menu
閉じる
  1. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  2. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  3. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  8. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  9. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

カテゴリー:病気

脊髄性筋萎縮症(SMA)は、乳児期から小児期に症状が出てくる進行性の病気で、難病指定されています。発症率は低いものの、発症すると長期的な治療が必要な重い病気で、赤ちゃんやお父さんお母さんが抱える負担はとても大きいものです。こ…

髄膜炎は、新生児や乳児期の赤ちゃんにとって気をつけたい病気の一つです。症状が風邪と似ているため気づきにくい上に重症化しやすく、治療が遅れると死亡するリスクもある危険な病気です。新生児や乳児期の赤ちゃんも発症しますが、「髄膜炎…

斜視という目の病気を知っていますか?赤ちゃんの顔をまっすぐ見た時に、赤ちゃんの目が外を向いていたり寄っていたりしたら斜視の可能性があります。斜視を放っておくと、視力や視界の発達に悪影響が出ることがあるので、なるべく早く治療し…

新生児のおしりの割れ目に、肛門以外の凹みや穴はありませんか?凹みや穴がある場合は、先天性皮膚洞(毛巣洞)や二分脊椎症といった病気の可能性があります。同じように見える凹みや穴でも、原因によって様子見で良いものと治療が必要なもの…

ヒルシュスプルング病を知っていますか?ヒルシュスプルング病は、生まれつき腸の神経節細胞がないという病気で、適切な治療を受けないと命に関わります。このページでは、ヒルシュスプルング病の概要、原因、発症率、症状、合併症、治療法、…

生まれつきもしくは乳児期に発症しうる難病はいくつもありますが、ムコ多糖症もその一つです。ムコ多糖症は、進行性の病気で、放置すると、日常生活のあらゆる場面で支障をきたし、寿命も短くなってしまいます。一方で、重症度や症状によるものの…

拡張型心筋症という病気を聞いたことがありますか?赤ちゃんの心臓の病気はたくさんありますが、拡張型心筋症もその一つで、様々な原因によって発症し、突然死のリスクがあり、生存率も高いとは言えない重い病気です。このページでは、拡張型心筋症の…

風疹ウィルスは、まずお母さんに感染し、その後、おなかの赤ちゃんに感染してしまうリスクがあります。胎内感染で風疹にかかることで生じる様々な症状を先天性風疹症候群と呼び、その多くは赤ちゃんの成長発達に深刻な影響を与えます。このペ…

妊娠中や分娩時のトラブルはたくさんありますが、中でも多いのが臍帯(へその緒)に関するトラブルです。臍帯過捻転も臍帯異常の一つで、比較的高い確率で起こるものです。また、検査機器の性能向上によって簡単に発見できるようになったため…

へその緒(臍帯)に関する妊娠中や分娩時のトラブルはたくさんありますが、その一つが臍帯巻絡です。いわゆる「へその緒が胎児に巻き付く」状態のことで、発症率が他のトラブルと比べて高く、巻き付く場所によっては障害などのリスクもあるため、不安…

赤ちゃんは、過ごし慣れた子宮から出て、狭くて暗い産道を何とか通り抜け、お母さんの身体の外に生まれてきます。赤ちゃんが生まれるまでの一連の過程は、人ひとりが生まれる感動的な時間ですが、思わぬトラブルが生じやすい時間でもあります。…

赤ちゃんは、病気や障害を持って生まれてくることがあります。持って生まれてくる病気の代表的なものの一つが、先天性代謝異常です。先天性代謝異常はとても種類が多く、深刻な症状を引き起こすものもあるため、しっかり理解して適切な対応が…

新生児や乳児期の赤ちゃんに、次のような症状はありませんか? おなかがやけに張っている 1日中おならをしている げっぷが出にくい 1日中ぐずって泣き続けている 母乳やミルクを頻繁に吐き出してしまうどれ…

水頭症という病気を聞いたことはありませんか?水頭症は、頭が大きくなることを特徴とする、乳児期の赤ちゃんの頃に発症しやすい病気の一つです。病気だと気付かないまま長期間放置してしまうと、症状が悪化したり後遺症が残ったりするリスク…

難病指定されている赤ちゃんの病気は10以上ありますが、その一つがアレキサンダー病です。発症率は高くありませんが、乳児期に発症すると命の危険が高い病気です。このページでは、アレキサンダー病の概要、症状、原因、診断、治療法につい…

アペール症候群を知っていますか?アペール症候群は、国が難病指定している先天性の病気で、長期間にわたる治療や療育が必要になるものです。このページでは、アペール症候群の概要、症状、原因、治療法、寿命との関係について紹介します。…

赤ちゃんの手や体に小さないぼができていたら、水いぼかもしれません。水いぼは、日本においては多くの赤ちゃんが一度は経験する肌の異常です。他の病気のように深刻な症状を引き起こす心配はほぼありませんが、その分、治療法や対策について…

赤ちゃんも痔になることがあるって知っていましたか?痔は、大人の病気だと思われがちですが、実は赤ちゃんにも多いものです。突然、赤ちゃんのおしりから血便や鮮血が出て来たらビックリするはずですが、赤ちゃんの痔の多くは、適切に対応す…

突発性発疹を知っていますか?突発性発疹は、ほとんどの赤ちゃんが経験する乳幼児期の代表的な病気の一つです。しかし、赤ちゃんが突然高熱を出し、熱が下がったかと思うと今度は体中に発疹が出るので、初めて目の当たりにした時のショックは…

点頭てんかんという病気を知っていますか?点頭てんかんは、てんかんの一種ですが、一般的なてんかんと違って症状が分かりにくく、たくさんある赤ちゃんの病気の中で「気づきにくい病気」の一つと言われています。一方で、早期発見、早期治療…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る