menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  2. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  3. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  4. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  5. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  6. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  7. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  8. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  9. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  10. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
閉じる

乳児期の子育て

バブキン反射とは?原始反射の一つ?いつからいつまで(消失時期)?

バブキン反射 赤ちゃん 新生児

生まれたての赤ちゃんは、自分の意思で身体を自由に動かすことはできませんが、お母さんのおなかの外での生活に必要な反射を身につけています。

この、生まれ持った反射を原始反射といい、おっぱいを吸うための哺乳反射、手の平に触れた物をギュッと握る手掌の把握反射などたくさんの種類があります。

バブキン反射も原始反射の一つで、原始反射の中でも短い期間にのみ見られるものです。

このページでは、バブキン反射の概要、見られる時期(いつから、いつまで)、バブキン反射が統合されない場合について紹介します。

スポンサーリンク

バブキン反射とは

バブキン反射とは、赤ちゃんの手の平を押すと、パカッと口を開けて、頭を前か横へ突き出す反射のことです。

バブキン反射は、赤ちゃんの身体に生まれつき備わっている原始反射の一つで、赤ちゃんの意思とは関係なく、「手の平を押す」という刺激に対して、身体が無意識(自発的)に反応します。

口を開ける、首を曲げる、頭を回転させるという、新生児期の赤ちゃんが自分の意思ではできない動作が、反射によって一連の流れとして起こるのです。

健常な赤ちゃんよりも、未熟児(低出生体重児など)の方が敏感に反応する傾向があると言われています。

名前の由来は、ロシアの神経学者ボリス・バブキンのラストネームです。

関連ページ

スポンサーリンク

バブキン反射のやり方

  1. 赤ちゃんをあおむけに寝かせる
  2. 赤ちゃんの両手の平を強めに押す

バブキン反射はいつから、いつまで(消失時期)

バブキン反射が見られる時期について見てみましょう。

バブキン反射はいつから

バブキン反射は、生まれたての頃から見られます。

他の原始反射と同じで、お母さんのおなかにいる頃(在胎26週前後)から起きることが分かっています。

バブキン反射はいつまで(消失時期)

バブキン反射の消失時期については、生後1週間前後で消失するという意見と、生後3ヶ月頃まで残るという意見があり、統一されていません。

ただし、脳性麻痺など中枢神経系の病気や障害がある赤ちゃんの場合、早めにバブキン反射が消失する傾向があることは分かっています。

そのため、赤ちゃんの成長発達や、脳性麻痺の可能性を見るために活用されています。

関連ページ

スポンサーリンク

バブキン反射の統合(卒業)に異常がある場合

バブキン反射を含む原始反射は、脳などの中枢神経系が発達するにつれて働きが抑制され、意思に基づく行動が増えていくものです。

バブキン反射がうまく統合(卒業)できない場合、成長した後に影響が出るという指摘があります。

具体的には、手を動かした時に口と舌が不随意(意思とは関係なく)動く、字がうまく書けない、発語や発音に課題が残るといった影響が出ることがあると言われています。

ページ上部へ戻る