menu
閉じる
  1. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  2. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  3. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  4. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  5. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  6. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  7. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  8. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  9. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる

乳児期の子育て

乳児期の赤ちゃんのお祝い行事

赤ちゃん お祝い 節句

乳児期の赤ちゃんのお祝い

赤ちゃんが生まれた後は、たくさんのお祝い行事が待っています。

現在は、お祝いしない家庭も増えているようですが、どれも赤ちゃんの健やかな健康などを願って行う大切なものですし、形式にこだわる必要もないので、思い出作りも兼ねて気軽に楽しんでみてはどうでしょうか。

お七夜・命名

お七夜とは

出生から7日目の夜に、赤ちゃんに名前を付け、赤ちゃんの健やかな成長を願ってお祝いすることをお七夜といいます。

古くは平安時代から行われており、赤ちゃんにとっては最初の行事です。

昔は赤ちゃん、特に早期新生児(生後一週間未満の赤ちゃん)の死亡率がとても高かったので、生後6日までの赤ちゃんを神の子と呼んでその生死を神様に委ね、節目となる出生から7日目で人間の子供として迎え入れることになっていました。

つまり、お七夜とは、赤ちゃんが名前をつけてもらい、人間社会の一員として認めてもらう儀式です。

お七夜・命名の方法

お七夜には、名付け親が外包みをした命名書を白木の三方に載せて、祝い酒、尾頭付きの鯛、赤飯、昆布、紅白の麩といった祝い膳と一緒に持ってきます。

そして、お祝いの場で赤ちゃんの名前を披露して、祝膳を家族で食べます。

命名書はお宮参りまで、床の間、神棚、ベビーベッドなどに飾っておくのが一般的ですが、出生届を出した後に外す家庭も多いようです。

最近は、出産後に病院から退院するのが赤ちゃんの生後1週間前後のため、退院祝いを兼ねてお七夜を行う家庭が増えており、記念撮影、手形や足形をとるなど祝い方も様々です。

命名書の書き方

昔は手書きしていましたが、最近はお店に依頼したり、インターネットでダウンロードしたりすることが多いようです。

手書きする場合は、奉書紙を使用します。書き方は以下のとおりです。

  1. 奉書紙を3等分に折る
  2. 右側に命名と書く
  3. 真ん中に赤ちゃんの名前を大きく書く
  4. 名前の左側に子供の生年月日と出生時間を書く(名前より小さく書く)
  5. 名前の右側にお父さんお母さんの名前を書く(名前より小さく書く。記載しない場合もあります。)

お宮参り

お宮参りとは

赤ちゃんが生まれたことを、生まれた土地の守り神である産土神に報告し、赤ちゃんの健康や長寿を願う行事をお宮参りといいます。

産土参り(産土参り)、初宮参り、初宮参りと呼ぶこともあります。

鎌倉時代から行われている伝統ある行事です。

昔は、お父さんお母さんと父方の祖父母が付き添っていましたが、最近は母方の祖父母も付き添うことが増えています。

男の子は出生から31日目、女の子は生後32日目にお宮参りします。

しかし、多忙な現在においては、日にちにこだわらず、お父さんお母さんの休み、赤ちゃんの体調、天候などを踏まえ、おおむね生後1ヶ月くらいにお参りする家庭が増えています。

お宮参りの方法

  1. 神社の境内の手洗い場で手を洗い、口をすすぐ
  2. 神前では、賽銭を入れて鈴を鳴らす
  3. 2礼、2柏手、1礼

お宮参りは、事前に神社へ連絡して神職に祝詞をあげてもらうのが正式な方法ですが、最近は、地元の神社に参拝するだけのことも多いようです。

お宮参りの服装

最近は、赤ちゃんにベビードレスなど実用的な服装をさせることが増えていますが、正式な服装は以下のとおりです。

  1. 肌着
  2. 白羽二重の内着
  3. 晴れ着(掛け着)(男の子は、熨斗目模様の紺色の掛け着もしくは黒羽二重の紋付、女の子は、友禅模様の掛け着が一般的です。)

1.→2.→3.の順番に着せて、赤ちゃんを抱っこする人(正式には父方の祖母)の首の後ろで紐を結びます。

お食い初め(箸揃え・箸祝い)

