menu
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  3. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  9. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  10. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
閉じる

乳児期の子育て

停留睾丸・停留精巣とは?赤ちゃんの治療は手術が必要?失敗のリスクは?

停留精巣 停留睾丸 赤ちゃん 手術 失敗

乳幼児健診では、医師が赤ちゃんの睾丸(精巣)を触診するのを見たことがありませんか?

この触診は、停留睾丸・停留精巣という病気の有無を見つけるためのもので、医師の診察では必ず行われています。

停留睾丸・停留精巣は、赤ちゃんに起こる睾丸・精巣の病気で、放置すると、成人後の精巣がんを発症するリスクがあるため、早期発見・早期治療が求められています。

このページでは、停留睾丸・停留精巣の概要、原因、症状、検査・診断、治療法について紹介します。

スポンサーリンク

停留睾丸・停留精巣とは

停留睾丸・停留精巣とは、陰嚢の中に睾丸・精巣が触れない状態のことです。

男の子の生殖器の異常では、最も発症率が高い病気です。

通常、精巣は、胎児のうちに形成されて腹腔(おなか)内にとどまりますが、胎生3ヶ月頃から下へ移動を始め、胎生30~32週までに陰嚢の中まで降りて、出生時には陰嚢内に入ります。

ところが、精巣の移動が途中で停止して陰嚢の中に入らないことがあります。

これが、停留睾丸・停留精巣です。

精巣の位置は、陰嚢近くに下りていることもあれば、鼠蹊部の奥にとどまっていることもあります。

2つの精巣のうち一方だけが下りていないケースが多くなっています。

低出生体重児や早産児では発生頻度が高くなり約30%に認めるともいわれています。

停留精巣・停留睾丸の発症率

新生児全体の3~5%が発症します。

ただし、新生児期から生後6ヶ月までは、精巣が自然に陰嚢内まで降りてくることがあり、生後1歳頃まで症状が残る確率は約1%です。

早産児や低出生体重児は発症率が高くなる傾向があり、30%近くになると言われています。

停留精巣・停留精巣と移動性睾丸・遊走精巣の違い

移動性睾丸・遊走精巣とは、精巣が陰嚢の中に入ってはいるが、ちょっとした動きや姿勢の変化で簡単に動く状態のことです。

普段は精巣が陰嚢内にないことが多く、停留精巣と勘違いしがちですが、リラックスしている時や入浴中などは陰嚢の中に精巣が入ることがあります。

また、精巣が鼠蹊部(太ももの付け根付近)よりも上がることはなく、鼠蹊部を触れば精巣が確認できますし、精巣をつまんで陰嚢まで戻すことができます。

一方の停留精巣は、精巣が常に陰嚢内になく、鼠蹊部より上がって触診では確認できないことが多いため、比較的簡単に区別することができます。

なぜ、精巣は陰嚢に下りてくる必要があるのか

精子は、卵子と違い、正常に形成されるには体温より2~3度低い環境が必要になります。

そのため、体外に近くて体温が低い陰嚢まで下りてくるのです。

停留精巣・停留睾丸の原因

胎児期における男性ホルモンの影響が指摘されていますが、原因は特定されていません。

停留精巣・停留睾丸の症状

精巣が陰嚢内に入らず、別の場所でとどまっています。

精巣は、体内よりも2~3度体温の低い陰嚢では正常に機能しますが、それ以外の場所で留まっていると、精巣の発育が阻害されて萎縮し、精子を作る細胞が機能を失って数も減っていくため、将来的に不妊の原因となるリスクが高まります。

また、精巣捻転、精巣腫瘍、鼠径ヘルニアなどの病気を発症することもあります。

停留精巣・停留睾丸の検査・診断

医師の触診で精巣が確認できない場合に、停留精巣と診断されます。

ただし、生まれた時に停留精巣でも、生後1ヶ月頃までは精巣が自然に降りてくる可能性があるため、経過観察となります。

特に、精巣の一方だけが停留している場合は、下りてくる可能性が高い傾向があります。

なお、CTスキャンや、MRI、エコー検査(超音波検査)で精巣の場所を調べることもありますが、赤ちゃんの負担が大きい割に精度が低いため、積極的に活用している医師はほとんどいません。

停留精巣・停留睾丸の治療

生後1歳を過ぎても精巣が降りてこない場合、精巣を陰嚢内まで下ろして固定する手術が必要になります。

おなかの中に精巣がある場合は、腹腔鏡による手術が行われることもあります。

手術後は1週間程度は入院し、退院後も定期的に通院して予後の経過を観察することになります。

停留精巣・停留睾丸の手術は失敗する?

赤ちゃんの将来に関わる手術なので、「失敗するのではないか。」「生殖機能に影響が出るのではないか。」と心配する人は少なくありません。

しかし、術式が確立された成功率の高い手術ですし、放置した場合に比べるとリスクは格段に低いものです。

なお、海外では、ホルモン治療を行っている国もありますが、日本では実施されていません。

スポンサーリンク

まとめ

停留精巣・停留睾丸は、赤ちゃんの生殖器以上の中で一番発症率が高い上、放置すると生殖機能が損なわれたり、がんなどの病気を誘発するリスクがある危険な病気です。

早期発見と早期治療が何より大切なので、まずは乳幼児健診を欠かさず受診させ、医師から指摘を受けた場合はしたがって適切な治療を受けさせてあげましょう。

ページ上部へ戻る