menu
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  4. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  5. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  6. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  7. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  8. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
閉じる

乳児期の子育て

バビンスキー反射とは?消失時期はいつまで?新生児期・赤ちゃんに出現すると異常?

赤ちゃん バビンスキー反射

健常な赤ちゃんには、生まれたての頃から原始反射という機能を持っています。原始反射は、赤ちゃんの生命維持や運動機能の発達に欠かせない機能で、原始反射が出現しない、弱い、いつまでも消失しない場合は、病気や障害が疑われます。

バビンスキー反射は、この原始反射の一つです。

バビンスキー反射とはどのような反射で、どのような異常がある場合に出現するのでしょうか?

このページでは、バビンスキー反射の概要と、出現時期と消失時期(いつから、いつまで)について紹介します。

原始反射とは

バビンスキー反射を紹介する前に、原始反射について確認しておきましょう。

原始反射とは、赤ちゃんが胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

反射とは、感覚器から得たある刺激に対してある反応を示すことで、脊髄と脳幹が中枢の役割を果たしています。

原始反射は、健常な赤ちゃんの場合、お母さんの胎内にいる頃に出現して、生まれたての頃から機能し、中脳や大脳皮質など高次の脳が成熟するにつれて消失していきます。

引用:赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?|乳児期の子育て

一般的な原始反射は、健常な赤ちゃんの生命維持や運動機能の発達に役立つ機能で、病気や障害が原因で出現しないもしくは弱い、いつまでも消失しないことがあります。

主な原始反射は、次のとおりです。

  • 交叉伸展反射
  • 屈筋逃避反射
  • 手掌把握反射
  • 足底把握反射
  • バビンスキー反射
  • ギャラン反射
  • 陽性支持反射
  • 台乗せ反射
  • 自立歩行反射
  • 哺乳反射(探索反射、捕捉反射、吸啜反射、嚥下反射)
  • 押し出し反射
  • 引き起こし反射
  • モロー反射
  • 緊張性迷路反射
  • 非対称性緊張性頸反射
  • 対称性緊張性頸反射

バビンスキー反射とは

バビンスキー反射とは、①赤ちゃんを青胸に寝かせた状態で、②赤ちゃんの足の裏を尖った物(針や鉛筆の先など)でかかとからつま先に向けてこすると、③足の親指が足の甲側に曲がり、他の4本の指が外側に開く原始反射です。

フランス人医師のジョゼフ・ババンスキーが発見した反射ですが、日本ではバビンスキー反射と呼ばれています。

バビンスキー現象やバビンスキー徴候と呼ばれることもあります。

バビンスキー反射は、他の原始反射と同じで発達の指標となるもので、乳幼児健診でも確認されますが、他の原始反射と違って病的反射の一つに分類されています。

病的反射とは

病的反射とは、健常な人には出現しない反射のことです。

ただし、乳幼児の場合は健常な場合でも出現することがあり、年齢を経るにつれて消失していきます。

バビンスキー反射以外の主な病的反射は、次のとおりです。

  • ホフマン反射
  • チャドック反射
  • トレムナー反射
  • ワルテンベルク反射
  • 口とがらし反射
  • 強制手探り反射
  • ロッソリーモ反射
  • マリーフォア反射

バビンスキー反射はいつから、いつまで(消失時期)

原始反射が現れる時期を出現時期、消えていく時期を消失時期といいます。

バビンスキー反射はいつから(出現時期)

バビンスキー反射は、胎児の頃(在胎20週ころ)に出現するので、生まれたての頃から確認することができます。

病的反射ではありますが、健常な赤ちゃんでも生後2歳頃までは出現することがあります。

月齢を経るにつれて、足底把握反射のような反応に変化していきます。

バビンスキー反射はいつまで(消失時期)

健常な赤ちゃんの場合、生後2歳頃までに自然に消失していくものです。

生後2歳を過ぎてもバビンスキー反射が残る場合は、異常を疑います。

バビンスキー反射の異常

バビンスキー反射は、出現しないのが正常ですが、生後2歳頃までは出現していても問題はありません。

しかし、生後2歳以降になっても残る場合は、錐体路障害が疑われます。

錐体路障害とは、人が自分の意思で行う運動を司る神経の通り道(錐体路)が障害されることで生じる症状の総称です。

バビンスキー反射に対する誤解

バビンスキー反射は、誤解が多い原始反射としても有名です。

「バビンスキー反射=足底把握反射」という誤解

足の把握反射とは、①赤ちゃんの足の裏(土踏まずの近く)を指や綿棒で刺激すると、②足の指が5本とも曲がる原始反射です。

引用:把握反射とは?いつまで?消失しない、赤ちゃんが手を握る力が弱い原因は?|乳児期の子育て

バビンスキー反射も脚底把握反射も足の裏を刺激することで起こる反射です。

一方で、バビンスキー反射が、足を開く(親指を足の甲へ、他の指を外側へ開く)のに対して、足底把握反射は、5本の指をギュッと曲げるという違いがあります。

「バビンスキー反射とは、足の指を開く反射である」という誤解

バビンスキー反射は、足の裏への嫌悪刺激から逃げるための反射であり、足を開く反射ではありません。

まとめ

バビンスキー反射は、原始反射の一つです。

しかし、一般的な原始反射が、赤ちゃんの生命維持や運動機能の発達に重要な役割を果たしているのに対して、バビンスキー反射はそうした役割は見当たりません。

むしろ、正常であれば出現しない反射(=病的反射)の一つに分類されています。

赤ちゃんのうちにバビンスキー反射が出現していても気にする必要はありませんが、生後2歳を過ぎても反射が残る場合は、錐体路障害が疑われるため、小児科に相談しましょう。

ページ上部へ戻る