お食い初めとは

子供が食べ物に困らないようにという願いを込めて、大人と同じ一人前のお膳を準備し、初めてご飯を食べさせるまねをする行事をお食い初めといいます。

生後100日目、110日目、120日目のいずれかに行います。

初めて箸を使うことから箸揃や箸祝いと呼ばれたり、生後100日前後に祝うことから歯がためや百日の祝いと呼ばれたりすることもあります。

お膳の内容

一汁三菜の「祝い膳(いわいぜん)」が用意されます。

  • 赤飯
  • 鯛か鯉のお吸い物(吸う力が強くなるように)
  • 尾頭付きの焼き鯛
  • 煮物
  • 香の物
  • 紅白の餅
  • 歯がため石(丈夫な歯が生えるように)

お椀は漆器、お箸は柳の白木を準備します。

最近は、お椀の代わりに赤ちゃん用の食器、お膳の代わりに赤ちゃん用のラックを使用することもあります。

食べさせる人

長寿にあやかるため、祖父母や親戚の長寿の人が箸を持って食べさせるまねをします。

男の子なら男性に、女の子なら女性が食べさせますが、最近はお父さんお母さんだけで行うことも多く、こだわる必要はありません。

食べさせる順番

  1. ご飯、吸い物、ご飯、魚、ご飯の順番で赤ちゃんの口に持っていき、食べさせるまねをする(3回繰り返す)
  2. 箸を小石に触れ、箸を赤ちゃんの歯茎に当てる
  3. 箸を収める

最近は、お食い初めセットという便利なものが売られているので、子供向けのプラスチックのランチ皿にお食い初めセットを並べると、お手軽にお食い初めを行うことができます。

スポンサーリンク

初誕生

初誕生とは

赤ちゃんの満1歳の誕生日をお祝いする行事を初誕生といいます。

昔は、赤ちゃんの死亡率がとても高く、無事に1歳の誕生日を迎えることはとても難しいことだったので、1歳の誕生日には赤飯や餅を準備し、その後の成長を祈って盛大にお祝いしていました。

餅を用いた儀式

初誕生の内容は地域によって異なりますが、餅を用いた儀式を行った後、祝い膳を食べます。儀式の内容は、餅を背負わせるか餅を踏ませるかで大きく2つに分けられます。

餅を背負わせる

餅を背負わせる儀式は、地域によって「一升餅」、「誕生餅」、「背負餅」、「餅負い」、「転ばせ餅」と呼ばれています。

餅を風呂敷に包んだり、リュックサックに入れたりして赤ちゃんに背負わせるもので、地域によって、背負って歩けたらめでたいという場合と、転んだらめでたいという場合があります。

餅を踏ませる

餅を踏ませる儀式は、「一升餅」、「踏み餅」、「餅ふみ」、「立ち餅」と呼ばれています。

地に足をつけて歩いていけるようにという願いを込めて、赤ちゃんを餅の上に立たせます。

初誕生のお祝い返し

初誕生のお祝いに招待した人については、お祝いに招待したことがお返しになるので、別途お返しする必要はありません。

招待していない人からお祝いが届いた場合には、できるだけ早く、お祝いの1/3から半額程度の品物(赤飯や紅白饅頭)を、お礼状と赤ちゃんの写真を一緒に贈るのが一般的です。

お返しの品物の熨斗紙は、蝶結び紅白水引を使用し、表書きは内祝、下段に赤ちゃんの名前を書きます。

初節句

初節句とは

節句とは、日本の暦の一つで、伝統的な年中行事を行う季節の節目のことです。

初節句とは、赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句のことです。

赤ちゃんの健やかな成長を願って、お父さんお母さんと父方母方の祖父母、親戚などで盛大にお祝いします。

男の子は5月5日の端午の節句で、兜飾りや武者人形を飾ります。

女の子は3月3日の桃の節句で、雛人形を飾ります。

端午の節句の祝い方

武者人形や鎧兜を飾り、柏餅とちまきを供えて、鯉のぼりを立てます。

祝い膳には特に決まりはありません。

桃の節句の祝い方

雛人形と桃の花を飾り、雛あられ、菱餅、白酒を供えます。

祝い膳にはちらし寿司や蛤のお吸い物を準備します。

人形を飾っておく時期と期間

一夜限りは良くないと言われています。

初節句の1~2週間前に飾っておき、初節句が過ぎたら早めに片付けるようにします。

なお、桃の節句は、雨水の日に飾りつけすると良縁に恵まれると言われているようです。

初節句のお祝い返し

初節句のお祝いに招待した人については、お祝いに招待したことがお返しになるので、別途お返しする必要はありません。

招待していない人からお祝いが届いた場合には、できるだけ早く、お祝いの1/3から半額程度の品物(赤飯や紅白饅頭)を、お礼状と一緒に贈るのが一般的です。

ページ上部へ戻る