menu
閉じる
  1. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  2. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  3. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  4. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  8. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  9. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  10. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
閉じる

乳児期の子育て

生後9ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は?よじ登りと伝い歩きが課題?

生後9ヶ月 赤ちゃん 発達 身長 体重

生後8ヶ月の赤ちゃんは、四つん這いやお座りの姿勢で過ごす時間が長くなり、手先を器用に使って遊んだり、色々な座り方にチャレンジしたりします。

移動手段として寝返り返りとハイハイを獲得して移動範囲がグッと広がりますし、何かにつかまって自力で立ち上がることを覚えて高いところに手が届くようになります。

生後9ヶ月の赤ちゃんは、生後8ヶ月までを踏まえてどのように運動機能を発達させていくのでしょうか?

寝返り返り、ハイハイ、つかまり立ちに加え、新しい動きを覚えるのでしょうか?

このページでは、生後9ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達について紹介します。

生後9ヶ月の赤ちゃんがとれる姿勢

生後9ヶ月の赤ちゃんがとれる主な姿勢は、次のとおりです。

  • あおむけ(背臥位)
  • うつぶせ(腹臥位)
  • 四つん這い
  • お座り(座位)
  • 膝立ち
  • 立つ(立位)

あおむけとうつぶせは、赤ちゃんの基本姿勢ですが、生後9ヶ月頃の運動機能の発達を確認する上では重要度が低いので、このページでは割愛しています。

一方で、四つん這い、お座り(座位)、膝立ち、立つ(立位)は、引き続き運動機能の発達を見る上で重要な姿勢です。

それぞれ姿勢のバリエーションが増えますし、よじ登りや伝い歩きといった新しい動きを覚えることにもつながっていきます。

生後9ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:四つん這い

生後9ヶ月の赤ちゃんは、四つん這いの姿勢で素早く移動したり、方向口を変えたりできるようになります。

ハイハイの速度調節や方向転換ができる

赤ちゃんは、生後7~8ヶ月頃にハイハイを覚え、部屋中を所狭しと動き回ります。

生後9ヶ月にはハイハイの動きに慣れ、移動の速度を調節したり、方向転換したりできるようになります。

四つん這いからお座りに姿勢を変える

四つん這いの姿勢から、片膝を曲げて体重をかけ、身体を後ろに下げながらお座りの姿勢になります。

生後7~8ヶ月頃に比べると、スムースに姿勢を変えることができます。

高這いを覚える

生後9ヶ月頃には、四つん這いの状態から両足の裏を床につけてお尻を浮かし、その状態で歩くことがあります。

いわゆる高這いです。

高ばいとは、両手と両足を床につけて体を持ち上げ、両手とつま先で床を押したり蹴ったりして移動することをいいます。

移動する様子が四足歩行で移動するクマに似ていることから、クマ歩きとも呼ばれています。

立ち上がって二足歩行する一歩手前の状態と言えます。

引用:乳児期の子育て

高這いは、ハイハイ以上に両足や上半身をうまく使う必要があるので、ハイハイを始めてから一人歩きを始めるまでの時期に見られることが多くなっています。

ただし、高這いをせず、いきなり一人歩きを始める赤ちゃんもいます。

スポンサーリンク

生後9ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:お座り(座位)

お座りの姿勢は、生後8ヶ月頃より一段とバリエーションが豊富になります。

お座りのバリエーションが増える

生後8ヶ月頃の赤ちゃんは、胡坐(あぐら)をかく、片足だけ前に伸ばす、両足を外側に投げ出すといった座り方ができていました。

生後9ヶ月頃になると、割座(正座の状態から、両足を外側に出してお尻を地面につける座り方。女の子座り)や横座り(正座の状態から、両足を左右どちらかに出してお尻を地面につける座り方、お姉さん座り)を覚えます。

お座りから左右や後ろを向く

生後9ヶ月頃には、安定したお座りができるようになり、横座りした状態で近くのおもちゃを掴んだり、両足を伸ばしてお座りした状態から後ろを振り返ったりできるようになります。

