menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  2. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  3. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  4. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  5. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  10. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
閉じる

乳児期の子育て

カテゴリー:お世話

3ヶ月健診もしくは4ヶ月健診は、赤ちゃんにとって初めての集団健診です。他の赤ちゃんの泣き声や人の多さに驚いてしまい、興奮して泣いたりぐずりっ放しになったりする赤ちゃんも少なくありません。また、集団健診は時間がかかることが多く…

1ヶ月検診は、お母さんが赤ちゃんと一緒に受ける初めての健診です。赤ちゃんを連れて外出するのも、1ヶ月健診が初めてという人も少なくないでしょう。行き先が病院という安心感はあるものの、赤ちゃんを連れての外出するのはとても緊張する…

シャワーを嫌がる、怖がる赤ちゃんはとても多いものです。最初からシャワーを怖がる赤ちゃんもいれば、ある日突然、大泣きしたり、身体にすがりついてきたり、身体をよじって全力で拒否したりするようになることもあります。「何か嫌がる原因…

赤ちゃんが離乳食を好き嫌いすることはありませんか?食べさせようとすると顔を背けたり、お皿から手で掴んで床に落としたり、口に入れた物を舌で押し出したり、赤ちゃんはあの手この手で嫌いな食べ物を避けようとします。赤ちゃんが好き嫌い…

夏の育児は、熱中症対策や紫外線対策など何かと手がかかるものですが、中でも大変なのが一つが蚊(虫刺され)対策です。赤ちゃんは、とにかくよく蚊などの虫に刺されやすく、刺されたところはすぐプクッと赤く腫れあがりますし、蚊に刺されたところを…

赤ちゃんの虫歯予防として一躍注目を集めているフッ素ですが、検索エンジンで「赤ちゃん フッ素 危険」というキーワードが多数検索されていたり、市販のフッ素入り歯磨きの効果を疑う人がいたりします。そのため、「フッ素って赤ちゃんには危険なの…

外気浴という言葉を聞いたことがありますか?2000年頃までは、日本の社会全体が、赤ちゃんの日焼けに対する問題意識に乏しく、乳幼児健診において医療関係者が日光浴を推奨するような状態でした。ところが、紫外線が人の皮膚に与える悪影…

赤ちゃんはママ(お母さん)をいつから(何ヶ月)認識するか知っていますか?育児関連の書籍やサイトには、生まれたての頃から認識するという記載もあれば、生後4ヶ月頃から認識するという記載もあり、「どちらが本当なの?」と混乱してしまうお父さ…

母子健康手帳の成長曲線(乳幼児発育曲線)はチェックしていますか?赤ちゃんは、生まれたての頃から身長や体重が一人ひとり異なり、月齢を経るにつれて個人差はどんどん大きくなっていきます。そのため、パパママとしては、「うちの子の身長…

離乳食初期(生後5ヶ月~6ヶ月、ゴックン期)、離乳食中期(生後7ヶ月~8ヶ月、モグモグ期)を過ぎると、離乳食後期(生後9ヶ月~生後11ヶ月)に入ります。離乳食後期には、歯ぐきで食材をつぶして食べる練習を始めます。3回食(1日…

離乳食は、段階を経て少しずつ進めていくものです。離乳食初期(生後5~6ヶ月、ゴックン期)を卒業できたら、次は離乳食中期(生後7~8ヶ月、モグモグ期)に入ります。離乳食中期には、水分の量を少しずつ減らし、やや固めの物をモグモグ…

 赤ちゃんがいろいろな食材に慣れていくための離乳食。特に離乳食初期は、母乳やミルク以外の物を初めて口にするドキドキの瞬間から、少しずつ離乳食に慣れさせていくまでの、いわゆるお試し期間です。お試し期間と言っても、離乳食初期に、…

「赤ちゃんに薬を飲ませるのが大変。」と悩んでいるお父さんお母さんは決して少なくありません。赤ちゃん用シロップは、赤ちゃんが飲みやすい甘めの味になっていますが、逆にその独特の甘味を嫌う赤ちゃんもいるものです。赤ちゃんがシロップ…

「赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるの?」という疑問を持っているお父さんお母さんは少なくありません。赤ちゃんの乳歯が生え始める頃から虫歯や口内環境が気になるようになり、「歯磨きをさせないといけないのではないか。」と思い始めるお父さんお…

一昔前は、新生児スクリーニング検査(生まれて数日後の赤ちゃんの足の裏から血液を採取して、その血液で先天性の病気を調べる検査)と一緒に、赤ちゃんの血液型検査も行われていました。しかし、現在は、生まれたての赤ちゃんに血液型検査を行っても…

「赤ちゃんの顔が見えなくて不安。」、「赤ちゃんが眠ってしまうと、頭がグラグラして危ない。」と敬遠されがちなおんぶ。しかし、抱っこと違って両手がふさがらないので、赤ちゃんをあやしながら家事ができるというメリットがあります。また…

冬は、風邪やインフルエンザが流行りやすく、赤ちゃんの体調管理に神経質になる時期です。赤ちゃんの冬場の体調管理には、暖房器具で室内の温度を適切に保つことが大切です。しかし、大人なら問題なく使える暖房器具にも、赤ちゃんにとっては…

赤ちゃんの生活リズムの整え方赤ちゃんが健康的な生活リズムを身につけていくためには、月齢(生後○ヶ月)や発達段階に応じた親のサポートが欠かせません。しかし、「赤ちゃんの生活リズムはいつから整えれば良いのか」、「赤ちゃんは自然と生活…

月齢、週数、日数はどう数えたらいいの赤ちゃんに関する行事や手続きは、月齢(生後○ヶ月)、週数(週齡、生後○週)、日数(日齢、生後○日)で表すことが多いものです。例えば、新生児期から生後1ヶ月までだと、次のとおりです。 …

初乳とは初乳とは、出産後すぐにお母さんの乳房から出る乳汁のことです。初乳は、クリーム色で少しとろみがあるのが特徴で、赤ちゃんの成長に合わせて徐々に母乳に近づいていきます。生まれてまもない赤ちゃんの大切な栄養源であるととも…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る