menu
閉じる
  1. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  4. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  5. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  6. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  7. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  8. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  9. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

カテゴリー:気になる症状

赤ちゃんが夜中に泣き出すと、「夜泣き」だと思って抱っこしたりあやしたりしていませんか?実は、赤ちゃんが泣いているのは「夜泣き」ではなく、「寝言泣き」の可能性があります。寝言泣きは、赤ちゃんが寝ている状態で発する寝言の一種なの…

赤ちゃんは、日々、新しい動きを覚えては繰り返し練習して身につけていきます。首がすわり、寝返りや寝返り返りを覚え、一人でお座りできるようになり、ズリバイやハイハイで床の上を動き回ります。そして、つかまり立ちで「立つ」ことを覚え、伝い歩…

赤ちゃんの寝方と言えば、あおむけが基本です。しかし、あおむけで寝かしつけたはずなのに、気がついたら横向きやうつぶせになっている、バンザイして布団から手を出している、うずくまっているといったことはよくあります。時々なら「かわい…

赤ちゃんが母乳やミルクをよく吐いていませんか?新生児期から低月齢の赤ちゃんがよく吐く(吐き戻しや嘔吐)のは、実はそれほど珍しいことではないのですが、親としては、赤ちゃんが吐くと、「病気じゃないか。」、「どこか異常があるのではないか。…

赤ちゃんの笑顔は、周囲を癒してくれるものです。通常、生まれたての頃は、無意識に起こる生理的微笑(新生児微笑)が見られ、生後2ヶ月~3ヶ月頃になると、周囲の刺激に反応して笑う社会的微笑に切り替わります。そして、月齢を経るにつれ…

この世に誕生したばかりの赤ちゃんが「オギャー!」と元気な声をあげるのが産声です。産声は、周りの人に「無事に生まれてきたよ!」ということを知らせるものものですが、新生児仮死という仮死状態で生まれてきた赤ちゃんは、産声をあげることができ…

主な原因はストレスと言われる歯ぎしり。「ギシギシ」という独特の不快な音に加え、歯や顎へのダメージ、頭痛や肩こりにも繋がるため、歯ぎしりに悩む人は少なくありません。実は歯ぎしりは、大人だけではなく、乳児期の赤ちゃんにも見られる…

赤ちゃんが絵本を逆さまに見ていることはありませんか?「逆さまだよ」と指摘しても、赤ちゃんはキョトンとするだけで、気が付くとまた逆さまに見ていることが多く、親としては、「何か異常があるのではないか。」と不安や悩みを抱きがちですし、自閉…

生後2歳~3歳頃は言葉の発達にとってとても大切な時期です。通常、言葉の爆発期をきっかけに、語彙数が一気に増え、2語文、3語文と言語能力がグングン向上していきます。一方で、病気や発達障害、家庭環境などが原因で言葉を発するのが遅…

通常、赤ちゃんは、生後2ヶ月頃からクーイング、生後4ヶ月頃から喃語を発するようになります。生後1歳を過ぎると意味のある言葉を発するようになり、「パパ」、「ママ」など数個の単語を覚えます。1歳後半には「ママ、キタ」など2語文が…

赤ちゃんがバイバイする時、手の平はどこに向けていますか?もし、赤ちゃんが手のひらを自分の方に向けてバイバイしていたら、それが逆手バイバイ(逆転バイバイ)です。自閉症や発達障害が社会に浸透するにつれ、「逆手バイバイ(逆転バイバ…

赤ちゃんが水やお茶を飲んでくれなくて困っていませんか?赤ちゃんが思うように水分を飲んでくれず、やきもきしているお父さんお母さんはたくさんいます。水分補給が不十分だと便秘になりますし、脱水のリスクも高まるので、親としては何とか…

赤ちゃんが人や物を指差すのを見たことありませんか?赤ちゃんの指差しは、単なる可愛い行動ではなく、まだ言葉を話せない赤ちゃんが意思表示するための大切な手段です。しかし、赤ちゃんが指差しを始める時期や程度は個人差が大きく、いつま…

赤ちゃんが物を投げたり、口に入れたりするのを見たことありませんか?ティッシュペーパーを箱から全部出したり、リモコンのボタンを連打したり、ベビーサークルを揺さぶったりといった行動はどうですか?実は、こうした行動は「探索行動」と…

赤ちゃんは、目に見える物、手の届く物なら何でも興味を示して触ろうとします。好奇心は、赤ちゃんの成長・発達にとって欠かせないものですが、ケガの原因になることもあります。赤ちゃんに多いケガの一つがやけどです。アイロン、湯…

赤ちゃんがドアに指や手を挟んだことはありませんか?お父さんお母さんが赤ちゃんに気づかずドアを閉めてしまったり、赤ちゃんが自分でドアを閉めて指を挟んだりする事故はよく起こるものです。少しの腫れや内出血で済むこともあれば、骨折や…

抱っこした時に、赤ちゃんがのけぞる(反る)、泣く、嫌がる、暴れることはありませんか?赤ちゃんに抱っこを嫌がられると、親としては少なからずショックを受けるものですし、「何か異常があるのではないか?」、「発達障害ではないか?」と心配にな…

子育ては楽しいことも大変なことも無数にありますが、多くのお父さんお母さんが「大変な時期」の一つに挙げるのが「イヤイヤ期」です。イヤイヤ期の子供は、ご飯を食べさせようとしても「イヤ」、おもちゃを片付けさせようとしても「イヤ」、抱っこし…

赤ちゃんのうんちに血が混じっていて、ギョッとしたことはありませんか?血便は、赤ちゃんの頃によくある症状の一つです。赤ちゃんは、少しの刺激で肛門や腸の粘膜が傷ついて出血してしまい、血がうんちに混じって出てくることがあります。…

赤ちゃんに腕や乳首(おっぱい)を噛まれたことはありませんか?赤ちゃんは何をしても可愛いものですが、時々困った行動をすることがあります。「噛む」のもその一つです。一度や二度なら可愛いものですが、授乳中に乳首(おっぱい)…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る