menu
閉じる
  1. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  2. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  3. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  4. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  5. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  6. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  7. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる

乳児期の子育て

突発性発疹の原因は?症状は発熱と不機嫌?感染経路と治療は?外出と風呂は?

突発性発疹 不機嫌

突発性発疹を知っていますか?

突発性発疹は、ほとんどの赤ちゃんが経験する乳幼児期の代表的な病気の一つです。

しかし、赤ちゃんが突然高熱を出し、熱が下がったかと思うと今度は体中に発疹が出るので、初めて目の当たりにした時のショックは大きく、パニックになってしまうお父さんお母さんは少なくありません。

そこで、このページでは、突発性発疹の原因、発症しやすい時期、症状、感染経路、治療、外出や入浴の可否について紹介します。

突発性発疹とは(発症しやすい時期)

突発性発疹 不機嫌

突発性発疹とは、赤ちゃんが突然38℃~40℃前後の高熱を出し、発熱が3日~4日間続いた後、熱が下がるのと同時に体中に発疹が現れる、ウィルス感染性の病気です。

発症率が高いのは生後6ヶ月から1歳前後ですが、1歳から2歳までの間に発症する赤ちゃんも少なからずいます。

赤ちゃんは、低月齢のうちは、お母さんからもらった免疫に守られており、ウィルス性感染症にはかかりにくいものです。

しかし、生後6ヶ月頃には免疫の効力が薄れてきますし、赤ちゃんの免疫がウィルスに対して十分機能するのは1歳前後からなので、生後6ヶ月から生後1歳前後に突発性発疹にかかりやすいのです。

突発性発疹の症状

突発性発疹 症状

突発性発疹の特徴的な症状は、①38℃~40℃前後の高熱と、②身体中に現れる発疹です。

何の前触れもなく高熱が出て、発熱が3日~4日間続いた後、熱が下がるのと同時に身体中に赤い発疹が現れます。

季節に関係なく発症します。

突然の高熱は、かぜやインフルエンザでも起こる症状ですが、突発性発疹の場合、鼻や喉の症状はほとんどない、発熱中でも赤ちゃんの機嫌がよい、口の中に赤い斑点ができるといった特徴があります。

高熱の状態が続いて熱性けいれんを起こすことがありますが、短時間であれば健康に影響はありません。

もし、けいれんが酷かったり、長時間続いたりする場合は、小児科を受診させましょう。

発疹は、おなかや背中を中心に身体中に現れ、2日~3日間で消失していきます。

痛みやかゆみは弱いものですが、発疹が出ている間は不機嫌になってぐずり続ける赤ちゃんが多いものです。

まれに脳炎や肝炎を発症するリスクがあるので、発熱と発疹以外の症状が出た場合や、赤ちゃんの体調が悪い場合は、すぐ小児科を受診させましょう。

関連ページ

突発性発疹の原因

突発性発疹 原因

突発性発疹の原因は、ヒトヘルペスウィルス6型もしくはヒトヘルペスウィルス7型に感染することです。

いずれのウィルスも同じような症状を引き起こし、一度感染すると同じ型のウィルスに再び感染することはありません。

しかし、ヒトヘルペスウィルス6型に感染した後に、人ヘルペスウィルス7型に感染することはあります。

2度感染する場合、1度目は6型、2度目は7型が原因となることが多いものです。

一方で、ヒトヘルペスウィルスに感染しない赤ちゃんや、感染しても突発性発疹を発症しない赤ちゃんもいます。

突発性発疹の感染経路

突発性発疹 感染

感染経路は、ヒトヘルペスウィルスを保有する人からの飛沫感染もしくは経口感染が多いと考えられています。

突発性発疹は、多くの人が感染・発症する病気ですし、一度発症するとウィルスがずっと体内に残ります。

そのため、「ヒトヘルペスウィルスを保有する人」というのは、直近で感染・発症した赤ちゃんだけでなく、感染・発症歴のある大人も含まれます。

突発性発疹の診断

突発性発疹 治療

ウィルス感染の有無を確認するには、発症時と回復時に採血する必要があります。

しかし、特徴的な症状である突然の高熱や、熱が下がった後の全身の発疹により診断されるのが一般的です。

突然の高熱の原因となる病気は複数あるので、確定診断がつくのは発疹が出た後がほとんどです。

突発性湿疹の治療

突発性発疹 発熱

突発性発疹は、赤ちゃんの機嫌が良く、食欲がある場合は、家庭で経過観察することになります。

高熱で熱性けいれんが出た、赤ちゃんの元気がない、発疹が出て赤ちゃんが寝ずにぐずり続けるといった場合には、小児科を受診しましょう。

突然高熱が出た場合、突発性発疹なのか他の病気なのか区別がつきにくいものなので、38℃以上の発熱がある場合は小児科を受診させることをおすすめします。

小児科では、高熱で赤ちゃんがしんどそうにしている場合は解熱剤が処方されます。

また、便秘の場合は浣腸が、軟便の場合は下痢止めや整腸剤が処方されることもあります。

突発性発疹を発症した赤ちゃんのケア(水分補給、外出、風呂)

突発性発疹 外出 風呂

発熱中はたくさん汗をかいて水分が身体の外に出ていくので、脱水状態にならないよう水分をたくさんとらせてあげましょう。

また、突発性発疹による発熱の場合、赤ちゃんは比較的ご機嫌で元気もありますが、体力が低下していることは間違いないので、外出は控えましょう。

風呂については、発熱中は控えてください。

発疹が出ていても、熱が下がっていて、赤ちゃんに食欲や元気があるようなら風呂に入れても問題ありません。

うちの場合

1歳2ヶ月になったその日に発症しました。

一般的な時期と比べると少し遅めですね。

夕方から突然39℃強の熱が出て、夜になっても熱が引く気配がないので救急に連れていきました。

冬場だったのでインフルエンザの検査を受けましたが陰性で、喉も鼻も問題がなく、赤ちゃんが元気にしていたことから、医師からは「おそらく突発性発疹だろうから家で様子を見てあげて。」と言われました。

そして3日後、解熱剤が対して効かなかったのが嘘のようにスーッと熱が下がり、ほぼ同時におしりやおなかに赤い発疹がたくさん出てきました。

大変だったのはここからで、赤ちゃんはとにかくぐずりまくりました。

発疹が出ていた2日間、昼も夜も関係なくぐずり、おっぱいを飲んで寝ても1時間弱で起きてまたぐずるということを繰り返しました。

妻はつきっきりの看病で疲労困憊、私も夜中にあやすのを手伝っていたら見事に寝不足になり、仕事で大きな失敗をやらかしました。

発疹が引くのと同時に赤ちゃんの機嫌も良くなりましたが、赤ちゃんも妻も私もつらい5日間でした。

幸いにも、2度目の発症はありませんでした。

ページ上部へ戻る