menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  3. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  4. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  10. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
閉じる

乳児期の子育て

ギャラン反射とは?やり方は?いつから、いつまで?消失しないと異常?

赤ちゃん ギャラン反射

ギャラン反射を知っていますか?

人の赤ちゃんは、他の哺乳類に比べると運動機能が未熟な状態で生まれてきます。

例えば、生まれたての頃は、自力で手足を動かすこともままなりませんし、目もほとんど見えていません。

しかし、生まれつき備わっている原始反射によって、母乳を飲んだり、周りの刺激から身を守ったりすることができます。

ギャラン反射は、原始反射の一つです。

一時期、ギャラン反射によって起こる反応の可愛さがネット上で反響を呼んだので、知っている人も多いのではないでしょうか。

このページでは、ギャラン反射の概要(やり方)、出現時期と消失時期(いつから、いつまで)、ギャラン反射の異常について紹介します。

原始反射とは

まず、原始反射について確認しておきます。

原始反射とは、赤ちゃんが胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

反射とは、感覚器から得たある刺激に対してある反応を示すことで、脊髄と脳幹が中枢の役割を果たしています。

原始反射は、健常な赤ちゃんの場合、お母さんの胎内にいる頃に出現して、生まれたての頃から機能し、中脳や大脳皮質など高次の脳が成熟するにつれて消失していきます。

引用:赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?|乳児期の子育て

原始反射は、健常な赤ちゃんには生まれつき備わっており、生命維持と運動機能の発達に欠かせないものです。

しかし、病気や障害が原因で出現しなかったり、反応が弱かったりすることがあり、一方で、出現した原始反射がいつまでも消失しないこともあります。

そのため、原始反射の有無や程度、出現の仕方は、赤ちゃんの病気や障害、運動機能の発達を確認する指標となっており、乳幼児健診でも確認する項目に含まれています。

主な原始反射は、次のとおりです。

  • 交叉伸展反射
  • 屈筋逃避反射
  • 手掌把握反射
  • 足底把握反射
  • バビンスキー反射
  • ギャラン反射
  • 陽性支持反射
  • 台乗せ反射
  • 自立歩行反射
  • 哺乳反射(探索反射、捕捉反射、吸啜反射、嚥下反射)
  • 押し出し反射
  • 引き起こし反射
  • モロー反射
  • 緊張性迷路反射
  • 非対称性緊張性頸反射
  • 対称性緊張性頸反射

スポンサーリンク

ギャラン反射とは(ギャラン反射のやり方)

ギャラン反射とは、①赤ちゃんをうつぶせに寝かせた状態で、②肩甲骨から腰骨辺りまでを背骨に沿って上から下にこすることで、③こすった方へ身体をグニャッと曲げる原始反射です。

英語では「garant reflex」と表記し、ギャラント反射、ガラント反射、側彎反射、背反射などと訳されることもあります。

ギャラン反射は、身体に対する刺激から逃げる行動の名残、もしくは、子宮内での生活や出生時に必要な反射だと考えられています。

ギャラン反射が繰り返し出現することで、身体のバランス感覚に重要な前庭組織を刺激・発達させるという指摘がありますが、出生後の生活に役立つ原始反射ではないという意見もあります。

赤ちゃんの運動機能などを確認するために、1ヶ月健診と3ヶ月健診ではギャラン反射の有無を確認されます。

スポンサーリンク

ギャラン反射はいつから、いつまで(消失時期)

原始反射が現れる時期を出現時期、消えていく時期を消失時期といいます。

ギャラン反射はいつから(出現時期)

ギャラン反射は、胎児の頃(在胎32週)に出現します。

胎内でもギャラン反射による反応を繰り返しており、出生後も新生児のうちから反射が起こります。

ギャラン反射はいつまで(消失時期)

病気や障害などがない赤ちゃんの場合、生後5週(生後2ヶ月)頃には自然に消失します。

中枢神経系が発達し、反射が抑えられていくためです。

ギャラン反射以外の原始反射と同じで、標準的な時期に消失していくのが健常な証で、いつまでも消失せずに残る場合は、何らかの異常を疑います。

ギャラン反射の異常(出現しない、弱い、消失しない)

ギャラン反射が出現しない、もしくは弱い場合は、脊髄の異常が疑われます。

また、生後2ヶ月を過ぎてもギャラン反射が消失しない場合は、脊柱伸展能の異常や、脳性麻痺が疑われます。

脊柱伸展能の異常がある場合、首すわりや腰すわりが遅れ、年齢を重ねるにつれて脊柱側弯症(脊柱が横に曲がった状態)になることもあります。

関連ページ

脳性麻痺の原因と症状は?赤ちゃん特有の特徴と治療法は?

スポンサーリンク

まとめ

ギャラン反射は、生まれたての頃から備わっている原始反射の一つです。

一時期、反射が出現した時の赤ちゃんの動きがかわいいとネット上で話題になり、たくさんの動画がSNSやyoutubeに投稿されたので、興味がある方は確認してみてください。

お尻をフリフリする動きが注目されているようですが、本来の反射は刺激から逃がれるために身体をグニャッと曲げる反射であることは覚えておきましょう。

他の原始反射と同じで、標準的な消失時期(ギャラン反射の場合は生後2ヶ月頃)を過ぎても残る場合は、脳や脊柱の異常が疑われるので、気づいた時点で小児科を受診させましょう。

ページ上部へ戻る