menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  4. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  5. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  6. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  7. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  10. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの日焼けはなぜ危ない?日焼けしたときの対応は?

日焼け

日焼け=健康ではない

2000年前後までは、赤ちゃんが日焼けすることに対する問題意識を持っているお父さんお母さんは、ほとんどおらず、むしろ、日焼けして肌が赤いもしくは黒いのは、健康な証拠だという風潮もありました。

赤ちゃんの肌が赤いもしくは黒いことに敏感なお父さんお母さんもいましたが、周囲の理解は得にくい状況でした。

しかし、紫外線がヒトの肌に与える悪影響が分かってくるにつれて、日焼け=健康という風潮はなりを潜め、紫外線対策の重要性が強調されるようになって、赤ちゃんの頃から日焼け対策をすべきという考えが一気に広まりました。

こうした変化は母子健康手帳にもあらわれており、以前は「日光浴」として勧められていたものが、日焼け対策の重要性が広まるのに合わせて「外気浴」と改められました。

皮膚の機能と紫外線

ヒトの皮膚には、大きく分けて2つの機能があります。

一つは、外からの刺激を防ぐバリア機能、もう一つは、水分が体の中から外へ出ていくのを防ぐ機能です。

しかし、新生児期から乳児期の赤ちゃんの肌は、この2つの機能も未熟で、大人に比べると皮膚の層が薄いものです。

そのため、紫外線を浴びると、肌の表面は日焼けしてしまいますし、より深い層まで浸透して皮膚の機能そのものが破壊される危険もあります。

紫外線によって受けたダメージは消えずに蓄積されるので、すぐには目立った影響が出なかったとしても、成長した後に深刻な影響が出ることがあります。

紫外線のデメリット

紫外線が赤ちゃんに及ぼすデメリットとしては、次のようなものがあります。

  • 皮膚の老化が進み、しみ、しわ、たるみができやすくなり、きめも荒くなる
  • 免疫機能低下
  • 皮膚がんの発症率が高くなる(発症年齢も若くなる傾向がある)
  • 白内障の発症率が高くなる

しみやしわ、たるみは成長してもそのまま残ることが多いものですし、免疫機能の低下や皮膚がん、白内障などは日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。

紫外線のメリット

紫外線にはメリットもあり、代表的なのが肌でビタミンDを作ることです。

ビタミンDは、骨にカルシウムを取り込むのに必要で、ヒトの成長には不可欠な栄養素です。

不足すると、足の骨などが異常に曲がるくる病を発症することがあります。

ビタミンDは、卵や魚にたくさん含まれていますが、アレルギーや偏食が多い現代の子供には不足しがちなので、適度に日光を浴びてビタミンDを作ることはとても大切です。

関連ページ

スポンサーリンク

日焼け止め対策

紫外線にはメリットとデメリットの両方があり、適度に浴びることは必要ですが、赤ちゃんのうちに深刻な日焼けをしてしまうと、将来にも悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、赤ちゃんと外出する際は、日焼け止め対策がとても大切です。

長そでシャツ、長ズボン、帽子

紫外線対策として一番有効なのは、帽子、長袖シャツ、長ズボンで肌の露出を減らすことです。

肌を露出していなければ、紫外線が肌に届かず、悪影響を及ぼすことはありません。

しかし、夏場に厚着していると、紫外線は防げても、暑さで赤ちゃんがバテてしまいます。

また、帽子をかぶっていると、頭皮が蒸れて湿疹ができやすくなります。

そのため、大きめのバスタオルやおくるみを持ち歩き、日差しが強いところで赤ちゃんにかけてあげたり、ベビーカーや抱っこひものシェードを活用したりして、赤ちゃんを日差しから守ってあげることが大切になります。

