menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  4. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  5. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  6. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  7. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  10. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
閉じる

乳児期の子育て

生後11ヶ月の赤ちゃんの身長と体重、生活リズムは?昼寝はしない?

生後11ヶ月 赤ちゃん 身長 体重

生後11ヶ月ってこんな時期

生後11ヶ月の赤ちゃんは、ハイハイ、つかまり立ち、伝い歩きなどで部屋の中を自由に動き回り、目につくものを何でもおもちゃにして遊びます。

また、身近な人の会話や行動を見聞きして、コミュニケーション能力や社会性の基礎を身につけていきます。

昼型の生活リズムが身につき、夜の睡眠時間も長くなりますが、夜泣きに悩まされることも少なくありません。

離乳食は後期に入り、食べられる量も種類も増えていきます。

スポンサーリンク

生後11ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

身長

  • 男の子:69.4cm~78.5cm
  • 女の子:67.4cm~76.7cm

大きい赤ちゃんは身長80cmを超え、80~90cm用のベビー服も着こなせるようになります。

1歳の誕生日を迎える頃の身長は、出生時の約1.5倍です。

体重

  • 男の子:7,510g~10,820g
  • 女の子:7,020g~10,270g

体を目一杯動かして遊び、たくさんエネルギーを使うので、生後10ヶ月の体重と変わらない赤ちゃんも珍しくありません。

運動量の多い赤ちゃんは、全身に程よく筋肉がつき、体がそれまでよりもシュッと引き締まってスマートになります。

1歳の誕生日を迎える頃の体重は、出生時の2~3倍です。

生後11ヶ月の赤ちゃんの特徴

言葉の理解が進み、意味のある言葉を話すようになる

生後11ヶ月頃の赤ちゃんは、少しずつ言葉を理解できるようになります。

「ちょうだい」と言って手を出すとおもちゃを渡してくれたり、「まんまんまん」と言って抱っこをせがんだりするようになります。

「ママ」「パパ」など意味のある言葉を話す赤ちゃんもいます。

まだ意味がわからない言葉もたくさんありますが、赤ちゃんが話しかけてきたら相づちをうって笑顔で返事してあげましょう。

赤ちゃんは、「あ、話が伝わった。もっと話そう!」という気持ちになって、どんどん話しかけてくれるようになります。

そして、親子の会話を繰り返すことで、コミュニケーション能力や社会性の基礎を身につけていきます。

関連ページ

行動のバリエーションが多彩に

生後11ヶ月頃の赤ちゃんは、ハイハイや伝い歩きで部屋中どこでも自由に移動できるようになるので、興味を引くものを見つけると全力で近づきます。

少しの段差や障害はものともせず、転んでもぶつかっても目標に向かって突き進みますし、ソファやテーブル、低めのイス、階段などによじ登ろうとすることもあります。

伝い歩きも上手になり、ソファからテーブルへ、テレビラックから本棚へとヒョイヒョイ移動します。

立った状態でバランスを保つのはまだ難しいですが、少しの間なら何にもつかまらずに立てる赤ちゃんもいます。

手先も器用になります。

小さいものをつまむ、テレビのボタンを一つ一つ押してみる、引き出しを開け閉めする、髪をビリビリに破るなど、大人が思いがけない遊びを次々発見して実践します。

行動のバリエーションが増えると、それだけ事故や怪我のリスクも増えます。

転んで頭を打つ、テーブルから落ちる、机や椅子の角にぶつかるなど、大怪我につながる事故が増えるので、これまで以上に部屋の安全チェックが大切になります。

自己主張が強くなる

生後11ヶ月頃になると、赤ちゃんの自己主張が強くなります。

おなかが空いたらグズる、遊んでいたおもちゃを取り上げられると奇声を上げて暴れる、寝かせようとすると首を振って嫌がるなど、嫌なことは嫌だと態度ではっきり主張します。

言葉では気持ちや欲求を伝えられない分、態度で表現するのです。

赤ちゃんが自己主張したら、「○○なんだね。」「○○したかったんだね。」と赤ちゃんの気持ちや欲求を代弁してあげましょう。

ダメなことはダメと言う

遊びや自己主張は、赤ちゃんが健康に成長している証なので、なるべく見守ってあげたいものです。

しかし、危ないことや良くないことをした赤ちゃんに、「ダメなことはダメ」と教えてあげることは親の大切な役割です。

叱るだけだと怖さだけが残るので、赤ちゃんがビックリして手を止めたら、「ちゃんとやめられたね。えらいえらい」と褒めてあげ、「危ないからやめようね。」と付け加えます。

中には、危険なことを何度も繰り返す赤ちゃんもいますが、その都度叱ることで、少しずつやって良いことと悪いことの区別がつくようになります。

スポンサーリンク

生後11ヶ月の赤ちゃんの母乳とミルク

生後11ヶ月頃には、赤ちゃんの食事の中心は母乳やミルクから離乳食にシフトし、1日に必要な栄養の多くは離乳食でとって、赤ちゃんが欲しがれば母乳やミルクを飲ませるようになります。

授乳量は、赤ちゃんの体重や離乳食の量に合わせて調整しますが、基本的には赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

