menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  8. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  9. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  10. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
閉じる

乳児期の子育て

生後10ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?離乳食のメニューは?

生後10ヶ月 赤ちゃん 発達 身長 体重

生後10ヶ月ってこんな時期

生後10ヶ月になると、つかまり立ちから伝い歩きや一人立ちに挑戦する赤ちゃんも増えてきます。

手先や指先はより器用になり、遊びのバリエーションも豊富になります。

喃語の量が減っていく一方で、自分の意思を伝える言葉や身振り手振りが増えていきます。

朝起きて夜寝るという昼型の生活リズムも身につきます。

夜泣きが続くことはありますが、夜の睡眠時間は長くなっていきます。

1日に必要な栄養の多くは離乳食からとるようになり、母乳やミルクを飲む量は減る傾向があります。

スポンサーリンク

生後10ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

身長

  • 男の子:68.4cm~77.4cm
  • 女の子:66.5cm~75.6cm

赤ちゃんの身長差がかなり大きくなります。

他の赤ちゃんを見ては、つい「うちの子より大きい」「うちの子より小さい」と比べてしまうものですが、成長曲線の範囲内であれば発育に問題はないので、心配しすぎないようにしましょう。

体重

  • 男の子:7,340g~10,590g
  • 女の子:6,860g~10,060g

日々の運動量、授乳量や離乳食の量、尿や便の量、体質など、体重の増加には様々な要因がかかわっています。

そのため、同じ生後10ヶ月でも赤ちゃん一人ひとりの体型や体重はさまざまです。

成長曲線の範囲内であれば発育上の問題はないので、他の赤ちゃんと比べて心配しすぎないようにしましょう。

生後10ヶ月の赤ちゃんの特徴

喃語が減り、意思表示するための言葉を話すようになる

これまでも、赤ちゃんは「あ~あ~」「あ~う~」などたくさん声を出してきたと思います。

これは喃語といって、赤ちゃんが発する意味や主張のない声です。

生後10ヶ月ころになると、赤ちゃんが喃語を話す量は少しずつ減り、代わりに、自分の意思を周囲に伝えるための言葉を話すようになります。

例えば、おっぱいが欲しいときに、「あ」と言いながらお母さんの顔を見たり、遠くにあるおもちゃをとって欲しいときに、手を伸ばしながら「あ、あ」「あ、ん」と言ったりします。

まだ、意味のある言葉は話せませんが、喃語で学習した唇や舌の動きを駆使していろいろな言葉を発し、自分の意思を表現します。

また、周囲の話す言葉の意味はまだ理解できていませんが、しっかり聴いて言葉を溜め込んでいきます。

「聞き流すだけで話せる英語レッスン」が一時期流行しましたが、生後10ヶ月頃の赤ちゃんも聞きながら言葉をインプットし、話す能力が身についたときに覚えた言葉をアウトプットするようになります。

「ぶーぶー」、「わんわん」、「ばいばい」、「まんま」など赤ちゃんが話しやすい簡単な言葉をたくさん話しかけてあげると、赤ちゃんがマネをしながら言葉をたくさん覚えます。

また、お風呂に入るときに「お風呂に入ろうね。」、出かけるときに「バイバイ、またね。」、離乳食を食べさせるときに「マンマ食べようね。」と話しかけるなど、何かをしながら話しかけると、赤ちゃんの言葉の学習がスムースになる傾向があります。

