menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  2. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  3. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  4. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  7. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  10. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
閉じる

乳児期の子育て

生後7ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は?お座りとズリバイはできる?

生後7ヶ月 赤ちゃん 発達 身長 体重

生後6ヶ月の赤ちゃんは、あおむけの状態では、右手で左足を掴むといった左右非対称の動きや寝返りを覚え、うつぶせの状態では、腕や身体を動かして身体の向きを変えられるようになり、ズリバイのような動きを見せることもあります。

また、お座りの姿勢を保っていられるようになり、立たせた状態でも足を床につけて短い時間なら体重を支えていられます。

では、生後7ヶ月頃になると、赤ちゃんの運動機能はどのように発達していくのでしょうか?

自力でお座りしたりズリバイしたりできるようになるでしょうか?

このページでは、生後7ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達について紹介します。

生後7ヶ月の赤ちゃんがとれる姿勢

生後6ヶ月頃までの赤ちゃんができる姿勢は、あおむけ(背臥位)、うつぶせ(腹臥位)、お座り(座位)、立つ(立位)です。

生後7ヶ月になると、これに加えて四つん這いの姿勢を覚えます。

また、ズリバイ(腹ばい)と支えながらの歩行ができるようになります。

生後7ヶ月の赤ちゃんの運動機能を確認する時にとらせる姿勢は、次のとおりです。

  • あおむけ(背臥位)
  • うつぶせ(腹臥位)
  • 四つん這い
  • お座り(座位)
  • 立つ(立位)

一つひとつの姿勢について、生後7ヶ月の赤ちゃんができることを見ていきましょう。

生後7ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:あおむけ(背臥位)

生後7ヶ月の赤ちゃんは、あおむけの状態からうつぶせの状態へ寝返りしたり、近くの物に手を伸ばしたり、掴んだ物で遊んだりというように、とにかくジッとしていません。

寝返りする

赤ちゃんは、生後6か月頃から自分の意思で寝返りすることを覚え、生後7ヶ月頃になると、よりスムースに寝返りできるようになります。

しかし、寝返り返り(うつぶせの状態からあおむけの状態に戻ること)は難しいことが多く、寝返りしては「元に戻して~」と要求し、あおむけに戻ると、すぐまた寝返りするということを繰り返します。

親の手を握って起き上がろうとする

生後5ヶ月頃までの赤ちゃんは、親が両腕を持って引き起こそうとすると、引き起こし反射(原始反射)によって頭や身体を持ち上げていました。

しかし、生後7ヶ月頃の赤ちゃんは、親が両手を差し出すと、親の指をガシッと掴んで腕を引き、両足を伸ばして自力で起き上がることができます。

ただし、何かの拍子で指を離して後頭部を床にぶつける危険があるので、少なくとも片方の手は、親が赤ちゃんの腕を持つようにしましょう。

  • 引き起こし反射:あおむけの赤ちゃんの両手を持って引き起こすと、頭が持ち上がり、両手両足や身体が曲がって起き上がる原始反射

頭を持ち上げたり、足で物に触れたりする

あおむけの状態で頭を持ち上げて、足の方を眺めたり、お腹の近くに差し出されたおもちゃを掴んだりします。

また、足を伸ばして、高いところにある物に触れたりすることもあります。

スポンサーリンク

生後7ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:うつぶせ(腹臥位)

赤ちゃんは、生後7ヶ月になると、起きている間はうつぶせで過ごす時間が長くなります。

姿勢や向きを変える

生後7ヶ月の赤ちゃんは、うつぶせの状態でジッとしていることはほとんどなく、床に手の平をついて腕の力で身体を持ち上げたり、腕や足を使って身体の向きを変えたりします。

また、近くの物に手を伸ばし、届かないと身体をグッと伸ばして掴もうとすることもあります。

ズリバイ(腹ばい)を覚える

生後7ヶ月頃になると、個人差はあるものの、ズリバイを始める赤ちゃんが出てきます。

ズリバイとは、お腹を床につけた状態で、腕や足の裏で床を押したり蹴ったりして、前や後ろに這って進む動きです。

ズリバイを覚えたての頃は、足で床を蹴る一方で腕を突っ張り、後ろ向きに進むことがありますが、繰り返すうちに自分で気づき、腕の動かし方を覚えて前に進めるようになります。

関連ページ

赤ちゃんのズリバイ時期と練習はいつから?ハイハイとの違い、後ろ向は病気?

