menu
閉じる
  1. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  4. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  5. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  6. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  7. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  8. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  9. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  10. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
閉じる

乳児期の子育て

おもちゃ選びで重要なSTマークの意味とは?マークなしや海外製は危険?

STマーク

おもちゃのパッケージに「ST」と書かれているのを見たことありませんか?

赤ちゃんのおもちゃは、赤ちゃんの興味を引きやすいものであると同時に、安全性がとても大切ですが、おもちゃの安全性を確認する時に確認すべき基準が、STマークです。

STマークを知らなかったお父さんお母さんは、是非チェックしてください。

このページでは、STマークの概要、ST基準適合検査の内容、STマーク付おもちゃが原因で事故が起こった場合、STマークがないおもちゃの安全性、海外の安全基準とSTマークの関係について紹介します。

STマークとは

STマーク

スポンサーリンク


ST(Safety Toy)マークとは、一般社団法人「日本玩具協会」が定めた「おもちゃの安全基準=ST基準」の適合検査に合格したおもちゃに付けられる認証マークのことです。

昭和46年、複数のおもちゃメーカーが、日本で販売されるおもちゃの安全性を高めるために、STマーク制度をスタートさせ、STマークが使用されるようになりました。

通常、おもちゃのパッケージの下の方に「ST」と表示されています。

STマーク制度

STマーク制度は、ST基準(玩具安全基準)の作成とSTマークの管理、②ST基準適合検査の実施、③STマーク契約者への損害賠償補償制度の3本柱で構成されています。

メーカー等がSTマーク制度の使用を希望する場合の流れは、次のとおりです。

  1. メーカーと日本玩具協会でSTマークの使用許可契約を結ぶ
  2. STマークを付けたいおもちゃをST基準適合検査にかける
  3. 検査に合格すると、おもちゃにSTマークが表示できるようになる

STマーク制度は、おもちゃ業界が自主的に設けた基準に過ぎません。

しかし、STマークの使用許諾契約を結んでいるメーカーは日本全国で500社以上あり、主なおもちゃメーカーは全て契約しています。

そのため、赤ちゃんのおもちゃを購入する時の、安全性の目安になるはずです。

なお、日本で販売されているおもちゃのうち、約80%にSTマークが付いています。

どんな検査をしているの?(ST基準適合検査の内容)

STマーク 赤ちゃん おもちゃ

ST基準には、機械的安全性、可燃安全性、科学的安全性の3つの基準があります。

機会的安全性

おもちゃの形や強度についての検査基準します。

例えば、おもちゃの先端が尖っていないか、赤ちゃんがおもちゃを喉に詰まらせる恐れがないか、落下した時に危ない壊れ方をしないかなどを検査します。

可燃安全性

おもちゃの燃えやすさについての検査基準します。

例えば、お人形やぬいぐるみ、ヒーローのコスチュームやお姫様のドレス、おもちゃの家など燃えやすい素材が使われていないかを検査します。

実際におもちゃに火をつけて、一定時間内に燃えた面積や燃え方などを調べます。

科学的安全性

最近のおもちゃは、木や布といった天然素材ではなく、化学繊維など人工的な素材で作られたものがほとんどです。

科学的安全性は、赤ちゃんに有害な物質が材料に含まれているかについての検査基準です。

厚生労働省が定めた食品衛生法や、ヨーロッパの玩具安全基準(EN71)を取り入れた検査基準となっています。

例えば、塩ビ製のおもちゃに使用されるフタル酸が厚生労働省の指定した規制対象に該当するかどうか、おもちゃの表面の塗料の安全性などを検査しています。

スポンサーリンク

STマークが付いたおもちゃで事故が起こった場合(損害賠償報奨制度)

STマーク 意味

どれだけ安全性に配慮しておもちゃを作っても、どれだけ厳密な検査を受けても、事故が起こることはあります。

そのため、STマークを契約したメーカー等には、日本玩具協会が設けた賠償責任補償共済制度への加入が義務付けられています。

STマークが付いたおもちゃが原因で事故が起こると、まずメーカー等が被害者に損害賠償金を支払ったり、裁判の費用を負担したりします。

その後、共済に対して費用を申告すると、共済からメーカー等に対して共済金が支払われます。

そのため、メーカー等は、安心して被害者対応を行うことができます。

STマークが付いていないおもちゃは安全ではない?

STマーク 製品

現時点では、STマーク制度を使用するかどうかはメーカーの判断に任されており、利用しない(STマークを付けない)でもおもちゃ販売は可能です。

おもちゃの安全性は各メーカーに委ねられており、「STマークがないおもちゃは安全ではない」とは、一概には言えません。

しかし、STマーク制度を利用するには、安全性に関する厳しい基準をクリアする必要がありますし、契約に時間と手間もかなりかかります。

つまり、STマークが付いているということは、おもちゃを製造販売しているメーカーが、それだけ安全性を重視している証です。

そのため、STマークの付いたおもちゃの方が、より安全性に関して安心して購入できるとは言えるでしょう。

注意したいのは、ネットオークションや個人のネット上のおもちゃ販売サイトでおもちゃを購入する場合です。

STマークはおろか、海外のおもちゃの安全基準も満たしていない、もしくは安全基準を設けていない国で作られたおもちゃがたくさん出回っています。

そうしたおもちゃが安全ではないとは言い切れませんが、赤ちゃんに渡す前に念入りなチェックをしておくことをおすすめします。

海外の安全基準とSTマーク制度

STマーク 意味

海外にも、おもちゃの安全基準に関する制度が整備されています。

国や地域によって、安全基準に関する制度や検査項目が微妙に異なりますが、大枠ではSTマーク制度と同じです。

そのため、購入するおもちゃの製造国と、その国のおもちゃの安全基準制度を確認しておけば、海外のおもちゃだからといって不安になる必要はありません。

ページ上部へ戻る