言葉の習得には絵本の読み聞かせが効果的

赤ちゃんは、絵本の内容は理解できませんが、お話に出てくる登場人物、動物、乗り物などに興味を示します。

自分で絵本をめくろうとすることもあります。

絵本を眺めながら、「これはにゃんにゃんだね」、「ぶーぶー大きいね」などと話しかけると、赤ちゃんもマネして声を出すようになり、自然と言葉を覚えていきます。

関連ページ

つかまり立ちから伝い歩きへ

つかまり立ちが上手になり、1分以上バランスを保って立ったままでいたり、名前を呼ばれて振り返ったり、片手を離したりできるようになります。

つかまり立ちをマスターすると、今度は、伝い歩きに挑戦します。

つかまっているところに体重をあずけ、ゆっくり横に一歩踏み出しすところから始まり、うまくいくと2歩3歩と進みます。

伝い歩きに慣れて、恐る恐る手を離して自力で立とうとする赤ちゃんも出てきます。

ただし、生後10ヶ月になれば、すべての赤ちゃんが伝い歩きを始めるわけではありません。

他の赤ちゃんが伝い歩きを始めたからといって無理なトレーニングをさせると、赤ちゃんが身体を痛めてしまい、かえって運動能力の発達が遅れたり、後遺症が残ったりするリスクがあります。

手先や指先が器用になる

掴む、引っ張る、ひっくり返す、投げる、押す、つまむ、叩くなど、手先や指先を器用に使えるようになります。

ものを投げる、TVのリモコンのボタンを押す、小さいものをつまむ、キーボードを叩く、ティッシュを箱から引っ張り出す、小さい隙間に指を入れるなど、目につくものを手当たり次第おもちゃにして遊びます。

その分、誤飲や衝突などのリスクも増すので、赤ちゃんが触ると危ないものは片付けておきましょう。

スポンサーリンク

生後10ヶ月の赤ちゃんの母乳とミルク

生後10ヶ月頃というのは、赤ちゃんの食事の中心が母乳やミルクから離乳食にシフトしていく時期です。

1日に必要な栄養の多くは離乳食でとり、赤ちゃんが欲しがれば母乳やミルクを飲ませるようになります。

授乳量は、赤ちゃんの体重や離乳食の量に合わせて調整しますが、基本的には赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

ただし、生活リズムを整えるために授乳の時間と間隔は一定にします。

母乳やミルクは精神安定剤

食事の中心が離乳食になっても、母乳やミルクは赤ちゃんにとって精神安定剤的な役割を果たします。

夜泣きして寝ないとき、何をしてもぐずるときなどは、抱っこして母乳やミルクを飲ませると不思議なくらい落ち着き、静かに寝てくれます。

生後10ヶ月の赤ちゃんの離乳食

生後10ヶ月頃には、歯ぐきで食べ物をつぶすことに慣れ、食べることを楽しむようになるので、食材は食感がわかる固さにします。

炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど、成長に必要な栄養素がバランスよくとれるメニューを心がけるとともに、赤ちゃんが離乳食に飽きないよう、見た目、味付け、組み合わせはできるだけ毎食ごとに変えるようにします。

ただし、毎日離乳食のメニューを考えるのはかなりの労力なので、市販の離乳食を買ったり、ネットに掲載されているお手軽離乳食を作ったりして、少しでも負担を軽くしましょう。

