menu
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  5. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  10. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
閉じる

乳児期の子育て

新生児メレナとは?ビタミンK不足が原因?発症時期と症状、治療法は?

新生児メレナ

新生児メレナとは

新生児メレナとは、新生児期の赤ちゃんにみられる消化管の出血のことです。

真性メレナ、新生児出血症とも呼ばれます。

一昔前は、新生児メレナはビタミンKの欠乏による出血性の疾患だと考えられていました。

しかし、現在は、ビタミンKの欠乏だけが新生児メレナを引き起こすわけではないことが分かってきています。

真性メレナと仮性メレナ

新生児メレナには、真性メレナと仮性メレナの2種類があります。

真性メレナは、ビタミンKの欠乏や消化管の異常を原因とするものです。

一方で、分娩時や授乳時に飲み込んだお母さんの血液が吐血や血便によって出るものを、仮性メレナといいます。

真性メレナか仮性メレナかを区別するには、吐血や血便によって出た血液を検査します。

血液の成分が成人のものなら仮性メレナですから、治療の必要はありません。

一方で、赤ちゃんのものなら真性メレナの可能性が高く、症状に応じて治療が必要になります。

スポンサーリンク

新生児メレナの原因はビタミンKと消化管の異常

出生後まもない赤ちゃんの血液は固まりにくく、そこへ腸内細菌が影響を及ぼして出血に至ります。 新生児メレナは消化器官の粘膜からの出血が原因ですが、進行すると脳内出血を起こすリスクがあります。

新生児メレナは、主に、ビタミンKの欠乏が原因となる場合と、消化管の異常が原因となる場合があります。

ビタミンKは、血液を固める因子の生成に関わるので、不足すると血液が固まりにくくなり、腸細菌などの要因も加わって出血が起こります。

消化管の異常をきたす病気としては、腸重積症、十二指腸潰瘍、メッケル憩室、出血性胃炎、胃潰瘍、異穿孔などがあります。

関連ページ

新生児メレナの症状

新生児メレナの主な症状は、吐血と血便(下血)です。

吐血は、初期は赤いというより茶色っぽいのですが、症状が悪化するにつれて真っ赤な血が出ます。

血便は、どろっとした感じです。

皮下出血や、臍出血が起こることもあります。

新生児メレナは、通常、生後3週間以内に発症します。

生後3週間以降に起こった場合は、頭蓋内出血など深刻な症状になることがあります。

新生児メレナの治療

血液検査により、仮性メレナか新生児メレナかを判断します。

その後、消化器官の状態をレントゲン撮影で検査し、消化管からの出血の原因を特定します。

ビタミンKの欠乏が原因の場合は、ドロップなどでビタミンKを補います。

消化管の異常の場合や、大量出血で貧血を引き起こしそうな場合は、症状に応じて、血小板の輸血、胃の洗浄、胃粘膜を保護する薬の投与、手術などが行われます。

スポンサーリンク

新生児メレナの予防策

ビタミンK2シロップを飲ませる

通常、赤ちゃんはビタミンKが足りない状態で生まれてきます。

そのため、病院では、赤ちゃんが病院を退院するまでにビタミンK2のシロップを飲ませ、ビタミンK不足を補います。

また、1ヶ月健診時にも、赤ちゃんにビタミンK2シロップを飲ませる地域が多くなっています。

お母さんの栄養バランスをととのえておく

ミルクには赤ちゃんに必要な栄養がバランスよく入っていますが、母乳に含まれる栄養はお母さんの食事に大きく左右されます。

そのため、お母さんがモロヘイヤや小松菜などビタミンKが豊富な食品をたくさん食べることで、母乳を通して赤ちゃんがビタミンKを補うことができ、新生児メレナの予防になります。

ビタミンKの摂り過ぎは新生児黄疸のリスクを高める

ビタミンKは、新生児メレナの予防にはとても大切なものです。

しかし、ビタミンKは脂溶性の栄養素なので、過剰に摂取すると体内に蓄積されてしまい、新生児黄疸の症状がひどくなることがあります。

深刻な場合には、核黄疸になって脳に影響を及ぼすこともあるので、摂取量には注意が必要です。

関連ページ

ページ上部へ戻る