menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  2. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  3. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  4. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  5. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  6. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  9. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?

原始反射

赤ちゃんは、生まれたての頃からいろいろなことができます。

例えば、おっぱいを加えて母乳を飲んだり、指で赤ちゃんの手のひらに触れるとキュッと握ったりします。

こうした動きは原子反射と呼ばれており、特定の刺激に対する反射として、赤ちゃんの意思とは関係なく起こります。

原始反射は、運動機能が未熟な状態で生まれてくる赤ちゃんが、胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

原始反射にはどのような種類があり、いつ頃出現していつ頃消失するのでしょうか?

このページでは、原子反射の種類と特徴、消失時期について紹介します。

原始反射とは

赤ちゃん 原子反射とは

原始反射とは、赤ちゃんが胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

反射とは、感覚器から得たある刺激に対してある反応を示すことで、脊髄と脳幹が中枢の役割を果たしています。

原始反射は、健常な赤ちゃんの場合、お母さんの胎内にいる頃に出現して、生まれたての頃から機能し、中脳や大脳皮質など高次の脳が成熟するにつれて消失していきます。

原始反射の役割

原始反射の役割は、赤ちゃんの生命維持と運動機能の発達に分けることができます。

原始反射の役割:生命維持

人の赤ちゃんは、他の哺乳類に比べると、運動機能がとても未熟な状態で生まれてきます。

目がほとんど見えず、自分の意思で手足を動かすこともままなりませんし、泣く以外の方法で気持ちを表現することもできません。

そんな赤ちゃんが、胎外の環境に適応できるように備わっているのが、原始反射です。

例えば、生まれたての赤ちゃんは、自力で乳首を探し当て、吸い付いて、母乳やミルクを飲むという一連の動きを学習していません。

しかし、哺乳反射という原始反射が備わっているため、唇やその近くに触れた物に吸い付き、母乳やミルクを飲むことができます。

原始反射の役割:運動機能の発達

原始反射による一定の反応を繰り返すうちに、中枢神経系が成熟して筋力も向上していきます。

そして、原始反射の反応として現れていた動きを、赤ちゃんが自分の意思で実行できるようになります。

例えば、生まれたての頃は哺乳反射に頼って母乳やミルクを飲んでいますが、慣れてくると、反射に頼らず自分の意思で飲むことができるようになります。

スポンサーリンク

原始反射は発達の指標

赤ちゃん 原子反射

原始反射は、健常な赤ちゃんが持って生まれてくる機能であり、原始反射の有無や強弱、出現の仕方を見ることで、障害の有無や症状の程度、運動機能の特徴を評価することができます。

例えば、原始反射が消失するはずの時期を過ぎても残る場合、脳性麻痺、脳の損傷や成熟の遅れがある可能性があります。

原始反射が出現しないもしくは弱い場合、先天性筋ジストロフィーなどの筋疾患の可能性があります。

また、右半身と左半身で原始反射の現れ方に差がある場合は、脳性麻痺や身体のケガなどが考えられます。

関連ページ

スポンサーリンク

主な原始反射の種類と特徴、消失時期一覧

赤ちゃん 原子反射 種類 特徴 消失時期

原子反射の種類、出現時期と消失時期、特徴について見ていきます。

原始反射の種類:反射中枢が脊髄にある原始反射

反射中枢が脊髄にある原始反射は、同じ刺激に対して、常に同じ反応を示すのが特徴です。

  • 交叉伸展反射
  • 屈筋逃避反射
  • 手掌把握反射
  • 足底把握反射
  • バビンスキー反射
  • ギャラン反射
  • 陽性支持反射
  • 台乗せ反射
  • 自立歩行反射

交叉伸展反射

交叉伸展反射とは、①赤ちゃんをあおむけに寝かせた状態で、②赤ちゃんの片膝を押さえて足を伸ばし、③足の底を強めに押すと、④反対側の足が曲がり、⑤その後、足を伸ばして内側に回す(交叉)原始反射です。

交差性伸展反射が消失しないと、一人歩きが困難になってしまいます。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後1ヶ月~2ヶ月

屈筋逃避反射

屈筋逃避反射とは、①赤ちゃんをあおむけに寝かせた状態で、②足先を針や爪で刺激すると、③刺激した方の足を曲げてひっこめる原始反射です。

屈筋逃避反射は、強い刺激に対する防御反応ですが、消失しないと立つことが難しくなってしまいます。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後1ヶ月~2ヶ月

