menu
閉じる
  1. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  2. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  3. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  4. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  7. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  8. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  9. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

バビンスキー反射とは?消失時期はいつまで?新生児期に見られる?

赤ちゃん バビンスキー反射

バビンスキー反射とは

バビンスキー反射は、赤ちゃんが生まれたときから持っている反射(原始反射)の一つです。

綿棒などで、赤ちゃんの足の裏をかかとからつま先に向かってこすると、足の親指が足の甲側に曲がり、親指以外の指が外側にひらく反射のことをバビンスキー反射といいます。

バビンスキー反射は、新生児の足の異常や、中枢神経系の異常の有無を確認する上で重要な反射で、1ヶ月健診などでも確認されることがあります。

関連ページ

バビンスキー反射はいつから、いつまで(消失時期)

いつから

バビンスキー反射は、胎児の頃(在胎20週ころ)に成熟し、生まれてすぐからみられます。

いつまで(消失時期)

バビンスキー反射は、発達の異常がない場合、加齢と神経系が発達するに伴って、2歳頃までに消失します。

バビンスキー反射の異常

神経伝達路の障害がある場合、2歳を過ぎてもバビンスキー反射が見られる場合があります。
ページ上部へ戻る