menu
閉じる
  1. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  2. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  3. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  4. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  7. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  8. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  9. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  10. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
閉じる

乳児期の子育て

cable take poleスマホ自撮り棒(セルフィースティック)

自撮り棒

自撮り棒とは

自撮り棒とは、スマートフォンを先端に取り付けて、自分撮りをするための棒のことです。

セルフィースティック、自撮り一脚などと呼ばれることもあります。

カメラの一脚に似た形で、一方の先端にスマートフォンを取り付ける部分が、もう片方の持ち手部分にシャッター用のボタンが付いています。

腕を伸ばすよりも遠くから自分撮りすることができますし、三脚にカメラをセットする必要も、誰かにシャッターを頼む必要もないので、観光地などで使用する人が増えています。

最近の自撮り棒は、持ち手部分にシャッターボタンがあるものと、自撮り棒とは別にリモコンで遠隔操作する(Bluetoothを使用する)ものの2種類が主流です。

赤ちゃん用品かと思われるかもしれませんが、赤ちゃんを抱っこした状態でも簡単に、かつ、イメージ通りのアングルで赤ちゃんを撮影できるスグレモノです。

赤ちゃんと二人きりのときでも、気軽に親子写真を撮ることができるので、思い出作りにはぴったりです。

紹介

商品名:cable take poleスマホ自撮り棒(セルフィースティック)

メーカー名:SASAGE

種類:自撮り棒

cable take poleスマホ自撮り棒(セルフィースティック)の特徴

有線のため、Bluetoothの設定が不要で、自撮り棒についている線をイヤフォンジャックに差し込んで、持ち手部分のシャッターボタンを押すだけで簡単に撮影することができます。

iPhone用の自撮り棒で、4sから6plusまで対応しています。

ここがGOOD

  • 安い

他のメーカーが販売している自撮り棒に比べて割安です。

大手インターネットショップで購入すると1000円を切ることもあります。

  • 軽くてしっかりしている

女性でも片手で簡単に操作できるくらい軽く、赤ちゃんを抱き抱えたままでも片手で楽々操作できます。

また、安さや軽さの割にしっかりとしていて、少し落としたくらいではビクともしません。

  • 手軽に撮影できる

Bluetoothの自撮り棒の場合、自撮り棒を充電する必要があるため、使いたいときに充電不足で使えないということがありますが、この自撮り棒は有線なので、線をスマートフォンのイヤフォンジャックに差し込んで、棒を伸ばすだけですぐに撮影することができます。

赤ちゃんのふとした表情やしぐさを逃さず撮影するのにうってつけです。

  • 向きや角度が調節しやすい

力もいらず、説明がなくても直感的に調節することができるようになっています。

赤ちゃんを抱っこしたままでも簡単に調節できました。

ここがBAD

  • iPhone以外の端末で動作保証がない

iPhone以外でも使用できる機種はありますが、仮に動かなくてもメーカーのサポートは受けることができません。

  • iPhone6plusではきっちり固定できないことがある

iPhone6plusが大きすぎるのか重すぎるのか、上手く固定できない場合があります。

iPhone6では問題なく固定できました。

  • 説明書がない

外国製だからなのか、説明書がなく、箱に簡単な撮影手順が記載されているだけです。

棒、スマートフォンを固定する台、ゴム(スマートフォンを固定する部分にかぶせるもの)の三つの部品がありますが、細かい接続方法が分かりにくかったです。

他の赤ちゃん用品を見る:オススメ!赤ちゃん用品

ページ上部へ戻る