離乳食は赤ちゃんのペースで

離乳食が1日2回から3回になったとたん、離乳食を食べなくなる赤ちゃんもいます。

「きちんと食べないと、栄養が足りなくなる」と心配になるものですが、離乳食は赤ちゃんのペースで進めるのが大原則です。

無理に食べさせようとせず、離乳食の回数を減らす、赤ちゃんの好きなものを食べさせる、食材の固さや量を調整するなどして対応しましょう。

赤ちゃんは自分で食べたがる

赤ちゃんは、スプーンを掴んだり、離乳食に手を突っ込んで自分で食べようとするようになります。

まだまだ食器を上手に扱えませんし、手でつかんだ食材をボロボロとこぼしてしまいますが、食事に興味を示して自分で食べたいという気持ちは大切にしてあげたいものです。

栄養摂取に必要な量を食べさせた後、赤ちゃん用スプーンを渡したり、一口サイズにカットした野菜や果物を食べさせたりしてみましょう。

赤ちゃんによだれかけをさせ、床にチラシや新聞紙を敷いておくと、食べこぼしの片付けが楽になります。

生後10ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

日中はハイハイやつかまり立ち、伝い歩きで部屋の中を自由に動き回って遊びます。

日中のお休みタイムは午前か午後の1回だけになる赤ちゃんが多いものです。

日中にたくさん遊んでエネルギーを使うので、夜はぐっすり眠り、朝まで起きてこない日も多くなります。

ただし、夜泣きが続いていて、夜に何度も目を覚ます赤ちゃんも少なくありません。

生活リズムを整えてあげる

生後10ヶ月以降は、朝の7時から8時に起きて、夜の8時頃までに寝るのが理想的な生活リズムです。

生活リズムを整えるための基本は、一日のスケジュール(起きる時間、寝る時間、離乳食を食べさせる時間、授乳時間、お昼寝の時間など)を一定にすることです。

また、夜にぐっすり寝させるためには、日中の運動量を増やすことと、夕方以降はウトウトしても寝させないことが大切です。

ただし、いくらサポートしても、生活リズムが急に整うわけではなく、昼間に寝たり、夜中に起きたりすることもよくあります。

そんな場合は、無理やり寝かしつけたり、母乳やミルクを与えなかったりすると赤ちゃんのストレスになり、かえって生活リズムが乱れる要因になるので控えましょう。

赤ちゃんのリズムを尊重しつつ、少しずつ規則正しい生活リズムに修正していくことが大切です。

関連ページ

夜泣き

夜泣きの主な対策は、次のとおりです。

  • 赤ちゃんと一緒に寝る(赤ちゃんが寝た後も一人にしない)
  • 夜泣きを始めたら、赤ちゃんの身体に手を当てて声をかける
  • おっぱいをくわえさせる

ただし、こうした対応をしても、夜泣きを続ける赤ちゃんは少なくありません。

夜泣きは、はっきりとした理由が分からないので、対応するのがとてもしんどいもので、夜泣きの期間が長くなるほど疲労やストレスが蓄積していきます。

お父さんお母さんが交代で対応したり、実家が近い場合はおじいちゃんおばあちゃんの助けを借りたりしながら乗り切りましょう。

関連ページ

月齢に合った服を着せてあげる

行動のバリエーションが増える時期に身体を動かしにくい服を着ていると、運動機能の発達が遅れるリスクがあります。

そのため、季節や体調を考えた上で、なるべく動きやすい服を着せてあげましょう。

赤ちゃんは、大人よりも体温が高く汗っかきなので、着せる枚数は大人よりも1枚少なめが基本です。

また、手袋やミトン、靴下はなるべく使用を控えましょう。

①脳の発達には、手足で直接ものに触れることがとても大切になる、②素手の方がものを掴みやすく、素足の方がハイハイやつかまり立ちをしやすいからです。

冬場でも、室内では暖房をきかせ、カーペットを敷くなどして、なるべく素手・素足で過ごさせてあげましょう。

部屋をチェック

赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちを始めた後は、それまで以上に赤ちゃんが過ごす環境の安全性に気をつける必要が出てきます。

赤ちゃんと同じ目線で部屋の中をチェックし、危険なものは赤ちゃんの手の届かないところに移動させましょう。

食べると危ないもの

薬、タバコ、ほこり、食べかす、ボタン、トイレ用洗剤、漂白剤、消臭剤、防虫剤、ゴキブリホイホイ、お菓子(アメやガムなど個包装で小さいもの)など

特に、テーブルやソファの下など目の届きにくいところに落ちているものは要注意です。

触ると危ないもの

割れ物の食器や花瓶、アイロン、包丁、箸、フォーク、コードが付いているもの全般など

特に、コードが付いているアイロン、ポット、炊飯器、パソコンなどは、テーブルの上に置いていても、赤ちゃんがコードを引っ張って引きずり落としてしまう可能性があります。

ぶつかると危ないもの

テーブル、イス、テレビラック、本棚、ソファ、壁の角など

市販のクッションや緩衝材を貼り付けるなど、赤ちゃんがぶつかっても怪我しないような配慮が必要です。

月齢ごとの発達に戻る:月齢ごとの成長

生後9ヶ月に戻る:生後9ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?ハイハイしない?

生後11ヶ月に進む:生後11ヶ月の赤ちゃんの身長と体重、生活リズムは?昼寝はしない?

ページ上部へ戻る