手掌把握反射

赤ちゃん 手 把握反射

手掌把握反射とは、①指や綿棒で赤ちゃんの手の平を刺激すると、②手の平をギュッと握る原始反射です。

握り反射や手の平把握反射と呼ばれることもあります。

細長い物で、赤ちゃんの手の平の小指側から刺激すると起こりやすいものです。

手掌把握反射は、自分の身を守るための反射ですが、消失しない場合、些細な刺激で手を握りしめたり、一度握った物を手放すことができなくなったりする可能性があります。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後4ヶ月~6ヶ月

関連ページ

足底把握反射

足底把握反射とは、①赤ちゃんの足の裏を指や綿棒などで刺激すると、足の指が5本ともギュッと曲がる原始反射です。

足底把握反射が消失しない場合、足の裏の感覚が過敏になってつま先立ちをしたり、足の指が曲がったりすることがあります。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後9ヶ月~10ヶ月

バビンスキー反射

赤ちゃん バビンスキー反射

バビンスキー反射とは、①尖った物で、②赤ちゃんの足の裏を、かかとからつま先に向かって強めにこすると、③足の親指が足の甲側に曲がり、④親指以外の指が外側に開く原始反射です。

バビンスキー反射は、新生児の足の異常や、中枢神経系の異常の有無を確認する上で重要な反射です。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後1歳~2歳

関連ページ

ギャラン反射

赤ちゃん ギャラン反射

ギャラン反射とは、①赤ちゃんを、大人のひざの上にうつぶせに寝かせた状態で、②指先で肩甲骨から背骨に沿って上から下にゆっくりこすることで、③、こすった側へ身体をグネッと曲げる原始反射です。

ガラント反射、ギャランと反射、側彎反射などと呼ばれることもあります。

ギャラン反射は、刺激から逃れたり、子宮の中で動いたりするために大切な反射ですが、消失しない場合は、首すわりや腰すわりが遅れることがあります。

  • 出現時期:在胎32週
  • 消失時期:生後2ヶ月(生後5週頃)

関連ページ

陽性支持反射

陽性支持反射とは、①赤ちゃんの両わきを支えて立たせ、②足の裏を床につけさせると、③つま先を突っ張るようにして身体を支える原始反射です。

陽性支持反射が消失しない場合は、自立歩行反射は現れず、一人歩きにも支障が出ることがあります。

  • 出現時期:在胎35週
  • 消失時期:生後2ヶ月頃

台乗せ反射

台乗せ反射とは、①赤ちゃんの両わきを支えて立たせ、②足の甲を台に押し付けると、③足を曲げて台の上に足を乗せる原始反射です。

台乗せ反射は、手でも同じ反射が見られます。

  • 出現時期:在胎35週
  • 消失時期:生後3ヶ月

自立歩行反射

赤ちゃん 自立歩行反射

自立歩行反射とは、①赤ちゃんの両わきを抱えて立たせ、②陽性支持反射を起こした上で、③身体をゆっくり前の方へ傾けていくと、④歩いているかのように両足を交互に出す原始反射です。

人が二足歩行するための最も基礎となる反射で、胎内でも繰り返して足を動かしていることが分かっています。

  • 出現時期:在胎37週
  • 消失時期:生後2ヶ月

関連ページ

原始反射の種類:反射中枢が脳幹にある原始反射

反射中枢が脳幹にある原始反射は、以下のとおりです。

  • 哺乳反射(探索反射、捕捉反射、吸啜反射、嚥下反射)
  • 押し出し反射
  • 引き起こし反射
  • モロー反射
  • 緊張性迷路反射
  • 非対称性緊張性頸反射
  • 対称性緊張性頸反射

哺乳反射

赤ちゃん 哺乳反射

哺乳反射とは、赤ちゃんが、①乳首を見つけて口を開け、②乳首に吸い付き、③母乳やミルクを飲むための一連の原始反射です。

赤ちゃんが生きていくためになくてはならない原始反射ですし、首すわりが完成する時期にも影響します。

哺乳反射には、探索反射、捕捉反射、嚥下反射、吸啜反射の4種類があります。

関連ページ

哺乳反射1:探索反射

探索反射とは、①唇やその周辺に物が触れると、②口を開きながら、③触れた物の方向に顔を向ける原始反射です。

口唇反射とも呼ばれることがあり、お母さんの乳首を探すために必要になります。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後3ヶ月~5ヶ月

