menu
閉じる
  1. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  2. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  3. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  6. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  7. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  8. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  9. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

探索反射、ルーティング反射とは?消失時期(いつまで)と読み方は?

赤ちゃん 哺乳反射

赤ちゃんは、生まれたての頃には目がほとんど見えていませんし、自力で身体を動かすこともままなりません。

それにも関わらず、生まれたその日からお母さんの乳首を上手に探し当て、吸い付いて母乳を飲むことができるのは、原始反射という機能が備わっているからです。

原始反射は、赤ちゃんが生命維持のために生まれ持っている反射です。

原始反射の中でも授乳に関係するものをまとめて哺乳反射といい、①探索反射、②捕捉反射、③吸啜反射、④嚥下反射の4種類があります。

このページでは、哺乳反射の一つである探索反射の概要、出現時期と消失時期、消失しない場合に疑われる病気や障害について紹介します。

原始反射と哺乳反射

探索反射は哺乳反射の一つであり、哺乳反射は原始反射の一つです。

そのため、まずは、原始反射と哺乳反射について確認しておきましょう。

原始反射とは

原始反射とは、赤ちゃんが胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

反射とは、感覚器から得たある刺激に対してある反応を示すことで、脊髄と脳幹が中枢の役割を果たしています。

原始反射は、健常な赤ちゃんの場合、お母さんの胎内にいる頃に出現して、生まれたての頃から機能し、中脳や大脳皮質など高次の脳が成熟するにつれて消失していきます。

引用:乳児期の子育て

先天性の病気や障害がない健常な赤ちゃんは、原始反射を持って生まれてくるので、原始反射の有無や程度、現れ方を見ることで、赤ちゃんの病気や障害、運動機能の発達を確認することができます。

乳幼児健診でも、原始反射の有無や程度、現れ方は必ず確認されます。

主な原始反射は、次のとおりです。

  • 交叉伸展反射
  • 屈筋逃避反射
  • 手掌把握反射
  • 足底把握反射
  • バビンスキー反射
  • ギャラン反射
  • 陽性支持反射
  • 台乗せ反射
  • 自立歩行反射
  • 哺乳反射(探索反射、捕捉反射、吸啜反射、嚥下反射)
  • 押し出し反射
  • 引き起こし反射
  • モロー反射
  • 緊張性迷路反射
  • 非対称性緊張性頸反射
  • 対称性緊張性頸反射

哺乳反射とは

哺乳反射とは、赤ちゃんが、①乳首を見つけて口を開け、②乳首に吸い付き、③母乳やミルクを飲むための一連の原始反射です。

赤ちゃんが生きていくためになくてはならない原始反射ですし、首すわりが完成する時期にも影響します。

引用:乳児期の子育て

哺乳反射は、①探索反射、②捕捉反射、③吸啜反射、④嚥下反射の4種類が、この順番どおりに起こることになります。

探索反射以外の哺乳反射の概要は、次のとおりです。

捕捉反射

捕捉反射とは、唇やその周辺に触れた物をくわえる原始反射です。

捕捉反射は、お母さんの乳首をくわえるために必要です。

吸啜反射

吸啜反射とは、口の中に入った乳首などに吸い付いてすする原始反射です。

吸啜反射は、お母さんの乳首に吸い付いて母乳を閔妃つさせるために必要です。

嚥下反射

嚥下反射とは、口の中に流れ込んだ母乳を飲み込む哺乳反射です。

嚥下反射は、母乳やミルクを飲み込むために必要です。

なお、探索反射と捕捉反射については、区別せずに探索反射として紹介されることもあります。

探索反射とは

探索反射とは、哺乳反射の一つで、唇やその周辺に物が触れた場合に、口を開き、顔を触れた物の方に向ける原始反射です。

読み方は「たんさくはんしゃ」です。

探索反射以外にも、乳探し反射と呼ばれたり、ルーティング反射(英語の「rooting reflex」のカタカナ語)と呼ばれたりすることもあります。

探索反射は、生まれたてで目がよく見えず、自力で身体を動かすことも難しい赤ちゃんが、お母さんの乳房や乳首を探し当て、そちらの方を向くのに必要な反射です。

つまり、乳首の位置を探し当てるという、母乳を飲むための最初の段階を担う反射であり、探索反射が出現しないと授乳行動をとることができません。

また、頭を乳首の方に向けるという反応は、赤ちゃんの首すわりにも大切な役割を果たしています。

なお、探索反射は、赤ちゃんがお腹を空かせている時に出現頻度が高くなることが分かっており、赤ちゃんの意思も関係していると考えられています。

探索反射はいつから、いつまで(消失時期)

原始反射が現れる時期を出現時期、消えていく時期を消失時期といいます。

探索反射はいつから(出現時期)

探索反射は、胎児の頃(在胎28週)に出現する原始反射で、生まれたての頃から出現します。

探索反射はいつまで(消失時期)

消失時期は、生後3ヶ月から生後4ヶ月頃です。

ただし、病気や障害の影響で消失しないことがあります。

スポンサーリンク

まとめ

探索反射は、赤ちゃんが生まれ持った原始反射(哺乳反射)の一つで、赤ちゃんが胎外で健康に成長するために欠かすことのできない反射です。

また、探索反射を繰り返すことで、首すわりなど運動機能にも大切な影響を与えることが分かっており、積極的に促したい原始反射の一つです。

探索反射が出現しない場合、赤ちゃんの命が危険にさらされてしまうので、気づいた時点ですぐ小児科を受診させ、必要な治療を受けさせてあげましょう。

ページ上部へ戻る