menu
閉じる
  1. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  2. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  3. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  7. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  8. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  9. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?

ロタウィルス

ロタウィルス胃腸炎とは

ロタウィルス胃腸炎とは、ロタウィルスというウィルスが原因で起こる感染性胃腸炎の一つです。

乳幼児期の子供がかかりやすく、また、乳幼児期の赤ちゃんがかかる胃腸炎の中ではもっとも重症化しやすいものです。

ほとんどの子供が5歳までに1度はかかる病気ですが、初めての感染が月齢(年齢)の低い時期だと重症化しやすく、入院治療になることも少なくありません。

ロタウィルス胃腸炎で入院する子供の約3割が、乳幼児というデータもあります。

発症した赤ちゃんは、白っぽい水のような下痢と激しい嘔吐に襲われて、何も食べられなくなったり、水分補給が間に合わなかったりして脱水が急激に進み、最悪の場合、死亡する危険性もあります。

嘔吐下痢症、ウィルス性胃腸炎と呼ばれることもあります。

ロタウィルスの特徴

ロタウィルスは、石鹸やアルコール消毒に強く、手洗いや消毒では十分に取り除くことができません。

感染しない程度まで取り除こうと思うと、塩素系消毒液(哺乳瓶用の消毒液など)を使用して念入りに消毒する必要があります。

また、感染力が強い上に、好条件下では10日くらい生きているため、ロタウィルス胃腸炎の症状がおさまった後も、1週間くらいは生きたロタウィルスが便として排出されることになります。

そのため、保育園や託児所など集団生活場面では、簡単に感染してしまいます。

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎とは、ウィルスや細菌への感染が原因で起こる胃腸炎のことです。

日本ではノロウィルスがずば抜けて有名ですが、秋から冬にかけてはノロウィルス胃腸炎、冬から春にかけてはロタウィルス胃腸炎が流行する傾向があります。

根本的な治療法は見つかっていませんが、2~3回感染すると免疫がつき、重症化する確率は低くなることが分かっており、ワクチンによる予防が大切になります。

ロタウィルス感染から発症、回復まで

ロタウィルスの感染、発症、回復の経過は次のとおりです。

  1. 感染者の嘔吐物や便に含まれるロタウィルスが、衣類、家具、タオル、おもちゃなどに付着(便1g中にロタウィルスが数億から数兆個含まれる。)
  2. 手や指にロタウィルスが付着
  3. ロタウィルスが口から小腸に入って感染
  4. ウィルスが増殖して小腸の細菌を破壊し、水分、糖質、ミネラルなどが吸収されにくくなる
  5. 嘔吐、下痢、発熱などの症状が出る(感染から4日目ころから)
  6. 激しい嘔吐や下痢により、脱水やけいれんを起こしやすくなる。脳炎、脳症など重い合併症を発症することもある。
  7. 免疫機能が働き、ロタウィルスに感染した細胞が破壊される
  8. ウィルスに感染していない細胞が、新しい細胞になって回復(感染から7日目ころ)

スポンサーリンク

ロタウィルス胃腸炎の症状

ロタウィルス胃腸炎にかかると、突然、激しい嘔吐に襲われ、1日に何度も白っぽい水のような下痢が続くようになります。

発熱、腹痛、食欲不振などもよく見られる症状です。

他の胃腸炎よりも、症状がおさまるまでに時間がかかるのも特徴的で、感染から回復までに約1週間はかかります(症状が出るのは感染から4日目頃からです。)。

嘔吐や下痢が続くことで脱水やけいれんを起こしやすくなりますし、脳炎、脳症、腎不全といった深刻な合併症を引き起こすこともあります。

ロタウィルス胃腸炎の治療

ロタウィルスの特効薬は見つかっておらず、嘔吐や下痢を薬で止めることはできません。

ロタウィルス胃腸炎にかかったら、こまめに水分補給して脱水を防ぎ、症状がおさまるのを待つしかないのが現状です。

次のような脱水の兆しが赤ちゃんに見られた場合は、すぐに小児科を受診してください。

  • 赤ちゃんがぐずり泣きし、あやしても泣き止まない
  • 赤ちゃんの元気がなくなり、反応も乏しくなる
  • 3時間以上おしっこが出ない
  • 泉門が陥没する
  • 涙が減るもしくは出なくなる
  • 目や頬が陥没する
  • おなか周りが陥没する
  • つまんだり握ったりした皮膚がなかなか元に戻らない
  • 口の中や舌が乾燥する

脱水が起こると、小児科で点滴治療を受けることになり、ひどい場合には入院が必要になります。

スポンサーリンク

ロタウィルスワクチンの接種(予防接種)

ロタウィルス胃腸炎は、感染すると根本的な治療法はありませんが、ワクチン接種によって予防することができます。

世界保健機関(WHO)は、ロタウィルスワクチンを子供が接種する最も重要なワクチンの一つとして指定しており、日本では、平成23年11月からロタリックス、平成24年7月からロタテックというワクチンが販売、接種できるようになりました。

ロタリックスもロタテックも、ロタウィルスの病原性を弱めて増殖させ、精製してからシロップ状にした経口接種(口から飲む)タイプの生ワクチンで、予防効果に優劣はありません。

生後6週から接種できることや、腸重積症を発症した子供もしくは腸重積症のリスクがある病気にかかっている子供は接種できないことも共通しています。

一方で、接種回数(ロタリックスは2回、ロタテックは3回)は異なり、また、1回目とそれ以降で異なるワクチンを接種することもできません。

なお、生まれてくるときにお母さんからもらったロタウィルスの免疫は、生後2ヶ月前後になくなるため、1回目の接種は、生後15週未満(生後14週6日まで)に受けることが推奨されています。

関連ページ

他の病気も見る:赤ちゃんの病気

ページ上部へ戻る