menu
閉じる
  1. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  2. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  3. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  4. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  5. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  8. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  9. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

把握反射とは?いつまで?消失しない、赤ちゃんが手を握る力が弱い原因は?

赤ちゃん 手 把握反射

人差し指で赤ちゃんの手の平に触れると、赤ちゃんがギュッと握ってくれるのを知っていますか?

「赤ちゃんが手を握ってくれた。」と嬉しくなるものですが、実は、赤ちゃんが自分の意思で握っているのではなく、手の把握反射という機能によるものです。

把握反射は、赤ちゃんに生まれつき備わっている原始反射の一つで、よく知られている「手の把握反射」の他に、「足の把握反射」も存在しています。

把握反射はいつから出現して、いつまで起きるのでしょうか?

また、足の把握反射とはどのような反射なのでしょうか?

このページでは、手の把握反射と足の把握反射の概要、出現時期と消失時期(いつから、いつまで)、反射の異常と原因について紹介します。

原始反射とは

手の把握反射、足の把握反射の前に、原始反射の基本について見ておきましょう。

原始反射とは、赤ちゃんが胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

反射とは、感覚器から得たある刺激に対してある反応を示すことで、脊髄と脳幹が中枢の役割を果たしています。

原始反射は、健常な赤ちゃんの場合、お母さんの胎内にいる頃に出現して、生まれたての頃から機能し、中脳や大脳皮質など高次の脳が成熟するにつれて消失していきます。

引用:赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?|乳児期の子育て

原始反射は、健常な赤ちゃんのほとんどが生まれつき持っていて、赤ちゃんを危険から守ったり、必要な栄養を摂取したりするのに大切な役割を果たしています。

また、原始反射が繰り返し出現することで運動機能が向上し、反射によって起きていた行動を自分の意思で実行できるようになっていきます。

主な原始反射は、次のとおりです。

  • 交叉伸展反射
  • 屈筋逃避反射
  • 手掌把握反射
  • 足底把握反射
  • バビンスキー反射
  • ギャラン反射
  • 陽性支持反射
  • 台乗せ反射
  • 自立歩行反射
  • 哺乳反射(探索反射、捕捉反射、吸啜反射、嚥下反射)
  • 押し出し反射
  • 引き起こし反射
  • モロー反射
  • 緊張性迷路反射
  • 非対称性緊張性頸反射
  • 対称性緊張性頸反射

手の把握反射とは

手の把握反射とは、①指などで赤ちゃんの手の平を刺激すると、②ギュッと握る原始反射です。

単に把握反射と言えば、手の把握反射を意味することが多くなっており、また、握り反射や手の平把握反射と呼ばれることもあります。

指以外でも、お箸やペンなど細長い物で、赤ちゃんの手の平の小指側から親指側に向けて刺激するとギュッと握ります。

手の把握反射は、外の刺激から身を守るために備わっている原始反射ですが、障害や異常がある場合は、握る反応が起きなかったり、握りしめた物を手離せなくなったりすることがあります。

把握反射の読み方

把握反射と書いて「はあくはんしゃ」と読みます。

把握とは、物を手でしっかり掴むことを意味する単語です。

最近は、状況を理解することという意味で使われることが多くなっていますが、手で掴むというのが元々の意味です。

手の把握反射はいつから、いつまで(消失時期)

原始反射が現れる時期を出現時期、消えていく時期を消失時期といいます。

手の把握反射はいつから(出現時期)

手の把握反射は、胎児の頃(在胎28週頃)に出現し、在胎32週頃に成熟するため、生まれての頃から確認することができます。

手の把握反射はいつまで(消失時期)

健常な赤ちゃんの場合は、生後4~6ヶ月頃には自然に消失していくものです。

消失するというのは、手の平に触れた物を「握ることができなくなる」ということではなく、「自分の意思で握ることができるようになる」ということです。

手の把握反射の異常(出現しない、手を握る力が弱い、消失しない)

手の把握反射が出現しない、もしくは手を握る力が弱い場合、脳や上部脊髄に重い障害を抱えている可能性があります。

なお、手の把握反射は、赤ちゃんの吸啜(母乳やミルクを飲むこと)により促進されることが研究結果から明らかになっています。

足の把握反射とは

足の把握反射とは、①赤ちゃんの足の裏(土踏まずの近く)を指や綿棒で刺激すると、②足の指が5本とも曲がる原始反射です。

手の把握反射と違って、何かを把握する(握る)わけではありませんが、指をギュッと曲げる反応を見せることから把握反射と呼ばれています。

足底把握反射と呼ばれることもあります。

手の把握反射に比べるとあまり知られていませんが、足の把握反射が消失する時期によって、赤ちゃんの伝い歩きや一人歩きの時期が影響されるため、いつまで起きる反射なのかは知っておく必要があります。

足の把握反射はいつから、いつまで(消失時期)

原始反射が現れる時期を出現時期、消えていく時期を消失時期といいます。

足の把握反射はいつから(出現時期)

足の把握反射は、手の把握反射と同じで胎児の頃(在胎28週頃)に出現し、在胎32週頃に成熟します。

そのため、生まれる頃にはしっかり備わっています。

足の把握反射はいつまで(消失時期)

病気や障害による異常がない赤ちゃんの場合、生後9~10ヶ月頃に自然消失します。

足の把握反射の異常(出現しない、弱い、消失しない)

足の把握反射が出現しない場合、脳や上部脊髄の深刻な障害、頭蓋内出血などが疑われます。

また、消失しない場合も、脳の異常が影響している可能性があります。

足の把握反射が消失しない場合、土踏まずの近くが刺激されるたびに足の指が曲がる反応が起こることになり、伝い歩きや一人歩きに支障が出ることがあります。

例えば、赤ちゃんが足を床につけるのを嫌がったり、身体のバランスがとれずに転倒したり、土踏まずに物が触れないような歩き方を身につけたりします。

まとめ

原始反射は、健常な赤ちゃんが生まれつき持っている機能で、生命維持や運動機能の発達に欠かせないものです。

手の把握反射と足の把握反射も原始反射の一つで、通常は新生児期から乳児期の間に確認できますが、病気や障害の影響で出現しないことがあります。

一方で、いつまでも消失せず、把握や歩行に支障をきたす原因になることもあります。

把握反射に異常がある場合は、家庭で手当てすることは困難なので、小児科に相談した上で、赤ちゃんに必要な治療を受けさせてあげましょう。

ページ上部へ戻る