また、下を向いて両手でおもちゃを操作したり、手が届かないところにあるおもちゃにも手を伸ばしたりします。

このように、動きやすいように自由に姿勢を変えられるようになるのが、生後9ヶ月頃の赤ちゃんの特徴です。

生後9ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:膝立ち

生後8ヶ月頃の赤ちゃんは、周囲の大人や子供が立って歩く様子や高い場所への興味から、立ち上がろうとするようになり、まず膝立ちを覚えます。

両膝立ちで遊ぶ

生後9ヶ月の赤ちゃんは、両膝立ちのまま遊ぶことがあります。

もうひと頑張りすれば立ち上がることはできるのですが、両膝立ちした時の視線や手の位置が遊ぶのにちょうど良いと感じると、立ち上がらず両膝立ちの姿勢を維持します。

片膝立ちの姿勢で遊ぶ

片膝立ちの姿勢で遊ぶこともあります。

ただし、両膝立ちに比べるとバランスがとりにくいため、片手は何かにつかまり、もう片方の手でおもちゃなどを掴んで遊ぶことが多いものです。

よじ登りを覚える

生後9ヶ月~10ヶ月頃の赤ちゃんは、段差や階段をよじ登るようになります。

両手を段差につき、両手に体重をかけながら片足を段差にかけて、もう一方の足でグッと床を蹴って登ります。

生後9ヶ月頃の赤ちゃんは、よじ登ることはできますが、よじ登ったところから降りることはできません。

また、よじ登ろうとして手や足を滑らせ、頭を打ったり、段差の下に落ちたりする危険もあるので、慎重に見守ってあげる必要があります。

関連ページ

赤ちゃんが階段等をよじ登る時期はいつから?転落対策は?落ちた時の対応は?


スポンサーリンク

生後9ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:立つ(立位)

生後9ヶ月の赤ちゃんは、テーブルやイスの縁につかまって立ち上がり、縁に沿って伝い歩きを始めます。

伝い歩きを覚える

赤ちゃんは、生後8ヶ月頃につかまり立ちを覚えますが、覚えたての頃は立っているのがやっとです。

生後9ヶ月頃になると、つかまり立ちに慣れてきて、片手をテーブルの上に伸ばしたり、足を一歩二歩と横に移動させたりするようになり、伝い歩きを覚えていきます。

伝い歩きは、テーブルなどの縁に沿って歩くところから始まり、少しずつ片手で縁を持って前を向いて歩くように変化します。

ここまでくれば、一人歩きまであと一歩です。

ただし、つかまり立ちにしても伝い歩きにしても、乳児期の赤ちゃんにとって、立つ姿勢でバランスを維持するのはとても難しいもので、ちょっとした段差や物につまづいたり、大きな物音に驚いたりして簡単に転んでしまいます。

また、立った状態は、頭と床の位置が離れているので、転んだだけでも大ケガになることがあります。

そのため、赤ちゃんがつかまり立ちや伝い歩きを覚えたての頃は、赤ちゃんからできるだけ目を離さず、転びそうになったらすぐ支えてあげられる位置にいてあげましょう。

もし、そばを離れないといけない時は、ベビーサークルの中に入れるなどして、ケガをしにくい状況を造ることが大切です。

大人の手や指を持って歩く

生後9ヶ月頃になると、立った状態で、大人の手や指を持ってバランスを保ちながら歩くことができるようになります。

フラフラしていますし、両足をスッと伸ばすことは難しいですが、足を交互に出し、足の裏をしっかり床につけて歩きます。

慣れないうちは、大人の手や指にぶら下がるような姿勢になることもあります。

スポンサーリンク

まとめ

生後9ヶ月の赤ちゃんは、起きている間はあおむけやうつぶせでジッとしていることはなく、四つん這い、お座り、膝立ち、立った状態など自在に姿勢を変えて遊びます。

ひと口にお座りと言っても、足を伸ばしたり縮めたりして色々な座り方を覚え、横や後ろを向くことも可能になりますし、四つん這いの移動(ハイハイ)からより難しい高這いにチャレンジすることもあります。

段差や階段をよじ登ったり、つかまり立ちの状態から移動を始めたりするのも生後9ヶ月頃です。

赤ちゃんの動きが多彩になる分だけ、ケガや事故の危険も増えるので、親としては安全面の配慮に気を配る必要があります。

ページ上部へ戻る