menu
閉じる
  1. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  2. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  3. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  7. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

吸啜反射とは?いつまでに消失する?読み方は?口チュパチュパの原因?

赤ちゃん 哺乳反射

赤ちゃんは、生まれたての頃からお母さんの乳首を探し当てて吸い付き、母乳を飲むことができます。

しかし、母乳を飲む動きは赤ちゃんが自分の意思で行っているのではなく、生まれ持った反射の働きによるものです。

赤ちゃんが生まれ持った反射は原始反射といい、原始反射のうち、母乳を飲むための反射は哺乳反射といいます。

哺乳反射には①探索反射、②捕捉反射、③吸啜反射、④嚥下反射の4つがあります。

このページでは、哺乳反射の一つである吸啜反射の概要、出現時期と消失時期、消失しない場合に疑われる病気や障害について紹介します。

原始反射と哺乳反射

まず、原始反射と哺乳反射について確認しておきましょう。

原始反射とは

原始反射とは、赤ちゃんが胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

反射とは、感覚器から得たある刺激に対してある反応を示すことで、脊髄と脳幹が中枢の役割を果たしています。

原始反射は、健常な赤ちゃんの場合、お母さんの胎内にいる頃に出現して、生まれたての頃から機能し、中脳や大脳皮質など高次の脳が成熟するにつれて消失していきます。

引用:赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?|乳児期の子育て

原始反射は、健常な赤ちゃんが持って生まれる反射です。

そのため、原始反射の有無や程度、現れ方を見ることで、赤ちゃんの病気や障害、運動機能の発達を確認することができます。

主な原始反射は、次のとおりです。

  • 交叉伸展反射
  • 屈筋逃避反射
  • 手掌把握反射
  • 足底把握反射
  • バビンスキー反射
  • ギャラン反射
  • 陽性支持反射
  • 台乗せ反射
  • 自立歩行反射
  • 哺乳反射(探索反射、捕捉反射、吸啜反射、嚥下反射)
  • 押し出し反射
  • 引き起こし反射
  • モロー反射
  • 緊張性迷路反射
  • 非対称性緊張性頸反射
  • 対称性緊張性頸反射

哺乳反射とは

哺乳反射とは、赤ちゃんが、①乳首を見つけて口を開け、②乳首に吸い付き、③母乳やミルクを飲むための一連の原始反射です。

赤ちゃんが生きていくためになくてはならない原始反射ですし、首すわりが完成する時期にも影響します。

引用:赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?|乳児期の子育て

哺乳反射には、①探索反射、②捕捉反射、③吸啜反射、④嚥下反射の4種類があり、この順番に起こります。

吸啜反射以外の哺乳反射の概要は、次のとおりです。

探索反射

探索反射とは、唇やその周辺に物が触れると、口を開いて触れた物の方を向く原始反射です。

探索反射は、お母さんの乳房や乳首を探すために必要です。

捕捉反射

捕捉反射とは、唇やその周辺に触れた物をくわえる原始反射です。

捕捉反射は、お母さんの乳首をくわえるために必要です。

嚥下反射

嚥下反射とは、口の中に流れ込んだ母乳を飲み込む哺乳反射です。

嚥下反射は、母乳やミルクを飲み込むために必要です。

なお、探索反射と捕捉反射については、区別せずに探索反射として紹介されることもあります。

吸啜反射とは

吸啜反射とは、哺乳反射の一つで、口の中に入ってきた乳首などに吸い付いてすする原始反射です。

「啜」という漢字は「すする」という意味があり、吸啜で「吸い付いて啜る」という意味になります。

読み方は「きゅうてつはんしゃ」が基本ですが、「きゅうせつはんしゃ」と呼んでいる医師もいます。

吸啜反射によって、母乳を飲むという行動を覚えていない生まれたての赤ちゃんでも、お母さんの乳首を力強くリズミカルに吸って母乳を分泌させることができます。

なお、母乳をたくさん飲んで満腹の状態では、吸啜反射が起こらないこともあると言われています。

吸啜反射はいつから、いつまで

原始反射が現れる時期を出現時期、消えていく時期を消失時期といいます。

スポンサーリンク

吸啜反射はいつから(出現時期)

吸啜反射は、胎児のころ(在胎28週)に出現する原始反射で、生まれたての頃から確認できます。

吸啜反射はいつまで(消失時期)

吸啜反射は、発達に異常がない場合、生後5ヶ月~6ヶ月頃に消失します。

病気や障害で吸啜反射が弱まる、消失する場合(異常所見)

生まれてすぐに低体温になると、哺乳障害が起こりやすく、吸啜反射が弱くなることや吸啜反射が起こらないことがあります。

また、高ビリルビン血症(新生児黄疸)の一つである核黄疸を発症した場合は、健常な赤ちゃんに比べて吸啜反射が弱くなります。

前頭葉など脳に障害がある場合は、生まれたての頃から吸啜反射が起こりません。

関連ページ

スポンサーリンク

口チュパチュパの原因は吸啜反射?

赤ちゃんが口をチュパチュパさせているのを見たことありませんか?

新生児期から生後1ヶ月頃の赤ちゃんが口をチュパチュパさせていると、「お腹が空いているのかな。」と思うかもしれませんが、吸啜反射が起こっていることが多いものです。

また、赤ちゃんは、手足よりも口の中の感覚が敏感なので、生後2ヶ月~3ヶ月頃になると、口の中に指や物を入れてチュパチュパ吸ったり舐めたりするようになります。

理由はいくつもありますが、一番大きな理由としては、自分の身体や物の大きさや形、触り心地などを口で確認していることが挙げられます。

スポンサーリンク

まとめ

吸啜反射は、赤ちゃんが生まれ持った原始反射の一つであり、母乳やミルクを飲むための原始反射である哺乳反射の一つとして位置づけられています。

吸啜反射を含む哺乳反射は、赤ちゃんが生きていくために欠かせない原始反射なので、病気や障害によって反射が起こらないと、医療的な対処が必要になります。

ページ上部へ戻る