menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  2. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  3. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  4. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  8. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  9. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  10. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
閉じる

乳児期の子育て

生後4ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?夜中に起きる?

赤ちゃん 乳児期 生後4ヶ月

生後4ヶ月ってこんな時期

生後4ヶ月の赤ちゃんは、母乳やミルクを飲む量を自分でコントロールできるようになり、飲む量に差が出てくるため、身長や体重などの個人差が大きくなっていきます。

また、日中に動き回る頻度や眠る時間など、赤ちゃん一人一人の個性もしっかり出てくるようになります。

人見知り(パパ見知り)が始まる赤ちゃんもいます。

スポンサーリンク

生後4ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

身長

  • 男の子:59.9cm~68.5cm
  • 女の子:58.2cm~66.8cm

生後4ヶ月頃になると、生まれ持った体型や、母乳やミルクを飲む量によって、赤ちゃんの身長差が大きくなっていきます。

そのため、つい他の赤ちゃんと比べてしまいがちです。

しかし、大切なのは、周囲との差よりも成長曲線の範囲内かどうかです。

成長曲線の範囲内であれば、順調に成長していることを褒めてあげ、赤ちゃんなりの成長のペースを暖かく見守ってあげましょう。

成長曲線を大きく逸脱している場合は、早めに小児科を受診して相談しましょう。

体重

  • 男の子:5,670g~8,720g
  • 女の子:5,350g~8,180g

身長と同じで、赤ちゃんによって差が出てくる時期です。

他の赤ちゃんと比べるのではなく、成長曲線の範囲内かどうか、身長と体重のバランスがとれているかどうかに着目しましょう。

なお、体重の伸びは、生後3ヶ月までよりもゆるやかになっていきます。

赤ちゃんが元気に動き回り、エネルギーをたくさん使うようになるからです。

生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴

首がすわり、手足の動きも活発になる

生後4ヶ月になると、多くの赤ちゃんは首がすわり、首、手足、背中の筋肉も発達します。

うつぶせに寝かせると、首を力強く持ち上げますし、赤ちゃんの両脇を支えて座らせると、短時間なら座っていられるようになります。

音がした方を振り向き、おもちゃを見つけると手を伸ばして掴むなど、目や耳で見聞きしたことと手の動きが連動するようになります。

また、興味のあるものに手を伸ばして掴み、ぶんぶん振り回したり、口の中に入れたりもします。

赤ちゃんは、触っていいものや、口に入れていいものの区別がつかないので、赤ちゃんの周りに危険なものを置かない配慮が必要になってきます。

関連ページ

お父さんお母さんの協力が大切

赤ちゃんの運動能力や身体の発達には、お父さんお母さんの協力が欠かせません。

あおむけの赤ちゃんの両手を引いて体を起こしたり、うつぶせにしたり、脇を抱えて座らせたり立たせたりといった、日頃のちょっとした働きかけで赤ちゃんの発達を促すことができるので、積極的にやってみましょう。

泣き方にバリエーションが出てくる

赤ちゃんは、生後4ヶ月頃になると、「泣きわけ」ができるようになります。

おなかが空いたとき、うんちしておむつが気持ち悪いとき、お父さんお母さんに甘えたいときなど、微妙に泣き方を変えて泣くようになります。

赤ちゃんにとって泣くことは、自分の意思や欲求を周囲に伝える大切な手段です。

泣きわけは、表現手段に磨きをかけ、より自分の意思や欲求を周囲に伝えようとしていることの表れです。

病気に注意

生後4ヶ月ころは、赤ちゃんがいろいろな病気にかかる確率が高くなってくる時期です。

腸重積症

生後4ヶ月以降、特に気をつけたいのが腸重積症です。

腸重積症とは、腸管の一部が腸管の別の部分に入り込んでしまう病気で、生後4ヶ月から1歳までの発症率が特に高くなっています。

腸重積症を放置すると、脱水、腸の壊疽(壊死)、腹膜炎の合併など深刻な症状が生じてしまい、最悪の場合は死亡します。

関連ページ

乳幼児突然死症候群(SIDS)

健康状態に目立った問題のなかった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく、眠っている間に突然死亡してしまう病気のことを乳幼児突然死症候群といいます。

家庭の経済水準、虐待の有無、育児方法などとは関係のない病気です。

Sudden Infant Death Syndromeを略してSIDSと呼ばれています。

1歳未満の赤ちゃんに多くみられるとされていますが、実際は、生後2ヶ月から生後6ヶ月、特に生後4ヶ月頃の赤ちゃんに多いと言われています。

関連ページ

原始反射がなくなっていく

赤ちゃんが、自分の体をコントロールできるようになるにつれ、生まれ持った原始反射が少しずつなくなっていきます。

生後4ヶ月頃になくなっていく原始反射は、次のとおりです。

モロー反射

モロー反射とは、赤ちゃんを仰向けにした状態で頭を下ろしたときに、あっと驚くポーズ(両腕を外側に向けて開く)をして、それから両腕を自分の体に引き寄せる反射のことです。

