menu
閉じる
  1. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  2. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  3. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  4. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  7. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  8. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  9. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

生後7ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?夜泣きで寝ない?

生後7ヶ月 赤ちゃん 発達 身長 体重

生後7ヶ月ってこんな時期

生後7ヶ月は乳児期後期と呼ばれる時期です。

体重や身長の伸びは緩やかですが、お座りしておもちゃで遊ぶ、手でものを掴む、ズリバイやハイハイができるようになるなど、運動機能は目覚しく発達します。

また、情緒的な発達が進み、身近な人とそれ以外の人を区別できるようになって人見知り(パパ見知り)が始まります。

離乳食に慣れ、昼型の生活リズムも身についていきます。

一方で、身体のバランスが悪くてすぐに転んだり、夜泣きをしたり、母乳やミルクをたくさん飲んだりと、赤ちゃんらしいところもたくさん残っています。

スポンサーリンク

生後7ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

身長

  • 男の子:65.0cm~73.6cm
  • 女の子:63.1cm~71.9cm

身長の伸びは、体重の増加よりもゆるやかになる傾向があり、生後6ヶ月の頃とほとんど変わらないことも珍しくありません。

体重

  • 男の子:6,730g~9,870g
  • 女の子:6,320g~9,370g

ズリバイやハイハイを始めると、一気に運動量が増えてたくさんエネルギーを消費するようになるので、体重増加はゆるやかになります。

ただし、体重が増加していない場合は、小児科に相談しましょう。

生後7ヶ月の赤ちゃんの特徴

人見知りが始まる

人見知りとは、見慣れない人や知らない人に会ったときに、好奇心と不安や怖さを同時に抱いて葛藤し、泣き出したり、お父さんお母さんを探し求めたりする行動のことです。

生後6ヶ月から生後7ヶ月頃に始まるのが一般的です。

近くの人の顔をじっと見つめ、身近な人ならニコッと微笑んだり、嬉しそうに声を上げたりし、見慣れない人だと泣き出したり怖がったりします。

人見知りが始まると、それまで平気だった人を見て泣き出したり怖がったりするので、人見知りされた人は困惑しますし、お父さんお母さんは気を使ってしまうでしょう。

しかし、人見知りは、自分以外の人に興味を持ち(社会性の芽生え)、自分と自分以外の人、身近な人とそうでない人の違いが分かってきたことの証でもあり、赤ちゃんの成長にとって欠かせないものですから、優しく見守ってあげてください。