ただし、生活リズムを整えるために授乳の時間と間隔は一定にします。

母乳やミルクは精神安定剤

この時期の赤ちゃんにとって、母乳やミルクは精神安定剤としての役割を果たします。

身近な人に抱っこされ、肌の温もりを感じながら母乳やミルクを飲む行為は、赤ちゃんにこの上ない安心感を与えます。

夜泣きしたときや、ぐずって泣き止まないときに活用しましょう。

授乳しすぎると、卒乳のタイミングを逃すと考えるかもしれませんが、生後11ヶ月ではまだ心配する必要はありません。

むしろ、この時期に思うように母乳やミルクを飲めなかった赤ちゃんは、精神的に落ち着かなくなる傾向があります。

生後11ヶ月の赤ちゃんの離乳食

離乳食も終盤です。

ゴックン期、モグモグ期を経て、生後9~10ヶ月頃から始めたカミカミ期も佳境です。

形や固さの異なる食材をたくさん食べて、ときにうまく飲み込めずに吐き出したりむせたりする経験を積みながら、食材を「食べる」方法を学習します。

好き嫌いがはっきり出てくるので、味付け、食材の硬さや大きさを調整し、赤ちゃんが食事を楽しめるよう工夫しましょう。

赤ちゃんが指で簡単につぶせる固さ(バナナくらい)の離乳食を1日3回、きっちり食べられるようになれば、離乳食は卒業です。

大人の食事はまだ早い

生後11ヶ月頃になると、赤ちゃんはお父さんお母さんの食事に興味を示すようになります。

「離乳食をしっかり食べているし、少しくらい」と思うかもしれませんが、大人の食事は、赤ちゃんには濃すぎますし、熱すぎたり冷たすぎたりすることもあるので、控えてください。

生後11ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

朝起きて夜寝るという昼型の生活リズムが身についてきます。

お休みタイムは午前か午後に1回だけになります。

日中にたくさん遊んでエネルギーを使うので、夜はぐっすり眠り、朝まで起きない日も増えます。

夜泣きが続くこともありますが、睡眠時間は少しずつでも長くなっていきます。

生活リズムを整えてあげる

乳児期に身につかなかった生活リズムを、その後、身につけさせるのはとても難しいものです。

生後11ヶ月になっても生活リズムが身についていない場合は、お父さんお母さんが積極的に介入しましょう。

生活リズムを整えるための基本は、一日のスケジュール(起きる時間、寝る時間、離乳食を食べさせる時間、授乳時間、お昼寝の時間など)を一定にすることです。

また、夜にぐっすり寝させるためには、日中の運動量を増やすことと、夕方以降はウトウトしても寝させないことが大切です。

ただし、急に生活リズムを変えると赤ちゃんは混乱してしまい、かえって生活リズムが乱れるリスクがあるので、少しずつ規則正しい生活リズムに修正していきましょう。

関連ページ

夜泣き

夜泣きの主な対策は、次のとおりです。

  • 赤ちゃんと一緒に寝る(赤ちゃんが寝た後も一人にしない)
  • 夜泣きを始めたら、赤ちゃんの身体に手を当てて声をかける
  • おっぱいをくわえさせる

こうした対応をしても、夜泣きを続ける赤ちゃんは少なくありませんが、通常、夜泣きは1歳から1歳半頃頃には落ち着いていくので、もうひと頑張りです。

周囲のサポートを得ながら乗り切ってください。

関連ページ

月齢に合った服を着せてあげる

行動のバリエーションが増える時期に身体を動かしにくい服を着ていると、運動機能の発達が遅れるリスクがあります。

そのため、季節や体調を考えた上で、なるべく動きやすい服を着せてあげましょう。

赤ちゃんは、大人よりも体温が高く汗っかきなので、着せる枚数は大人よりも1枚少なめが基本です。

また、手袋やミトン、靴下はなるべく使用を控えましょう。

①脳の発達には、手足で直接ものに触れることがとても大切になる、②素手の方がものを掴みやすく、素足の方がハイハイや伝い歩きをしやすいからです。

冬場でも、室内では暖房をきかせ、カーペットを敷くなどして、なるべく素手・素足で過ごさせてあげましょう。

部屋をチェック

赤ちゃんがハイハイや伝い歩きを始めた後は、それまで以上に赤ちゃんが過ごす環境の安全性に気をつける必要が出てきます。

赤ちゃんと同じ目線で部屋の中をチェックし、危険なものは赤ちゃんの手の届かないところに移動させましょう。

食べると危ないもの

薬、タバコ、ほこり、食べかす、ボタン、トイレ用洗剤、漂白剤、消臭剤、防虫剤、ゴキブリホイホイ、お菓子(アメやガムなど個包装で小さいもの)など

特に、テーブルやソファの下など目の届きにくいところに落ちているものは要注意です。

触ると危ないもの

割れ物の食器や花瓶、アイロン、包丁、箸、フォーク、コードが付いているもの全般など

特に、コードが付いているアイロン、ポット、炊飯器、パソコンなどは、テーブルの上に置いていても、赤ちゃんがコードを引っ張って引きずり落としてしまう可能性があります。

ぶつかると危ないもの

テーブル、イス、テレビラック、本棚、ソファ、壁の角など

市販のクッションや緩衝材を貼り付けるなど、赤ちゃんがぶつかっても怪我しないような配慮が必要です。

月齢ごとの発達に戻る:月齢ごとの成長

生後10ヶ月に戻る:生後10ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?離乳食のメニューは?

ページ上部へ戻る