非対称性緊張頸反射

仰向けに寝かせた赤ちゃんの首を右側に向けると、右の手足が伸びて、左の手足が曲がる反射のことを非対称性緊張頸反射といいます。

手の把握反射

指などを赤ちゃんの手のひらに触れさせると、手のひらをギュッと握る反射のことを把握反射といいます。

握り反射、手掌把握反射ともいいます。

関連ページ

喃語を話し始める

生後4ヶ月頃になると、多くの赤ちゃんが「あ、あ」「う~」「あうあ~」など比較的単純な喃語を話すようになります。

最初は、クーイングと聞き間違えるような単純なものが多いですが、月齢を経るにつれて少しずつバリエーションが増え、声の調節もできるようになって、次第に意味のある言葉になっていきます。

赤ちゃんが喃語を話したら、しっかり受け答えしてあげましょう。

喃語に対して周囲が反応し、また赤ちゃんが喃語を出すというプロセスは、赤ちゃんの言語獲得にとって大切です。

関連ページ

人見知りを始めることも

人見知りは、生後6ヶ月から生後1年くらいの時期に出てくることが多いものですが、生後4ヶ月頃から始める赤ちゃんもいます。

人見知りは、赤ちゃんが自分以外の人について、「あ、この人はいつもおっぱいをくれる人だ。」、「いつも抱っこしてくれるから好き!」、「あれ、この人見たことない!誰?!」などと、いつも一緒にいる人と、そうでない人を区別できるようになった証拠です。

人見知りを全くしない場合は、発達障害を疑う要因になります。

しかし、生後4ヶ月で人見知りをする赤ちゃんは少数派なので、まだ心配する必要はありません。

なお、人見知りと同時に、お父さんに対する人見知り(パパ見知り)を始める赤ちゃんもいます。

関連ページ

生後4ヶ月の赤ちゃんの母乳とミルク

生後4ヶ月の赤ちゃんは、飲む力がついてくるので、一度飲むと3~4時間くらい過ごせるようになります。

中には、一度母乳やミルクを飲むと5~6時間ぐっすり眠る赤ちゃんもいます。

ただ、暑い季節には、喉が渇いて頻繁に母乳やミルクを欲しがることもありますし、生後3ヶ月の頃よりも飲む量が減ることもあります。

生後4ヶ月の赤ちゃんは、母乳やミルクを飲む量を自分でコントロールしているので、赤ちゃんが欲しがらず、身長や体重に目立った問題がないのであれば、無理に飲ませる必要はありません。

赤ちゃんが欲しがる量が、赤ちゃんにとってちょうど良い量だと考えてください。

生後4ヶ月の赤ちゃんの離乳食

書籍やサイトには、生後4ヶ月頃から離乳食を始めることを促しているものがたくさんあります。

しかし、生後4ヶ月の赤ちゃんは、母乳やミルク以外から栄養を摂取するのはまだ難しいものです。

離乳食を始めるにしても食べる練習くらいにとどめ、本格的な離乳はもう少し月齢が経ってから始めましょう。

生後4ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

生後4ヶ月の赤ちゃんは、昼と夜の区別をつけられるようになってくるので、昼は起きて元気に遊び、夜はこれまでよりもまとまった睡眠をとるようになります。

夜中に起きる回数は1~2回くらいになり、一度寝ると朝までぐっすり眠れる赤ちゃんも増えてきます。

一方で、生活リズムが昼夜逆転している、たそがれ泣きが続いている、夜泣きを始める赤ちゃんも少なくありません。

生後4ヶ月頃からは、赤ちゃんが昼型の生活リズムを身につけられるようサポートを始めましょう。

例えば、母乳やミルクをあげる時間を4~6時間おきにする、毎日同じ時間に沐浴させる、昼間は一緒に散歩したり遊んだりし、夜は早めに照明を落とし静かにして赤ちゃんがよく寝られる環境を整えるといったサポートが考えられます。

こうしたサポートをしても、生活リズムが完全に確立されるわけではなく、昼間に寝たり、夜中に起きたりすることもよくあります。

そんな場合は、無理やり寝かしつけたり、母乳やミルクを与えなかったりすると赤ちゃんのストレスになり、かえって生活リズムが乱れる要因になるので、赤ちゃんのリズムを尊重しつつ、少しずつ規則正しい生活リズムに修正していくことが大切です。

関連ページ

スポンサーリンク

お出かけ

赤ちゃんは、生後3ヶ月のころよりも起きている時間が増え、周囲に対する興味関心も増してくるので、赤ちゃんの体調や天気を見ながら積極的にお出かけしましょう。

近場であれば抱っこして、ちょっと遠出する場合は抱っこひもやベビーカーに乗せてあげます。

赤ちゃんとのお出かけで持っていきたいもの

母子手帳、健康保険証、医療証、おむつ、おしりナップ、ガーゼハンカチ、着替えなどは必需品です。

授乳ケープやストールなども準備しておくと便利です。

ミルクは、作った瞬間から時間の経過とともに雑菌が増えていきますし、冷めてしまうので、30分以上持ち歩くのは控えるようにしてください。

遠出する場合は、飲ませる前に作ってあげるようにします。

関連ページ

スポンサーリンク

日焼け対策

お出かけの頻度が増えると、それだけ日焼けのリスクも高くなるので、日焼け対策はしっかりしておきましょう。

肌が露出するところは日焼け度目をしっかり塗り、服やベビーカーのひさしなどで直射日光が当たらないよう調整しましょう。

関連ページ

月齢ごとの発達に戻る:月齢ごとの成長

生後3ヶ月にもどる:生後3ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?3ヶ月健診は?

生後5ヶ月に進む:生後5ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?寝返りが始まる?

ページ上部へ戻る