menu
閉じる
  1. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  2. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  3. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  4. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  7. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
閉じる

乳児期の子育て

生後6ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?発熱がひどい?

赤ちゃん 乳児期 生後6ヶ月

生後6ヶ月ってこんな時期

乳児期は、人生で最も身体が発育する時期ですが、特に発育の著しい前期と、発育の勢いが落ち着いてくる後期に分けられます。

生後6ヶ月は乳児期の後期に入る時期で、前期に比べると身長や体重など目に見える部分の発育は緩やかになります。

一方で、寝返りやお座りができるようになったり、赤ちゃんによっては乳歯が生えてきたりと、体の発育や運動機能の発達が目覚しい時期です。

また、出生時にお母さんからもらった免疫の効果が薄れてくる時期でもあり、風邪をはじめとする病気にかかりやすくなるため、これまで以上に赤ちゃんの体調管理に気を遣う必要があります。

内面では、情緒的な発達が進み、身近な人とそれ以外の人を区別できるようになって人見知り(パパ見知り)が始まります。

寝る時間や起きる時間、授乳の時間が決まり、大人と同じ生活リズムの基礎が身についていきます。

スポンサーリンク

生後6ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

身長

  • 男の子:63.6cm~72.1cm
  • 女の子:61.7cm~70.4cm

1ヶ月に1cmくらいの成長が目安になります。

ただし、個人差はとても大きいので、赤ちゃんの身長が成長曲線の範囲内であれば心配はいりません。

体重

  • 男の子:6,440g~9,570g
  • 女の子:6,060g~9,050g

1ヶ月の体重増加が450gくらい(1日15g前後)が目安になります。

身長と同じで個人差が大きいので、成長曲線の範囲内であれば心配はいりません。

他の赤ちゃんより体重が多いもしくは少ないからといって、母乳やミルクの量を減らしたり増やしたりすると、赤ちゃんが体調を崩す原因になるので控えてください。

赤ちゃんの体重がどうしても気になる場合は、小児科や6ヶ月健診で相談して対応を検討しましょう。

スポンサーリンク

生後6ヶ月の赤ちゃんの特徴

人見知りが始まる

人見知りとは、見慣れない人や知らない人に会ったときに、好奇心と不安や怖さを同時に抱いて葛藤し、泣き出したり、お父さんお母さんを探し求めたりする行動のことです。

生後6ヶ月から生後7ヶ月頃に始まるのが一般的です。

近くの人の顔をじっと見つめ、身近な人ならニコッと微笑んだり、嬉しそうに声を上げたりし、見慣れない人だと泣き出したり怖がったりします。

人見知りが始まると、それまで平気だった人を見て泣き出したり怖がったりするので、人見知りされた人は困惑しますし、お父さんお母さんは気を使ってしまうでしょう。

しかし、人見知りは、自分以外の人に興味を持ち(社会性の芽生え)、自分と自分以外の人、身近な人とそうでない人の違いが分かってきたことの証でもあり、赤ちゃんの成長にとって欠かせないものですから、優しく見守ってあげてください。