関連ページ

哺乳反射2:捕捉反射

捕捉反射とは、唇やその周辺に触れた物をくわえる原始反射です。

探索反射に続いて起こる反射で、探索反射と捕捉反射を区別せず、まとめて探索反射と呼ぶこともあります。

お母さんの乳首をくわえて母乳を飲む準備をするために必要です。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後3~5ヶ月

関連ページ

哺乳反射3:吸啜反射

吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)とは、口にくわえた物に強く吸い付く原始反射です。

吸啜反射は、お母さんの乳首に吸い付いて母乳を飲むために必要です。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後5ヶ月~6ヶ月

関連ページ

嚥下反射

嚥下反射とは、口の中に流れ込んだ液体を飲み込む原始反射です。

嚥下反射は、母乳やミルクを飲み込むために必要になります。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後5ヶ月~6ヶ月

関連ページ

押し出し反射

押し出し反射とは、舌に触れた固形物を舌で押し出そうとする原始反射です。

押し出し反射は、誤飲や窒息を防ぐために必要ですが、離乳食を始めた後に残っていると、離乳食が進まなくなります。

なお、授乳時には、哺乳反射が押し出し反射に優先されることが分かっています。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後5ヶ月~6ヶ月

関連ページ

スポンサーリンク

引き起こし反射

赤ちゃん 引き起こし反射

引き起こし反射とは、①赤ちゃんをあおむけに寝かせた状態で、②両手を持ってゆっくり引き起こすと、③頭が持ち上がり、両手両足や身体が曲がって、④起き上がろうとする原始反射です。

引き起こし反射が起こらない場合、脳の障害や低緊張などの可能性が疑われます。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後2ヶ月~5ヶ月

関連ページ

モロー反射

赤ちゃん モロー反射

モロー反射とは、①赤ちゃんをあおむけに寝かせた状態で、②頭を少し持ち上げてから下ろすと、③赤ちゃんがアッと驚くポーズ(両腕を外側に向けて開く)をとり、④その後、両腕を自分の体に引き寄せる(しがみつくような動き)原始反射です。

モロー反射は、落下から頭や身体を守るための反射だと考えられています。

日常場面では、音(玄関のベルの音や、ビニール袋のガサガサ音)、ベッドに寝かせようとした時などにも似たような反応が見られますが、モロー反射とは区別されています。

  • 出現時期:在胎28週
  • 消失時期:生後4ヶ月

関連ページ

緊張性迷路反射

緊張性迷路反射とは、重力がかかる方向と、赤ちゃんの頭の位置によって起こる原始反射です。

あおむけの状態では両手両足や身体を伸ばし、うつぶせの状態では両手両足を曲げて身体を丸める動きが見られます。

緊張性迷路反射は、重力がかかる胎外の環境に適応するための反射です。

  • 出現時期:生まれた時
  • 消失時期:生後5ヶ月~6ヶ月

関連ページ

緊張性迷路反射(原始姿勢反射)とは?消失時期、発達障害との関係は?

非対称性緊張性頸反射

赤ちゃん 非対称性緊張性頸反射

非対称性緊張性頸反射とは、①赤ちゃんをあおむけに寝かせた状態で、②赤ちゃんの首を左右の一方に曲げると、同じ側の手足が伸び、③反対側の手足が曲がる原始反射です。

  • 出現時期:生まれた時
  • 消失時期:生後4ヶ月~6ヶ月

関連ページ

対称性緊張性頸反射

対称性緊張性頸反射とは、①赤ちゃんをうつぶせの状態にして、②頭を上げさせると、両腕が伸びて両足が曲がり、③頭を下げさせると、両腕が曲がって両足が伸びる原始反射です。

  • 出現時期:生後4ヶ月~6ヶ月
  • 消失時期:生後10ヶ月~1歳

まとめ

脊髄と脳幹を反射中枢とする原始反射を中心に紹介しました。

原始反射は赤ちゃんが胎外環境に適応し、自分の意思で身体を動かすようになるために重要な役割を果たしています。

新生児や低月齢の赤ちゃんを育てている家庭では、意識して赤ちゃんを観察してみると、いくつも原始反射を見つけられるでしょう。

ページ上部へ戻る