人見知りがひどくても心配はいりませんが、いつまでも人見知りがしない場合は、自閉症など発達上の課題を抱えている場合があるので、定期健診などで相談しましょう。

人見知りと同時に、パパ見知り(お父さんに対する人見知り)を始める赤ちゃんもいます。

関連ページ

手の動きが多彩になる

目で見て興味を持ったものに手を伸ばし、押したり、掴んだり、叩いたりできるようになります。

また、右手と左手を合わせたり、右手と左手で別々のものを掴んだり、左手から右手に持ち替えたりと、両手を同時に使うことも覚えます。

掴んだものを落としたり、左右の受け渡しがうまくいかなかったりと失敗はたくさんありますが、失敗を繰り返すうちにメキメキ上達していきます。

お座りしたまま遊べる

生後7ヶ月頃になると、背中に筋肉がしっかりついて、一人でお座りできる赤ちゃんが増えてきます。

また、短い時間なら手をつかずにお座りしていられるようになりますし、お座りした状態で手を伸ばしてものを掴んだり、左右に身体を動かしたりもできます。

ただし、バランスを崩してコロンと倒れることも多いので、赤ちゃんの周りにはものを置かず、座っている赤ちゃんを一人にしないようにしましょう。

関連ページ

ズリバイやハイハイに挑戦

寝返りやお座りがしっかりできるようになった赤ちゃんは、ズリバイに挑戦するようになります。

ズリバイとは、うつぶせでおなかを床につけた状態で、腕や足の裏で床を押したり蹴ったりしながら、前や後ろにはって進むことです。

ズリバイの動作は、太ももの内側の筋肉や足の親指を鍛えますし、ズリバイするときの腰の根元を反らした姿勢は、二足歩行するための大切な基礎になります。

太ももの内側、足の親指の力がつき、腰の反りもできてくると、今度は膝と両手の力を使って四つん這いになり、ハイハイを始めるようになります。

ズリバイやハイハイをいつ始めるかは、個人差がとても大きいものです。

赤ちゃんは、必要な運動機能が備われば自然とズリバイやハイハイを始めるので、焦って練習させたり、心配したりせず、自発的に始めるのを待ってあげましょう。

関連ページ

乳歯が生えてくる

乳歯は、生後6ヶ月から生後9ヶ月頃に生え始めるのが一般的です。

実は、赤ちゃんの乳歯は、生まれる前から歯茎の中に埋まっていて、月齢を経るにつれて少しずつ顔を出すものです。

乳歯が生える前は歯ぐきにかゆみや痛みを感じるため、赤ちゃんは歯ぐきを指で触ったり、ぐずったりするようになります(歯ぐずり)。

歯ぐずりがひどい場合は、歯固めをあげても良いでしょう。

乳歯が生えた後は、虫歯に注意する必要があります。

乳歯の下では永久歯が作られており、乳歯が抜け落ちるのをあごの中で待っているので、乳歯が虫歯になると、永久歯にも虫歯菌が感染するリスクが高くなってしまいます。

食事の後は、食べかすが残らないよう白湯を飲ませたり、濡らしたガーゼで歯ぐきと歯を拭いてあげましょう。

関連ページ

生後7ヶ月の赤ちゃんの母乳とミルク

生後7ヶ月の赤ちゃんは、4~5時間ごと(1日に5回くらい)、母乳やミルクを飲みますが、個人差や体調によって差があります。

ミルクの場合、1回あたりの授乳量は200~230mlが目安です。

離乳食へ移行するに連れて、授乳量は減らしていくことになりますが、まだまだ離乳食だけでは必要な栄養全てを得ることはできません。

赤ちゃんが母乳やミルクを欲しがるときは、好きなだけ飲ませてあげましょう。

ただし、生活リズムを整えるため、授乳時間や間隔は一定にしていきます。

生後7ヶ月の赤ちゃんの離乳食

離乳食とは、赤ちゃんの栄養源を、母乳やミルクから食べ物に切り替えるために食べさせる食品のことです。

赤ちゃんの食生活を、液体の母乳やミルクを飲むことから、固形の食品を食べることに切り替えていくために不可欠なものです。

最初は流動食のようなとろとろで薄味の離乳食を食べさせ、徐々に粒を大きくしていきます。

トロトロの食べ物をしっかりゴックンと飲み込めるようになったら、舌でつぶせる固さの粒状の離乳食を食べさせるようにします。

赤ちゃんが離乳食を嫌がらないなら、1日1回から1日2回に増やしてみましょう。

離乳食を始めた後のうんち

いろいろな種類の離乳食を食べるようになると、食べたものによってうんちの色や硬さがコロコロ変化します。

便秘気味になったり、反対に軟便になったりしますし、食べたものが消化されずにうんちとして出ることもあります。

便秘が続く場合には、水分をしっかり補給し、おなかのマッサージや浣腸で排便を促してあげましょう。

関連ページ

生後7ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

生後7ヶ月の赤ちゃんは、日中に起きて遊んでいる時間が長くなります。

お座りしながら遊ぶ、ズリバイやハイハイで移動するなど、できることが劇的に増える時期なので、身体を目一杯使って遊び、たくさんエネルギーを使います。

昼過ぎになると2~3時間くらい眠り、夕方ころまでぐっすり眠ります。

夜の睡眠時間も長くなり、朝まで一度も起きない日も増えてくるでしょう。

一方で、夜泣きをたくさんする赤ちゃんや、数時間ごとにぐずる赤ちゃんもいます。

生活リズムを整えてあげる

昼型の生活リズムが身についていない場合は、お父さんお母さんのサポートが必要です。

例えば、母乳やミルクをあげる時間を4~6時間おきにする、毎日同じ時間に沐浴させる、昼間は一緒に散歩したり遊んだりし、夜は早めに照明を落とし静かにして赤ちゃんがよく寝られる環境を整えるといったサポートが考えられます。

こうしたサポートをしても、生活リズムが完全に確立されるわけではなく、昼間に寝たり、夜中に起きたりすることもよくあります。

そんな場合は、無理やり寝かしつけたり、母乳やミルクを与えなかったりすると赤ちゃんのストレスになり、かえって生活リズムが乱れる要因になるので、赤ちゃんのリズムを尊重しつつ、少しずつ規則正しい生活リズムに修正していくことが大切です。

関連ページ

夜泣き

夜泣きの主な対策は、次のとおりです。

  • 赤ちゃんと一緒に寝る(赤ちゃんが寝た後も一人にしない)
  • 夜泣きを始めたら、赤ちゃんの身体に手を当てて声をかける
  • おっぱいをくわえさせる

ただし、こうした対応をしても、夜泣きを続ける赤ちゃんは少なくありません。

夜泣きは、はっきりとした理由が分からないので、対応するのがとてもしんどいもので、夜泣きの期間が長くなるほど疲労やストレスが蓄積していきます。

お父さんお母さんが交代で対応したり、実家が近い場合はおじいちゃんおばあちゃんの助けを借りたりしながら乗り切りましょう。

関連ページ

月齢に合った服を着せてあげる

寝返り、お座り、ズリバイなど行動のバリエーションが増える時期なので、季節や体調を考えた上で、動きやすい服を着せてあげましょう。

赤ちゃんは、大人よりも体温が高く汗っかきなので、着せる枚数は大人よりも1枚少なめが基本です。

また、手袋やミトン、靴下はなるべく使用を控えましょう。

①脳の発達には、手足で直接ものに触れることがとても大切になる、②素手の方がものを掴みやすく、素足の方がズリバイやハイハイをしやすいからです。

冬場でも、室内では暖房をきかせ、カーペットを敷くなどして、なるべく素手・素足で過ごさせてあげましょう。

B型ベビーカーが使えるようになる

ベビーカーには、大きく分けるとA型とB型の2つの型があります。

  • A型ベビーカー:国内の安全基準で、「新生児期を過ぎたまだ首が据わらない乳児から、又は一人でおすわりができる(腰がすわる)月齢になる前から使用でき、最長でも48月までの間で資料期間を定めた乳母車」と定められたベビーカー
  • B型ベビーカー:国内の安全基準で、「座位姿勢で使用する乳母車であり、おすわりができる時期から使用でき、最長でも48月までの間で試用期間を定めた乳母車」と定められたベビーカー

B型ベビーカーの多くは、赤ちゃんの首や腰がすわる生後7ヶ月から使用可能になります。

B型ベビーカーは、A型ベビーカーに比べて軽量で小回りが利くのが特徴のベビーカーなので、より気軽に、より長時間お出かけしやすくなります。

なお、座席が可動式のA型ベビーカーについては、生後6ヶ月から生後7ヶ月頃から背もたれを起こして使用できるようになります。

関連ページ

月齢ごとの発達に戻る:月齢ごとの成長

生後6ヶ月に戻る:生後6ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?発熱がひどい?

生後8ヶ月に進む:生後8ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?離乳食は?

ページ上部へ戻る