サングラス

紫外線を浴びすぎると、白内障の発症率が高くなります。

海や山など、直射日光を長時間浴びる可能性がある場所では、赤ちゃん用のサングラスを使用しても良いでしょう。

ただし、色つきのものは、赤ちゃんの目に影響を及ぼす場合があるので、レンズが透明のものを選ぶようにしてください。

日焼け止め

日焼け止めは、日焼け止め対策の定番ですが、用途を守り、赤ちゃんの肌にあったものを使用しないと、かえって赤ちゃんの肌を痛めてしまいます。

日焼け止めを使う際に注意したいのは次の6つです。

大人用の日焼け止めは使わない

大人の日焼け止めは、赤ちゃんの肌にとってはとても刺激が強いものです。

何も問題のない肌に塗っても腫れたり赤くなったりすることがあるので、すでに日焼けした肌に塗ってしまうと、より肌を傷つけることになってしまいます。

表示をチェック

赤ちゃん用の日焼け止めは、次の表示があるものを選んでください。

  • 無着色
  • 無香料
  • ノンケミカル(紫外線散乱剤)
  • 紫外線吸収剤未使用

日焼け止めを使い分ける

日焼け止めの効果はSPF値とPA値で決まり、季節、外出する時間帯、その日の天気などでこまめに使い分けることが大切です。

そのため、少し費用はかかりますが、2、3種類購入しておくと良いでしょう。

朝や夕方に少し外出するだけならSPF10、日中はSPF20くらい、日中にガッツリ外出する場合はSPF30以上が目安になります。

適切な量を塗りこむ

日焼け止めは、1回あたりの使用量を守り、少しずつ手に取ってしっかり塗りこみます。

塗る量が少なすぎると効果が薄まりますし、塗りムラや塗り残しができるとそこだけ日焼けしてしまいます。

うっすらとテカるぐらいを目安にしましょう。

塗り忘れに注意

露出するところすべてに塗ります。

鼻、耳、首、手の甲と手のひら、足の甲と足の裏などは塗り忘れやすいので、注意してください。

こまめに塗り直す

夏場、赤ちゃんはたくさん汗をかきます。

汗と日焼け止めが混ざった状態は、肌にとってとても不衛生ですから、こまめに汗を拭き、日焼け止めを塗り直します。

日陰を作る

紫外線は、日陰にいるだけでも浴びる量を減らせます。

抱っこひもをして日傘をさす、ベビーカーの日除けを使う、車の窓ガラスをUVカットのものに取り替えるなど、赤ちゃんのために日陰を作ってあげることが大切です。

特に、折りたたみの日傘は、必要なときにいつでも手軽に使えて便利ですから、1本カバンに入れておくと良いでしょう。

外出時間を考える

晴天の日は、午前10時から午後2時までは日差しがかなり強く、紫外線の量もとても多くなるので、月齢の低い赤ちゃんを連れての外出は控えます。

赤ちゃんとの外出に適しているのは、午後の早い時間か、夕方日が落ちるまでの時間です。

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんが日焼けしたときの対応

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、十分な日焼け対策をしていたつもりでも、気が付いたらほっぺや顔が赤いということは少なくありません。

赤ちゃんにきちんと日焼け対策をしているお父さんお母さんほど、赤ちゃんの日焼けを見つけると驚きますし、心配にもなります。

しかし、日焼けは、どんな赤ちゃんでも多かれ少なかれ経験するものですし、1,2回日焼けしたからといって、病気などのリスクが跳ね上がるわけではないので、過敏になりすぎないようにしましょう。

日焼けを見つけたら、それ以上日焼けが広がらないよう、また、新しい日焼けを作らないよう対応することが大切です。

赤ちゃんが日焼けしたときの対応は、次の3段階に分かれます。

冷やす

赤ちゃんの肌が日焼けしてしまったら、まず冷やすのが鉄則です。

水で濡らしたガーゼやタオルで赤くなった部分を冷やします。

大人の場合、冷水やタオルでくるんだ保冷剤で冷やすこともありますが、赤ちゃんの肌はとても敏感なので、常温の水を使用します。

肌を保護する

ワセリンや、ベビークリームを塗って、赤くなった肌を保護します。

ただし、赤ちゃんが日焼けの跡をこすり、その手で口や目をこすることがあるので注意してください。

日焼け止めを塗る

さらなる日焼けを予防するために、日焼け止めを使用します。

スポンサーリンク

外気浴って何?

冒頭では名前だけ書きましたが、外気浴とは、家の外の新鮮な空気に触れることです。

太陽の光を浴びさせることを目的とする日光浴と違い、外気に触れさせることを目的としています。

紫外線の人体への影響が指摘されるようになった後も、赤ちゃんを家に閉じ込めておくのは発育に良くないという考え方は残り、紫外線に気をつけながら外気に触れさせる方法として、外気浴という言葉が登場しました。

外気浴には、体温調節機能を向上させる、皮膚感覚を刺激される、五感が刺激されて周囲への興味関心が高まる、生活リズムができるといった効果が期待されています。

特に、生まれたての赤ちゃんは、体温調節が苦手で、ちょっとした気温や室温の変化にも影響を受けるので、外気浴によって調節機能が向上させることは、赤ちゃんの健康的な発育を考える上でとても重要です。

関連ページ

外気浴とは(意味)?赤ちゃんの外気浴はいつから(新生児~何ヶ月)?

うちの場合

赤ちゃんが生後3ヶ月のころ、近くの公園で数時間過ごして帰宅すると、赤ちゃんのほっぺが真っ赤になっていました。

日焼け止めは塗っていましたし、ベビーカーの日よけも使っていましたが、効果はなかったようです。

慌てて濡らしたガーゼをほっぺに当てて様子を見ましたが、夜になるとますます赤くなりました。

手元にワセリンがなかったので、シアバターを塗ったところ、翌日には赤みが少し引いており、もう一日経つと完全に元どおりになっていました。

その後も、何度か日焼けしましたが、いずれも濡らしたガーゼとシアバターを使用することで、2~3日で良くなりました。

その後は、気になるような日焼けは少なくなりましたが、生後8ヶ月から1ヶ月間、熱帯地域で生活した際はかなりきつい日焼けに襲われました。

日本で使っていた日焼け止めでは全く歯が立たず、ワセリンやシアバターを使ってもなかなか日焼け症状が改善されないので、かなり心配しました。

結局、午後はなるべく室内で過ごさせるようにし、どうしても外出が必要な時は、現地の赤ちゃん用日焼け止めを使用したところ、日焼けがましになりました。

ページ上部へ戻る