menu
閉じる
  1. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  6. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  7. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  8. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  9. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  10. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?

原始反射

赤ちゃんは、生まれたての頃からいろいろなことができます。

例えば、おっぱいを加えて母乳を飲んだり、指で赤ちゃんの手のひらに触れるとキュッと握ったりします。

こうした動きは原子反射と呼ばれており、赤ちゃんの意思とは関係なく、特定の刺激に対する反射として起こるものです。

原始反射は、生まれたての赤ちゃんが、お母さんのお腹の外で生活する上で欠かせないものばかりですし、反射を繰り返し起こさせることで、身体や神経系の発達にもつながっていきます。

このページでは、原子反射の種類と特徴、消失時期について紹介します。

原始反射とは

赤ちゃん 原子反射とは

原始反射とは、赤ちゃんが生まれたとき(正確には胎児のころ)から持っている反射のことです。

生まれて間もない赤ちゃんは、目もほとんど見えず、自分の意思で身体を動かすこともできません。

そんな心も身体も未熟な赤ちゃんが、お母さんのおなかの外でもちゃんと生きていけるように備わっているのが原始反射です。

低月齢の赤ちゃんは、原始反射によって母乳やミルクをしっかり飲むことができますし、原始反射を繰り返すことで、少しずつ自分の意思で身体を動かすだけの筋肉をつけていきます。

原始反射は、低月齢の赤ちゃんにとっては生命線ともいえる能力ですが、月齢を経て脳や中枢神経系が成熟するにつれて抑制され、消失していきます。

スポンサーリンク

原始反射は発達の指標

赤ちゃん 原子反射

原始反射は、問題がない場合はすべての赤ちゃんがもって生まれてくるものなので、中枢神経系の発達や成熟を見る指標になります。

原始反射が見られるべき時期(新生児期~)に見られないとき、原始反射に左右の差があるとき、原始反射が消失する時期になっても残っているときは、中枢神経系に異常がある可能性があります。

反射に左右差がある場合は、脳性麻痺や鎖骨骨折などの可能性が考えられます。

原始反射がいつまでも消失場合は、脳性麻痺や運動の発達遅滞(発達障害)が考えられます。

通常、医師は、赤ちゃんが出生した病院を退院する時、1ヶ月健診、3ヶ月健診(地域によっては4ヶ月健診)で原始反射を確認します。

関連ページ

スポンサーリンク

主な原始反射の種類と特徴、消失時期一覧

赤ちゃん 原子反射 種類 特徴 消失時期

それでは、主な原子反射の種類と特徴、消失時期についてみていきましょう。

なお、パラシュート反射以外の原子反射は、赤ちゃんが生まれたときから持っているものなので、反射が始まる時期については割愛しています。

 

哺乳反射

赤ちゃん 哺乳反射

哺乳反射とは、生まれて間もない赤ちゃんが、母乳やミルクを上手に飲むための原始反射です。

哺乳反射には、探索反射、捕捉反射、嚥下反射、吸啜反射の4つがあります。

関連ページ

探索反射

探索反射とは、唇やその周辺にものが触れると、触れたものの方向を向いて口を開く反射です。

お母さんの乳房や乳首を探すために必要です。

関連ページ

捕捉反射

捕捉反射とは、唇やその周辺にものが触れると、触れたものの方を向いて、唇と舌でくわえようとする反射です。

お母さんの乳首をくわえるために必要です。

関連ページ

吸啜反射

吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)とは、乳首や哺乳瓶など口に入ってきたものをくわえて吸う反射のことです。

お母さんのおっぱいを力強く吸うために必要です。

通常は、生後6ヶ月頃に消失します。

関連ページ

嚥下反射

嚥下反射とは、口の中に流れ込んだ液体を飲み込む反射です。

母乳やミルクを飲み込むために必要です。

関連ページ

押し出し反射

固形物が舌に触れると、舌で物を押し出そうとする反射です。

誤飲や窒息を防ぐために必要になります。

通常、生後5ヶ月~6ヶ月頃に消失するもので、押し出し反射の消失を待って離乳食を開始する課程が多くなっています。

なお、授乳時には哺乳反射が押し出し反射に優先されることが分かっています。

関連ページ

スポンサーリンク

把握反射(手の把握反射、足の把握反射)

赤ちゃん 手 把握反射

指などを赤ちゃんの手のひらに触れさせると、手のひらをギュッと握る反射のことを把握反射といいます。

握り反射、手掌把握反射ともいいます。

赤ちゃんの足の裏や、足の親指の付け根を圧迫すると、足の指が5本ともギュッと丸まる反射のことを、足底把握反射といいます。

通常、把握反射は生後4~6ヶ月頃に、足底把握反射は生後10ヶ月頃に消失します。

関連ページ

モロー反射

赤ちゃん モロー反射

モロー反射とは、赤ちゃんを仰向けにした状態で頭を下ろしたときに、あっと驚くポーズ(両腕を外側に向けて開く)をして、それから両腕を自分の体に引き寄せる反射のことです。

日常場面では、音(玄関のベルの音や、ビニール袋のガサガサ音)、ベッドに寝かせようとしたときなどに見られます。

通常は、生後4ヶ月頃までに消失します。

関連ページ

引き起こし反射

赤ちゃん 引き起こし反射

両手を持って赤ちゃんの上体を引き起こしたときに、赤ちゃんが首や肩などの筋肉を使って肘を曲げ、身体を丸める反射のことを引き起こし反射といいます。

通常は、生後1ヶ月過ぎに消失します。

関連ページ

非対称性緊張性頸反射

赤ちゃん 非対称性緊張性頸反射

仰向けに寝かせた赤ちゃんの首を右側に向けると、右の手足が伸びて、左の手足が曲がる反射のことを非対称性緊張頸反射といいます。

首を左側に向けると、左の手足が伸びて、右の手足が曲がります。

通常は、生後4ヶ月頃に消失します。

関連ページ

バビンスキー反射

赤ちゃん バビンスキー反射

綿棒などで、赤ちゃんの足の裏をかかとからつま先に向かってこすると、足の親指が足の甲側に曲がり、親指以外の指が外側にひらく反射のことをバビンスキー反射といいます。

バビンスキー反射は、新生児の足の異常や、中枢神経系の異常の有無を確認する上で重要な反射で、1ヶ月健診などでも確認されることがあります。

関連ページ

ギャラン反射

赤ちゃん ギャラン反射

うつぶせに抱っこした状態で、赤ちゃんの背骨の外側を上から下にゆっくりこすると、体をこすった方向に傾ける反射のことを、ギャラン反射といいます。

ギャラン反射は、胎児が子宮の中で運動する際に大切な反射です。

通常は、生後5ヶ月頃になくなります。

関連ページ

自立歩行反射

赤ちゃん 自立歩行反射

赤ちゃんの両脇を抱えて身体を立たせ、足を床につけさせた状態で、赤ちゃんに前かがみの姿勢を取らせると、歩くように足を交互にあげる反射を、自立歩行反射といいます。

人が二足歩行するための最も基礎となる反射で、胎児のうちからお母さんのおなかの中で自立歩行反射を繰り返していることが分かっています。

通常は、生後5ヶ月ころになくなります。

関連ページ

パラシュート反射

赤ちゃん パラシュート反射

赤ちゃんをうつ伏せの状態で抱っこして、頭を下にした状態で下ろすと、両手を広げて身体を支えようとする反射をパラシュート反射といいます。

他の原始反射と違い、生後8ヶ月ころから見られるようになり、一度身につけると一生なくなりません。

関連ページ

ページ上部へ戻る