menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  2. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  8. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  9. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

生後11ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は?手押し車と一人歩きは?

生後11ヶ月 赤ちゃん 身長 体重 発達

生後11ヶ月の赤ちゃんは、保護伸展反応やステッピング反応によって身体のバランスをうまく保つことができるようになります。

また、臨機応変に自分の意思で姿勢を変え、遊んだり移動して利できます。

足底把握反射が消失するので、伝い歩きをしても足の指が曲がらなくなり、スムースに歩くことができるのも生後10ヶ月頃です。

では、生後11ヶ月の赤ちゃんの運動機能は、どのように発達していくのでしょうか?

支えなしに立ちあがったり、手押し車で遊んだりできるようになるでしょうか?

このページでは、生後11ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達について紹介します。

生後11ヶ月の赤ちゃんがとれる姿勢と動き

生後11ヶ月の赤ちゃんは、次のような姿勢をとれるようになります。

  • あおむけ(背臥位)
  • うつぶせ(腹臥位)
  • 四つん這い
  • お座り(座位)
  • 膝立ち
  • 立つ(立位)

生後10ヶ月頃と大きな差はありませんが、姿勢をよりスムースに変えられるようになっていきます。

生後10ヶ月頃と同じで、あおむけやうつぶせの状態で遊ぶことはほとんどなく、手足や身体を自在に動かして、頻繁に姿勢を変えたり移動したりします。

生後11ヶ月の赤ちゃんが四つん這い、お座り、膝立ち、立つ姿勢でできることは、次のとおりです。

  • 四つん這い:ハイハイや高這いで移動する、ハイハイで階段を上る、お座り姿勢に移るなど
  • お座り:胡坐、お姉さん座り、女の子座り、横や後ろを向く、遠くのおもちゃに手を伸ばす、四つん這い姿勢に移るなど
  • 膝立ち:片膝立ち、両膝立ち、立ち上がるなど
  • 立つ:支えなしで立つ、横向けの伝い歩き、壁伝いに歩く、手押し車で遊ぶなど

以下、生後11ヶ月頃に見られるようになる、標準的な運動機能の発達について紹介します。

生後11ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達1:ハイハイで階段を上る

赤ちゃんは、生後10ヶ月頃までは、同じ側の足を段差にかけて段差や階段を一段ずつ上っていました。

生後11頃になると、身体の重心移動が上手になり、交互に足を段差にかけて上ることができるようになります。

例えば、右側の手とひざに体重をかけて、左側の足を段差にかけて一段上り、今度は、左側の手とひざに体重をかけて、右側の足を段差にかけて一段上ることが可能になります。

ただし、よじ登ったところから降りるのは難しく、後ろを振り返った拍子に下に転落することもあるので、近くで見守ってあげましょう。

生後11ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達2:伝い歩き(横向きと壁伝い)

赤ちゃんは、生後10ヶ月頃までは、床に対して平行な面(テーブルやイスの座面など)につかまり、身体を横にひねって進行方向や斜めに向けて伝い歩きをしていました。

生後11ヶ月頃になると、身体をテーブルなどの方に向けたまま、いわゆる「カニさん歩き(横歩き)」で移動できるようになります。

また、床に対して垂直な面(壁など)に触れながら伝い歩きすることも覚え、立った歩くことができる範囲が広がります。

生後11ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達3:支えがなくても立っていられる

生後10ヶ月頃までの赤ちゃんは、何かにつかまって立つことはできたものの、つかまる物がなくなるとバランスを崩していました。

生後11ヶ月頃になると、つかまったり支えたりする物がなくても、立っていられるようになってきます。

最初は、つかまり立ちの状態から恐る恐る片手を離し、安全なのを確認してからもう片方の手も離します。

この時期の一人立ちは、両足をがに股に開き、両腕でうまくバランスをとっています。

慣れてくると、足の幅が少し狭くなり、軽い物なら立ったまま掴んで操作することも可能になります。

また、立った状態で左右や後ろを振り向くことを覚える赤ちゃんも出てきます。

ただし、急にバランスを崩して転倒したりよろめいたりすることがあるので、見守りは必要です。

生後11ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達4:初歩

支えなしで立っていられるようになった赤ちゃんは、直立した状態で身体を左右や後ろに向けてみたり、足を動かしてみたりします。

それから、両手を上に挙げ、上半身を前に傾けながら片足を出します。

これが初歩です。

慣れてくると、まず身体を前に傾けながら一歩踏み出し、足を出したことで身体が傾いた方向にもう一歩を踏み出して、さらにもう一歩というように続けていきます。

バランスを崩すと両足と腰を曲げ、両手を床につけて四つん這いの姿勢になりますが、失敗して頭から床に落ちることもあります。

なお、一人歩きを始める標準的な時期は生後1歳前後なので、ここでは少し早めに紹介しています。

生後11ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達5:手押し車で遊ぶ

立った状態で手押し車を押して遊べるようになります。

生後10ヶ月頃までは、手押し車が動き始めるとバランスを崩して膝をついたり、身体が前のめりになって転んだりしがちです。

また、失敗を重ねるうちに立って押すのが怖くなり、膝立ちの状態で手押し車をゆっくり押す赤ちゃんもいます。

生後11ヶ月頃になると、手押し車が動く速度に合わせて足を動かすことができるようになっていきます。

ただし、生後11ヶ月頃から手押し車で遊び始めた場合は、慣れるまでは手押し車のスピードについていけず転ぶことも多いので、安全面の配慮は欠かせません。

まとめ

生後11ヶ月の赤ちゃんは、ハイハイで段差や階段を上ることができるようになります。

また、横向きの伝い歩きや壁伝い歩きを覚える、支えがなくても立っていることができる、手押し車で遊ぶことができるなど、立った状態での移動手段をたくさん獲得します。

そのため、生後10ヶ月頃以上にケガや事故の危険が高くなり、より安全面の配慮が求められます。

特に、新しい動作を覚えたてで慣れないうちは、いつもより慎重に見守ってあげることが大切です。

そして、万が一、事故やケガが起こった場合は、症状に応じて適切な対応をとり、赤ちゃんの成長発達に支障が出ないようにしてあげましょう。

ページ上部へ戻る