menu
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  3. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  4. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  5. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  8. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  9. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる

乳児期の子育て

あせもとは?赤ちゃんのあせもの原因、症状、ケア方法は?

あせも

あせもとは

あせもとは、たくさん汗をかいたあとにできる赤い湿疹のことで、軽いかゆみやちくちくする痛みをともないます。

赤ちゃんは、汗っかきですし、ポッチャリしていて肌が重なり合う部分が多いので、大人に比べてあせもができやすいものです。

新生児期には、かゆみのない透明や白色の湿疹が現れることもあり、これを「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」といいます。

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんのあせもの原因

赤ちゃんは、大人に比べて新陳代謝が盛んで体温も高く、大人の肌よりも汗腺が狭い範囲に集まっているので、汗をかきやすいものです。

一方で、汗腺の発達が未熟なので、分泌された汗がすぐ汗腺の出口(汗管)につまります。

そして、汗が汗腺の出口や肌の表面に長いあいだ溜まっていると、表皮ブドウ球菌が肌の表面で増殖し、菌に対する炎症反応が起こります。

この炎症反応があせもです。

赤ちゃんのあせもの症状

軽いかゆみや、ちくちくする痛みをともなう赤い湿疹ができます。

あせもを放置すると、細菌感染を起こして膿疱性汗疹(のうほうせいかんしん)になり、さらにとびひ(伝染性膿痂疹)になります。

とびひになると、かさぶたや水ぶくれができて、あせもより強いかゆみと痛みをともないますし、水膨れが破れると菌が飛び散り、広範囲に症状ができてしまいます。

スポンサーリンク

赤ちゃんのあせものケア

こまめに汗を拭き取り、着替えさせる

あせものケアで一番大切なのは、赤ちゃんが汗をかいたら放置せず、こまめにふき取ったり、服を着替えさせたりして、肌を清潔に保つことです。

おむつは、あせも予防の観点からすると、たとえ少量のおしっこしかしていなくても替えてあげることが大切です。

厚着をさせない

赤ちゃんに着せる衣服の枚数は、「大人より1枚少なく」を基本に考え、室内の温度や湿度を快適に保つよう意識します。

特に夏場は、赤ちゃんが汗をかかない程度にエアコンや扇風機をつけ、日中と夜とで温度を細かく調整することが大切です。

肌着は通気性の良い素材を選ぶ

肌着の素材は、綿、木綿、麻など通気性の良いものを選びます。

石けんを使って身体を洗う

新生児期から生後2~3ヶ月頃までの赤ちゃんは、汗っかきで皮脂の分泌も多いので、手洗いだけでは身体を清潔に保つことができません。

入浴時は、必ず石けんを使って身体を洗うようにします。

ただし、赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、ゴシゴシこするとすぐ赤くなり、湿疹の原因になってしまいます。

手にせっけんをつけて泡立て、泡でなでるようにして洗いましょう。

保湿

赤ちゃんの肌は、石けんで洗って乾かすとかさかさになり、放っておくと湿疹ができてしまいます。
入浴後は、赤ちゃん用のローションやクリームで肌を保湿してあげましょう。

市販の商品を使うのが不安な場合は、小児科を受診して乳児湿疹について相談すれば、赤ちゃんの肌に合ったクリームを処方してくれます。

爪は短く丸く切っておく

あせもはかゆみをともなうので、赤ちゃんの爪が伸びていると、かきむしって肌を傷つけてしまい、症状がひどくなることがありますし、雑菌が入り込んで化膿する可能性もあります。

そのため、爪は短めに切り、丸く整えておくことが大切です。

とびひになったら小児科を受診する

あせもは、予防もケアも家庭でできますが、とびひになると家庭でのケアはできないので、すぐに小児科を受診してください。

ページ上部へ戻る