人見知りがひどくても心配はいりませんが、いつまでも人見知りがしない場合は、自閉症など発達上の課題を抱えている場合があるので、定期健診などで相談しましょう。

人見知りと同時に、パパ見知り(お父さんに対する人見知り)を始める赤ちゃんもいます。

関連ページ

原始反射が消失していく

赤ちゃんが、自分の体をコントロールできるようになるにつれ、生まれ持った原始反射が少しずつ消失していきます。

生後6ヶ月頃になくなる主は原始反射は、次のとおりです。

手の把握反射

指などを赤ちゃんの手のひらに触れさせると、手のひらをギュッと握る反射のことを把握反射といいます。

握り反射、手掌把握反射ともいいます。

吸啜反射

乳首や哺乳瓶など口に入ってきたものをくわえて吸う反射を、吸啜反射といいます。

赤ちゃんが母乳やミルクを飲むために必要な反射です。

関連ページ

寝返りで元気に移動

生後6ヶ月頃になると、多くの赤ちゃんは寝返りや寝返り返りをマスターし、布団の上を自由に移動するようになります。

2回3回と連続して寝返りしたり、少しの段差くらいなら乗り越えたりできるようになるため、赤ちゃんの周りから危険なものを取り除いておく必要があります。

生後6ヶ月を過ぎても寝返りする様子がないときは、定期健診で相談してみましょう。

関連ページ

お座りできるようになる

お座りは、赤ちゃんの発育や発達状態を知るための大切な指標になり、定期健診でも必ずチェックされます。

生後6ヶ月頃になると、お父さんお母さんに支えてもらったり、何かに掴まったりしなくても、お座りができるようになる赤ちゃんが増えてきます。

お座りしたての頃は、背中を丸めて頭を前の方に出し、両方の手のひらを床や膝につけて体のバランスを保とうします。

まだまだ座っていられる時間は短く、座って何かをするのも難しいでしょう。

バランスを崩して、だるまさんのように前後左右に転がることもあるので、転んでも怪我しないようマットを敷いたり、尖った箇所にパットを当てたりする配慮が必要です。

関連ページ

乳歯が生えてくる

乳歯は、生後6ヶ月から生後9ヶ月頃に生え始めるのが一般的です。

実は、赤ちゃんの乳歯は、生まれる前から歯茎の中に埋まっていて、月齢を経るにつれて少しずつ顔を出すものです。

乳歯が生える前は歯ぐきにかゆみや痛みを感じるため、赤ちゃんは歯ぐきを指で触ったり、ぐずったりするようになります(歯ぐずり)。

歯ぐずりがひどい場合は、歯固めをあげても良いでしょう。

乳歯が生えた後は、虫歯に注意する必要があります。

乳歯の下では永久歯が作られており、乳歯が抜け落ちるのをあごの中で待っているので、乳歯が虫歯になると、永久歯にも虫歯菌が感染するリスクが高くなってしまいます。

食事の後は、食べかすが残らないよう白湯を飲ませたり、濡らしたガーゼで歯ぐきと歯を拭いてあげましょう。

関連ページ

病気や発熱に注意

赤ちゃんは、出生時にお母さんから病気の免疫をもらうため、新生児期から生後5ヶ月から生後6ヶ月頃までは、風邪をはじめとする病気にかかりにくいものです(100%ではありませんし、免疫をもらえない病気もあります。)。

しかし、生後5ヶ月から生後6ヶ月頃になると、お母さんにもらった免疫の効果が薄くなり、病気にかかりやすくなります。

そのため、これまで以上に体調管理を徹底するとともに、病気を予防することが大切になります。

うけ忘れている予防接種があれば、期間内にしっかり受けさせてあげましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

生後6ヶ月の赤ちゃんの母乳とミルク

生後6ヶ月の赤ちゃんは、おおむね4~5時間ごとに1度(1日に5回くらい)、母乳やミルクを飲むのが一般的ですが、個人差や体調によって飲む量は異なります。

また、離乳食を始めている場合でも、赤ちゃんの主な栄養源はまだまだ母乳とミルクなので、赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

赤ちゃんが母乳やミルクを欲しがる時間帯や間隔は一定になっていくものですが、バラバラのままの場合は、授乳の時間帯や間隔を調整してあげましょう。

授乳時間や授乳間隔が極端に短い場合は1度の授乳量を確認し、異常があれば小児科を受診しましょう。

母乳が足りなくなっている場合は、離乳食を始める目安になります。

離乳食

離乳食とは、赤ちゃんの栄養源を、母乳やミルクから食物に切り替えるために食べさせる食品のことです。

赤ちゃんの食生活を、液体の母乳やミルクを飲むことから、固形の食品を食べることに切り替えていくために不可欠なものです。

最初は流動食のようなトロトロで薄味の離乳食を食べさせ、徐々に粒を大きくしていきます。

一種類の離乳食を離乳食用のスプーン1さじ食べさせて、嫌がらないようなら少しずつ食べる量や種類を増やしていくようにします。

食事のリズムを整えておくため、毎日同じ時間に食べさせるようにします。

最初は離乳食に抵抗を示す赤ちゃんもいますし、日によって離乳食を食べたり食べなかったりする赤ちゃんもいます。

ちゃんと食べてくれないと不安になると思いますが、赤ちゃんにとって離乳食は、食べ方が「飲む」から「食べる」に変わり、「道具」を使う必要があるなど初めての体験なので、慣れるのに時間がかかるのが普通です。

