃんがおしりをかゆがる
  • おむつを替えるときにおしりをむずむずさせる

関連ページ

乳児湿疹の予防とケア

乳児湿疹全般に当てはまる、基本的な予防とケアの方法です。

こまめに着替えさせる/汗をふきとる

赤ちゃんはとても汗っかきで、汗をかいたまま放っておくと、知らないうちに乳児湿疹ができてしまいます。

こまめに服を着替えさせたり、ガーゼやタオルで汗をふきとったりすることが大切です。

特に夏場は、乳児湿疹ができやすいので、赤ちゃんが汗をかいていないかどうか、頻繁にん確認してください。

関連ページ

石けんを使って身体を洗う

新生児期から生後2~3ヶ月頃までの赤ちゃんは、汗っかきで皮脂の分泌も多いので、水で流しただけでは身体を清潔に保つことができません。

入浴時は、必ず石けんを使って身体を洗うようにします。

ただし、赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、ゴシゴシこするとすぐ赤くなり、湿疹の原因になってしまいます。

手にせっけんをつけて泡立て、泡でなでるようにして洗いましょう。

保湿

赤ちゃんの肌は、石けんで洗って乾かすとかさかさになりやすく、放っておくと乾燥が原因で乳児湿疹ができてしまうことがあります。

入浴後は、赤ちゃん用のローションやクリームで肌を保湿してあげましょう。

どのクリームを買えばよいか悩む場合は、小児科の医師に乳児湿疹について相談すれば、赤ちゃんの肌に合ったクリームを処方してくれますし、効果がある市販のクリームを教えてくれます。

爪は短く丸く切っておく

アトピー性皮膚炎などの乳児湿疹はかゆみをともないます。

赤ちゃんの爪が伸びていると、かきむしって症状がひどくなることがありますし、雑菌が入り込んで化膿する可能性もあります。

そのため、爪は短めに切り、丸く整えておくことが大切です。

赤ちゃんの肌に触れる物に気をつける

新生児期から生後2~3ヶ月の赤ちゃんは、1日のほとんどを寝て過ごすので、ベッドや布団、シーツ、タオルなど赤ちゃんの肌に触れるものは、肌に優しい素材を使用した製品を選びます。

赤ちゃんの身の回りだけでなく、抱っこをするお父さんお母さんの服も、赤ちゃんの肌に優しいものを選んでください。

湿疹と発疹の違い

乳児期の赤ちゃんは、突発性発疹を発症することがあります。

湿疹と発疹は、どちらも皮膚の症状で見た目も似ているので紛らわしいものですが、次のような違いがあります。

  • 湿疹:皮膚炎(皮膚の炎症)のことで、アレルゲンや外からの刺激など原因がたくさんあります。
  • 発疹:病気が原因で皮膚の変化を起こすことの総称です。湿疹を含みます。

関連ページ

うちの場合

1ヶ月健診の前後から、顔や首元に赤い湿疹、眉毛にしろいふけのようなものが目立つようになりました。

小児科を受診すると、乾燥肌だと言われ、処方してもらった保湿クリームを使用すると症状がましになりました。

しかし、赤い湿疹が落ち着いたかと思うと、今度は、頭皮に乳児脂肪冠ができました。

クリームを頭皮に塗ってみましたが、赤ちゃんがかなり嫌がったのと、髪の毛がベタベタしたので止めました。

シャンプーで念入りに洗うとかさぶた状のものがはがれ、何度か念入りシャンプーを繰り返すうちにきれいになくなりました。

ページ上部へ戻る