menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  2. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  8. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  9. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  10. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
閉じる

乳児期の子育て

クループ症候群の原因は?症状は熱と咳と呼吸音?入院治療が必要?

クループ症候群 赤ちゃん 原因 症状 治療 呼吸音 咳

赤ちゃんのクループ症候群

赤ちゃんが咳をしていたら、風邪や肺炎の可能性を疑うのが一般的ですが、クループ症候群が原因の場合があります。

聞きなれない病気ですが、生後3ヶ月頃から発症のリスクがあり、重症化すると入院治療が必要になることもあります。

このページでは、クループ症候群の原因、症状、治療方法について紹介しています。

クループ症候群とは

クループ症候群とは、ウィルスや細菌の感染により、喉や声帯(上気道)が炎症を起こした状態のことです。

乳児期の赤ちゃんは、大人に比べて気道が狭く、気道の組織も未熟なため、クループ症候群を発症しやすい傾向があります。

特に発症しやすい時期は、生後3ヶ月から3歳までですが、6歳くらいまで再発しやすいと言われています。

年齢とともに気道が発育するにつれて、発症率が下がっていきます。

性別では女の子より男の子の方が、季節では夏より冬の方が発症率が高くなっています。

また、日中より夜間に症状がひどくなる傾向があります。

クレープ症候群は、炎症を起こした部分によって名前が異なります。

  • 声帯炎:声帯が炎症を起こした場合
  • 喉頭蓋炎:喉頭蓋(気管と食道の蓋になる部分)が炎症を起こした場合
  • 咽頭炎:喉の手前の部分が炎症を起こした場合
  • 喉頭炎:喉の奥が炎症を起こした場合

クループ症候群の原因

クループ症候群の原因はウィルス感染がほとんどですが、細菌感染などが原因の場合もあります。

ウィルス感染

クループ症候群を引き起こす主なウィルスには、インフルエンザウィルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルス、RSウイルスなどがあります。

ウィルス感染によるクループ症候群には、パラインフルエンザウイルス1型、2型による喉頭気管気管支炎などがあります。

細菌感染

クループ症候群を引き起こす主な細菌は、インフルエンザ菌、溶連菌、ジフテリアなどです。

特に、インフルエンザ菌b型(ヒブ)感染による喉頭蓋炎は、喉が急に腫れあがって息ができなくなる危険な病気です。

その他の原因

アレルギーで喉頭の入口がむくむ、腫瘍や異物で喉が閉塞するなどして発症することもあります。

クループ症候群の分類

  • 仮性クループ:ウィルスなどによるクループ
  • 真性クループ:ジフテリアによるクループ

現在は、ジフテリアが予防接種で予防できるようになり、ジフテリアを原因とするクループは減っています。

そのため、クループと言うと、仮性クループを指すようになっています。

クループ症候群の症状

クループ症候群の主な症状は、次のとおりです。

喉や声帯に炎症が起こっているため、症状の多くは声や呼吸に関するものです。

  • ケンケンという犬の鳴き声に似た乾いた咳
  • 泣き声がうまく出せず、ヒーヒーと息の漏れる音がする
  • 声が枯れる
  • 突然、呼吸困難になる(息を吸えなくなる、息を吸うときにゼイゼイ音がする)
  • 呼吸すると、鎖骨の横や上辺りがペコペコへこむ
  • 顔色が悪くなる
  • チアノーゼ
  • 高熱
  • 喉の痛み
  • 窒息

クループ症候群の治療

病院を受診する目安となる症状

  • ケンケンという犬の鳴き声に似た乾いた咳
  • 泣き声がうまく出せず、ヒーヒーという息の漏れる音がする
  • 声が枯れる

これらの症状がある場合は、クループ症候群の可能性が高いため、すぐ受診しましょう。

顔色の悪化やチアノーゼ、呼吸困難がある場合は、一刻を争う緊急事態です。

迷わず119番してください。

ウィルス感染

病院の治療では、咳を抑えたり喉の腫れを取ったりする薬が使用されます。

呼吸しにくく酸素不足になっている場合は、酸素吸入が行われることもあります。

重症化している場合は入院治療となる場合がありますが、適切な治療を受けることで1週間から2週間で回復し、後遺症もほぼ残りません。

細菌感染

細菌感染の場合は、咳や喉の腫れに対する薬に加えて、抗生剤が使用されます。

喉頭蓋炎やジフテリアを原因とするクループ症候群の場合は、それぞれ個別の措置が行われます。

  • 喉頭蓋炎:気管を切開して管を入れ、呼吸を助ける措置が必要になります。
  • ジフテリア:ジフテリア毒素に対する血清が投与されます。

クループ症候群の予防

予防接種

ジフテリアとインフルエンザ菌b型(ヒブ)は、予防接種(ジフテリアは四種混合ワクチン、ヒブはヒブワクチン)で予防できます。

四種混合ワクチンは定期接種で、生後3ヶ月から接種できるので、早めに受けさせてあげましょう。

インフルエンザ菌b型(ヒブ)のワクチンは、任意接種のため実費がかかります。

1回の費用は6,000円から10,000円、4回接種するので、合計24,000円から40,000円かかることになります。

しかし、インフルエンザ菌b型(ヒブ)で発症する喉頭蓋炎は、赤ちゃんの生命をおびやかす危険な病気なので、接種させることをおすすめします。

なお、費用の助成を行っている地方自治体もあるので、まずは近くの市区町村役場で確認してください。

関連ページ

家庭における対応

クループ症候群を予防するためには、家庭における対応も欠かせません。

温度と湿度を適切に保つ

赤ちゃんが過ごしやすい室温は、夏場なら25~27℃前後、冬場は22~25℃前後、湿度は50~60%です。

エアコンやヒーターは微調整が難しいため、扇風機、湯たんぽ、タオルケットで調節しましょう。

湿度については、加湿器や濡れタオルを活用します。

水分補給

常日頃から十分な水分補給を心がけておきましょう。

クループ症候群を発症した場合は、発熱による脱水症状の予防や、タンが出やすくするために、いつもより多めに水分補給を行いましょう。

冷たい飲み物は避け、常温か温かめの湯冷ましやお茶を飲ませます。

咳止めは使用しない

赤ちゃんが咳をしていても、安易に市販の咳止め薬を使用せず、まずは小児科を受診しましょう。

ページ上部へ戻る