離乳食を食べさせる上で一番大切なのは、赤ちゃんがストレスを感じず、自ら進んで離乳食を食べるようになることです。

そのため、赤ちゃんのペースを大切にしてあげましょう。

ちなみに、赤ちゃんに食べさせる前に、お父さんお母さんが先に食べるふりをすると、赤ちゃんが興味を持つこともありますから、試してみてください。

離乳食を始めた後のうんち

離乳食を始めると、便秘気味になったり、反対に軟便になったりします。

突然、母乳やミルク以外のものが入ってきて、赤ちゃんのおなかが驚いてしまうためですが、一時的なものなので心配はいりません。

便秘が続く場合には、おなかのマッサージや浣腸で排便を促してあげましょう。

関連ページ

生後6ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

生後6ヶ月の赤ちゃんは、昼と夜の区別がつき、「昼は遊んで、夜は寝る。」という生活リズムが身についてきます。

運動能力が発達し、寝返りやお座りもできるようになってくるので、起きている時間は身体を目一杯動かして遊びます。

お昼寝は、朝と昼に一度ずつになるのが一般的です。

日中にたくさん遊んだ分、夜はぐっすり眠れるようになりますが、日によってはおなかを空かしたり夜泣きをしたりすることもあります。

生活リズムを整えてあげる

昼型の生活リズムが身についていない場合は、お父さんお母さんのサポートが必要です。

例えば、母乳やミルクをあげる時間を4~6時間おきにする、毎日同じ時間に沐浴させる、昼間は一緒に散歩したり遊んだりし、夜は早めに照明を落とし静かにして赤ちゃんがよく寝られる環境を整えるといったサポートが考えられます。

こうしたサポートをしても、生活リズムが完全に確立されるわけではなく、昼間に寝たり、夜中に起きたりすることもよくあります。

そんな場合は、無理やり寝かしつけたり、母乳やミルクを与えなかったりすると赤ちゃんのストレスになり、かえって生活リズムが乱れる要因になるので、赤ちゃんのリズムを尊重しつつ、少しずつ規則正しい生活リズムに修正していくことが大切です。

関連ページ

夜泣き

夜泣きの主な対策は、次のとおりです。

  • 赤ちゃんと一緒に寝る(赤ちゃんが寝た後も一人にしない)
  • 夜泣きを始めたら、赤ちゃんの身体に手を当てて声をかける
  • おっぱいをくわえさせる

ただし、こうした対応をしても、夜泣きを続ける赤ちゃんは少なくありません。

夜泣きは、はっきりとした理由が分からないので、対応するのがとてもしんどいもので、夜泣きの期間が長くなるほど疲労やストレスが蓄積していきます。

お父さんお母さんが交代で対応したり、実家が近い場合はおじいちゃんおばあちゃんの助けを借りたりしながら乗り切りましょう。

関連ページ

6ヶ月健診

産婦人科を退院してから、3回目の定期健診です(6ヶ月健診がない地域もあります。)。

6ヶ月健診では、身長、体重をはじめとする身体の発育状況に加えて、視覚、聴覚、寝返り、おすわりなどの発達をチェックします。

チェックする内容は、次のとおりです。

  • 身体測定(身長、体重など)
  • お座り
  • 寝返り
  • 視覚・聴覚
  • 内科と整形外科の診察
  • 神経の発達状態
  • 栄養状態

月齢ごとの発達に戻る:月齢ごとの成長

生後5ヶ月に戻る:生後5ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?寝返りが始まる?

生後7ヶ月に進む:生後7ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?夜泣きで寝ない?

ページ上部へ戻る