menu
閉じる
  1. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  2. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  3. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  6. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  10. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
閉じる

乳児期の子育て

非対称性緊張性頸反射とは?消失時期は?消失しないと異常?

赤ちゃん 非対称性緊張性頸反射

非対称性緊張性頸反射とは

仰向けに寝かせた赤ちゃんの首を右側に向けると、右の手足が伸びて、左の手足が曲がる反射のことを非対称性緊張頸反射といいます。

首を左側に向けると、左の手足が伸びて、右の手足が曲がります。

この反射があることで、赤ちゃんは、うつ伏せになっても窒息しないよう気道を確保できます。

また、周囲のものを触るために手を伸ばしたり、立ち上がったりするための基礎になる反射でもあります。

関連ページ

スポンサーリンク

非対称性緊張性頸反射はいつから、いつまで(消失時期)

いつから

非対称性緊張頸反射は、胎児のころ(在胎28週ころ)から始まり、生まれて間もない時期からみられます。

いつまで

発達に異常がない場合、生後4~5ヶ月頃に消失します。

非対称性緊張性頸反射が連続する、消失しない

非対称性緊張頸反射が連続してみられる場合は、中枢神経系に異常がある可能性があります。

非対称性緊張性頸反射が残ると、成長とともに次のような影響が出るようになります。

  • 手書きで文字を書くときに支障が出る(横書きが苦手になる、紙を斜めにしないと書きにくさを感じる)
  • 音読が苦手になる
  • 緊張型頭痛になる
  • 食べ方が汚くなる
ページ上部へ戻る