menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  7. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  8. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる

乳児期の子育て

生後10ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は?足底把握反射が消失?

つかまり立ち 10ヶ月 発達 赤ちゃん

生後9ヶ月の赤ちゃんは、気分や状況に応じて、自分の意思で四つん這い、お座り、膝立ち、立った状態といった姿勢をとれるようになります。

お座りの姿勢では、胡坐(あぐら、)、女の子座り、お姉さん座りなどを使い分け、横や後ろを振り向いたり、離れたところにあるおもちゃを掴んだりできます。

四つん這いの姿勢では高這いを始めますし、膝立ちしたまま遊んだり、段差や階段によじ登ったり、伝い歩きを始めたりというように、多彩な動きを見せてくれます。

それでは、生後10ヶ月になると、どのような運動機能の発達が見られるようになるのでしょうか?

伝い歩きから一人歩きに移行するでしょうか?

また、足底把握反射(原始反射)は消失していくでしょうか?

このページでは、生後10ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達について紹介します。

生後10ヶ月の赤ちゃんがとれる姿勢と動き

生後10ヶ月の赤ちゃんがとれる主な姿勢は、次のとおりです。

  • あおむけ(背臥位)
  • うつぶせ(腹臥位)
  • 四つん這い
  • お座り(座位)
  • 膝立ち
  • 立つ(立位)

生後10ヶ月頃になると、起きている時間帯にあおむけやうつぶせで過ごすことはほとんどありません。

また、四つん這い、お座り、膝立ち、立つ姿勢をとる場合も、同じ姿勢でジッとしているわけではなく、あれこれ身体を動かして遊びますし、頻繁に姿勢を変えます。

  • 四つん這い:身体を前後左右に揺する、ハイハイや高這いで移動する、お座り姿勢に移るなど
  • お座り:胡坐、お姉さん座り、女の子座り、横や後ろを向く、遠くのおもちゃに手を伸ばす、四つん這い姿勢に移るなど
  • 膝立ち:片膝立ち、両膝立ち、よじ登る、立ち上がるなど
  • 立つ:つかまり立ち、伝い歩き、大人の手や指を掴んで歩くなど

そのため、姿勢ごとに特徴的な動きを見るのではなく、生後10ヶ月頃に見られる標準的な運動機能の発達を羅列する形で紹介します。

スポンサーリンク

生後10ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達1:身体のバランスを保つ機能が向上する

赤ちゃんは、生まれつき原始反射が備わっており、低月齢のうちは原始反射によって頭や身体を守りますが、月齢を経るにつれて原始反射が消失し、保護伸展反応が出現します。

保護伸展反応とは、赤ちゃんの身体を傾けた場合に、手や足を伸ばして身体を支えようとする反応で、上肢保護伸展反応(手)と下肢保護伸展反応(足)があります。

上肢保護伸展反応は、①生後6ヶ月頃に前方への傾きに対する反応(身体が前に傾いた時に両手を前方の床について身体を支える)、②生後7ヶ月頃に横への傾きに対する反応(身体が横に傾いた時に傾いた方の手を床について身体を支える)、③生後9ヶ月頃に後ろへの傾きに対する反応(身体が後ろに傾いた時に両手を背中側の床について身体を支える)の3つがあります。

下肢保護伸展反応は、生後6ヶ月頃に出現し、赤ちゃんの身体を持ち上げて急に下ろすと、両足を外向きに回転させながら伸ばして身体を支えようとします。

生後10ヶ月頃には全ての反応が出現し、不安定な場所でも姿勢を維持していることが可能になります。

保護伸展反応が出現することで、お座りから四つん這いへと姿勢を変える動きがスムースになり、つかまり立ちや伝い歩きなどでバランスを保つ効果もあると指摘されています。

また、生後10ヶ月以降、立った状態の赤ちゃんの身体を前後左右に傾けると、傾けた方向に足をステップさせる反応(ステッピング反応)も出現し、立った状態の姿勢を維持する力も向上していきます。

スポンサーリンク

生後10ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達2:姿勢を変える頻度が上がる

生後10ヶ月の赤ちゃんは、臨機応変に自分の意思で姿勢を変えることができるようになります。

例えば、お座りした状態で気になるおもちゃを見つけると、すぐ四つん這い姿勢になってハイハイでおもちゃの近くへ移動し、おもちゃを掴むとお座りして両手で遊びます。

ハイハイの途中で階段の前に来るとよじ登り、登りきるとお座りすることもあります。

また、テーブルの上におもちゃを見つけると、お座りから両膝立ちを経て立ち上がり、テーブルの縁を掴んでおもちゃの近くまで伝い歩きで移動して、おもちゃを掴みます。

このように、一つの姿勢でジッとしているのではなく、絶えず動き回って、状況に応じた姿勢や動きをとるようになります。

生後10ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達3:高這い

赤ちゃんは、生後9ヶ月頃になると、四つん這いの移動(ハイハイ)の状態から膝を上げてお尻の位置を高くし、両手と両足を床につけて移動する方法を覚えます。

いわゆる高這いです。

高ばいとは、両手と両足を床につけて体を持ち上げ、両手とつま先で床を押したり蹴ったりして移動することをいいます。

移動する様子が四足歩行で移動するクマに似ていることから、クマ歩きとも呼ばれています。

立ち上がって二足歩行する一歩手前の状態と言えます。

引用:知育ノート

生後10ヶ月頃には、高這いを始める赤ちゃんが増えていきます。

ただし、高這いは健常な赤ちゃん全員がする動きではなく、高這いをしないまま一人歩きを始める赤ちゃんも少なからずいるので、「高這いしない=異常がある」と考える必要はありません。

気になる場合は小児科の医師や保健センターの保健師などに相談してみましょう。

生後10ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達4:足底把握反射(原始反射)が消失

足底把握反射とは、赤ちゃんが持って生まれる反射(原始反射)の一つです。

足底把握反射とは、①赤ちゃんの足の裏を指や綿棒などで刺激すると、足の指が5本ともギュッと曲がる原始反射です。

引用:乳児期の子育て

通常、足底把握反射は、生後10ヶ月頃に消失します。

足底把握反射が消失することで、伝い歩きがスムースにできるようになり、一人歩きへとつながっていきます。

一方で、足底把握反射が残っているうちは、足の裏が刺激されるたびに足の指がギュッと曲がってしまい、伝い歩きがうまくできないものです。

スポンサーリンク

まとめ

生後10ヶ月の赤ちゃんは、身体のバランスを保つ機能が向上し、状況に応じて自分の意思で姿勢をスムースに変えることができるようになります。

原始反射の一つである足底把握反射が消失することで、伝い歩きをしても足の指が曲がることがなくなり、一人歩きのための準備も整います。

ただし、大人に比べるとバランスを崩しやすく、身体の機能も未熟なので、思わぬケガや事故が起こることも珍しいことではありません。

特に、赤ちゃんが新しい動きを覚えたての頃は慎重に見守り、そばを離れる時はベビーサークルなど安全な場所で過ごさせてあげましょう。

この時期の赤ちゃんは、ベビーサークルなどを嫌がることも増えてきますが、安全を第一に考えて、嫌がってもなだめて入れるようにしてください。

ページ上部へ戻る