生後7ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:四つん這い

生後7ヶ月頃の赤ちゃんが新しく覚える姿勢が、四つん這いです。

赤ちゃんは、両腕で上半身を持ち上げ、足を片方ずつ折り曲げてから、ゆっくりと下半身を持ち上げて四つん這いの姿勢になります。

身体を前後左右に揺さぶる

最初は、両手両足で身体を支えて前後に揺れるのがやっとです。

前のめりになって顔を床にぶつけたり、バランスを崩して横に転ぶこともあるので、近くで見守ってあげる必要があります。

慣れてくると前後左右に身体を揺さぶって遊ぶようになりますが、両手両足を交互に動かしてハイハイを始めるのは、まだ難しいことが多いです。

生後7ヶ月以前から四つん這いの練習をさせることもありますが、赤ちゃんの身体への負担を考えると、自発的に四つん這いを始めるのを待つのが安全です。

お座りの姿勢になることもある

四つん這いの状態で身体を揺すっているうちに、後ろに重心が移ってお座りのような姿勢になることがあります。

最初は偶然で、お尻の下に足が挟まることもありますが、少しずつ上手にお座りの姿勢に移ることができるようになります。

スポンサーリンク

生後7ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:お座り(座位)

生後7ヶ月の赤ちゃんは、お座りの姿勢が安定します。

また、うつぶせから四つん這い、四つん這いからお座りへと自力で姿勢を変えることを覚え、反対に、お座りから四つん這い、四つん這いからうつぶせへと姿勢を変えることも可能になります。

両手をつかずにお座りの姿勢を維持できる

赤ちゃんは、生後6ヶ月頃には、両手を床についてお座りの姿勢を維持していました。

しかし、生後7ヶ月頃になると、身体のバランス感覚が向上し、両手を放した状態でもお座りの姿勢を保っていられるようになります。

お座りの姿勢で両手を使って遊ぶ

両手を床につけずにお座りできることで、両手で近くのおもちゃを掴んだり、両手を使っておもちゃで遊んだりすることが可能になり、手先の器用さが向上していきます。

また、お座りの姿勢で身体を動かすことで、さらにバランス感覚が養われ、身体の動かし方も上手になります。

ただし、物音や慣れない刺激に驚いてバランスを崩すことはあるので、赤ちゃんがお座りしている時は、できるだけそばで見守ってあげましょう。

お座りから四つん這いへと姿勢を変える

お座りの姿勢から、両手を前方の床につけて、足をお尻の方に下げて四つん這いの姿勢になることができます。

そして、四つん這い姿勢から足を後ろに伸ばしてうつぶせになる動きも覚えます。

生後7ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:立つ(立位)

生後7ヶ月頃の赤ちゃんは、両わきを支えていれば自分の足で立っていることができます。

足を交互に出して歩く

赤ちゃんは、低月齢の頃は、自立歩行反射によって足を交互に出していました。

生後7ヶ月頃になると、両わきを支えて立たせると、自分の意思で足を交互に上げて前に出すようになります。

スポンサーリンク

まとめ

生後7ヶ月の赤ちゃんは、あおむけでもうつぶせでもジッとしていることはなく、しきりに身体や手足を動かして方向転換したり、おもちゃで遊んだりしており、それによって身体の使い方を覚えていきます。

自分の意思で寝返りを打てるようになり、ズリバイ移動も覚えて移動範囲がグッと広がりますし、自力でうつぶせ、四つん這い、お座りの姿勢をとることができるようになります。

また、両手を床につかずにお座りを維持できるようになることで、両手を使った遊びを覚え、手先の器用さも向上していきます。

できることが増える一方で、転倒や衝突など事故やケガの危険も高くなるので、親としては、赤ちゃんが安全に過ごせる環境の整備と、できる限りそばで見守ってあげることが大切になります。

ページ上部へ戻る