menu
閉じる
  1. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  2. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  3. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  6. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  7. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  8. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  9. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  10. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの斜視の見分け方は?原因と症状は?内斜視はいつまでに治療する?

赤ちゃん 斜視 見分け方

斜視という目の病気を知っていますか?

赤ちゃんの顔をまっすぐ見た時に、赤ちゃんの目が外を向いていたり寄っていたりしたら斜視の可能性があります。

斜視を放っておくと、視力や視界の発達に悪影響が出ることがあるので、なるべく早く治療してあげたいものです。

一方で、赤ちゃんの場合は、目の周りの筋肉や視力の低さから斜視に見えるだけのこともあり、見分けるのが難しいという問題があります。

このページでは、赤ちゃんの斜視の原因、種類、症状、治療法、見分け方について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの斜視とは

斜視とは、物を見る時に左右の目の方向がずれている状態のことです。

例えば、真正面から物を見た時に、右目はまっすぐ前を見ているのに、左目は内側や外側を向いている(黒目が前を向いていない)場合が斜視です。

黒目の位置が左右の目で違うので、見た目にも斜視だとすぐに分かります。

片目だけが斜視の状態では、目の奥に正しい像が結ぶことができず、視力発達が障害されてしまいます。

また、1つの物が2つに見えていますが、脳内で斜視がある方の目で見た像を打ち消す作用が働き、両目で物を見る機能の発達も障害されます。

両目が斜視で、斜視になる目が頻繁に入れ替わる場合は、左右の目に同じ程度の視覚情報が入るので、両目の視力は不良ですが、両目で物を見る機能の発達は片目だけが斜視の場合ほど障害されない傾向があります。

スポンサーリンク

赤ちゃんの斜視の種類と見分け方

赤ちゃんの斜視は、まっすぐ前を見た時に斜視のある目がどこを向いているかで内斜視、外斜視、上斜視、下斜視に分類されます。

  • 内斜視:まっすぐ前を見た時に、片方の黒目が内側(鼻側)に寄る。(左を見る時は右目を使い、右を見る時は左目を使う斜視を非調節性斜視、物をジッと見る時に斜視が現れる場合は調節性内斜視という。)
  • 外斜視:まっすぐ前を見た時に、片方の黒目が外側(耳側)に寄る。
  • 上斜視:まっすぐ前を見た時に、片方の黒目が上側(眉毛側)に寄る。(内斜視や外斜視を併発し、黒目が斜め上に寄ることが多い。)
  • 下斜視:まっすぐ前を見た時に、片方の黒目が下側(寄る。(内斜視や外斜視を併発し、黒目が斜め下に寄ることが多い。)

また、いずれの斜視も症状の現れ方によって恒常性斜視と間歇性斜視に分類されます。

  • 恒常性斜視:いつも斜視の状態が継続する
  • 間歇性斜視:不定期に斜視の症状が現れる

恒常性斜視の場合は見た目ですぐ分かります。

一方で、間歇性斜視で斜視が現れる頻度が低い場合は、気づかれないまま大きくなることも珍しくありません。

また、間歇性斜視は、成長するにつれて自然治癒することもあります。

日本人の赤ちゃんに多いのは間歇性の外斜視

統計上、日本人の赤ちゃんに多いのは間歇性の外斜視です。

特に、起きている時は左右の目がまっすぐ見えていて、ウトウトした時や疲れた時に片目が外側に向くことが多いため、気づかれにくい傾向があります。

乳児期特有の乳児内斜視(非調節性内斜視)

乳児内斜視とは、生後6ヶ月以内に発症する内斜視です。

左右の目で交互に物を見るのが特徴です。

乳児期のうちに手術すれば、両目で物を見る機能は発達しますが、物を立体的に把握する力に障害が残ることがあります。

偽内斜視(仮性斜視)と斜視の見分け方

偽内斜視とは、目の位置は正常なのに、見た目は内斜視のように見える状態のことです。

赤ちゃんは、目と目の間が離れていて鼻の根元が低くて広いため、左右の目が内側に寄っているように見えがちで、斜視と勘違いされる傾向があります。

また、目の周りの筋肉や視力が未発達でうまく視線を合わせられず、斜視のように見えることもあります。

前者は、鼻の付け根をつまんで黒目の位置を確認することで見分けられますが、後者と斜視の区別は医師でも難しく、赤ちゃんの成長を待つしかありません。

赤ちゃんの斜視の原因

斜視の主な原因は、次のとおりです。

  • 目を動かす筋肉や神経の異常
  • 遠視
  • 脳腫瘍など脳(中枢神経)の病気
  • 網膜障害などの目の病気
  • 全身疾患

赤ちゃんの斜視の多くは、筋肉や神経の異常か遠視によって引き起こされています。

なお、左右の目の視力が極端に違う場合、両目のバランスをとるために斜視になってしまうこともあります。

斜視と弱視は違う?

弱視とは、視力矯正器具(メガネやコンタクトレンズなど)を使用しても視力が向上しない状態のことです。

斜視は、弱視の原因になることがあります。

斜視になると、脳が正常な目だけで物を見ようとするため、視力発達が障害されてしまい、弱視になってしまうのです。

赤ちゃんの斜視の治療

病気が原因の場合は、病気の治療を行うことが斜視の改善につながります。

遠視が原因の場合は、メガネをかけて斜視のある目の機能をサポートし、正常な目の動きを取り戻させます。

弱視の症状がある場合は、正常な目を眼帯(アイパッチ)で隠して斜視のある目で物を見る訓練を毎日継続的に行い、目の機能の回復を図ります。

こうした治療で斜視が改善しない場合は、目の位置を修正する手術を行いますが、一旦は正常に戻っても再び斜視が現れることもあります。

いずれの治療も、期間や期限は決まっていません。

しかし、早期発見・早期治療により、その後の目の発達が良好になることが分かっています。

スポンサーリンク

まとめ

目は日常生活に欠かせない器官なので、赤ちゃんの斜視に気づいたらできるだけ早く受診させて、適切な治療を受けさせてあげることが大切です。

乳児期の赤ちゃんの斜視は、医師でも偽内斜視(仮性斜視)と区別がつきにくいことがあり、病院で診断がつかない可能性もありますが、斜視の可能性があると感じているなら、別の病院でセカンドオピニオンを受けることをおすすめします。

手間はかかりますが、斜視を見過ごして赤ちゃんの成長発達に悪影響が出ないよう、できる限りのことはしてあげましょう。

ページ上部へ戻る